2016/03/15

社◆憤ってます

どもGOKです。

3・11 14:46 皆さんは何をされていたでしょう?

多くの方は、黙とうされていたのではないでしょうか?

国代表としての呼びかけもありましたし。

私の属する会社もメーカ系大企業に分類される方なので、
会社の方針として、
業務に支障が無い限り、黙とうするよう掲示板に方針が記され
時間間際には、追悼式のテレビ放送を流し、ほぼ全員が
その場で黙とうをささげました。

多くの方も似たり寄ったりだと思うのですが、
某企業は、まったく関係なく、3・11を気にする風もなく
ひたすらに通常営業だった会社があるようです。

いつもの15時の体操の放送は通常に流れたようで、
その時に、協力会社として、そこで働いていた知人は、
「あれ?今日3・11じゃなかったけ?
 時間過ぎてるよな?あれ?
 黙とうとか、何にもアナウンスなかったな?
 あれ?いいのそんなんで?」
と、非常に憤懣遣る方無かったそうです。

黙とうとかなぜしないんですか?と、聞いて見たかったそうですが、
なんせ大変大きなクライアントですから何も言えないままだそうです。

その会社とは、

---

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/12

社◆2016 冬点描 [1/12]

雪舞い落ちる中、ホームに一人たたずむカナちゃんの姿。

毎朝駅まで送る父。
毎朝駅の雪かきや掃除をする駅近所住人。
そしてカナちゃんの通学に合わせたダイヤ。
陰日向にカナちゃんを支える大人たち。

そこは北海道 石北本線
旧白滝駅

2016 3月で駅廃止。
そう、カナちゃんが高校卒業するまで。
数多くの子どもたちを見送った
この乗降場(駅)もカナちゃんが最後の卒業生だという。

同じ日本なんだよな…。
高校生捕まえて、イマドキ“ちゃん”付けもないだろうが、
なんだか“ちゃん”付けが違和感なくしっくりくる映像でした。
幼いとか、過保護とか、そういうのではなく、
経済とか生活とか、社会環境含め
守るべき対象だと言うのが、
ひしひしと映像通しても伝わってくる。

「2016 冬点描」
NHK総合 おはよう日本 より
---

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/11

こ◆ひさびさですがイロイロと ( ̄□ ̄)!

どもGOKです。

ブログ3ヶ月放置しちゃいました。

そしたら、ブログが表示されない事態になってることが判明。
違うページに飛んじゃうんですよ!

ハッキングされて乗っ取られたか( ̄□ ̄;!!!!
と思いましたが、調べてったら、
ページは改ざんされてなく、別原因と判明。・

「表示されないよっ」て、誰か教えてよ~。
っつか、こんだけ放置してりゃ誰も見てないか^^;
自分で確認しろってね。
ほんと3ヶ月間1度もアクセスしなかったなぁσ(^^;


ちなみに、原因は、
使用してたブログパーツのサービス終了に伴う
ページ飛ばしでした。

ちなみにサービス終了してたパーツは、

 『まる。てん.てん・=ほし』

かなり人気のブログパーツでしたので、
意外ですし、残念です。



さて、本日は、梶フェスです♪

知人らとも久々に会えるね~

と思ってたんですが、、、、



、、、携帯忘れた _| ̄|●


果たして会えるだろうか・・・

何の待ち合わせも約束もしてなかったもんなぁ~
携帯に頼り切った生活・・・

昔の人は、やぱ計画性という面で現代人より遥かに上だな。

と、現代人ぶってみる w。



blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/03

ア◆ベルセルクⅢ

どもGOKです。

『 ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ:降臨 』
Berserk3_01

観て来ました。

凄かったす。
これでもかってくらいの絶望。

このどうしようもない、
人として抗えない現実、
数多の友の犠牲を眼前に突きつけられた上で、
その上で、始まる壮絶なダークファンタジー。

それがベルセルクです。

ベルセルクの映画は、
黄金時代篇3部作で終わるようですが、
ここまでで、やっと、原作、第一話へとつながるんですよね。

いやぁ~、ほんと、世界的に見ても
他に類のない、ダークファンタジーだよなぁ。

高い評価を得ている原作ですが、
今回のアニメ化についても
かなり高度なCG技術を駆使した話題作でした。
そして、さらにこの3作目は
アニメ作品としては、これまた他に類をみないくらい
痛みが伝わる作品でしたねぇ。
思わず身をよじるような感じ。

実写では、韓国映画の「BROTHERHOOD」が、
私的にはナンバー1に痛み感じた作品でしたが、
漫画原作でもアニメでもナンバー1は、
ベルセルクだな。

ソウシリーズも相当に痛いけど、
あれは嵌められて与えられる痛さで、
傍観者視点での目を覆う痛さなのに対して、
「BROTHERHOOD」とか「ベルセルク」は、
生きる上での自ら挑む痛さがあって、
感情移入してる分、見てて本当に痛いんですよね~。

って、話それたけど、

ともあれ、好き嫌いはあるでしょうが、
ファンタジー作品でこれほどにまでに
生死に対して真摯に向き合ってる作品は、
そうそうないと思います。
そこがベルセルクを名作たらしめてる所以なんだろなぁ
と、思った次第。


『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ:覇王の卵』』感想

『ベルセルク 黄金時代篇II:ドルドレイ攻略』感想


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/01

K◆1301のKalafina倶楽部

どもGOKです。

2013年1月の『Kalafina倶楽部』です。

1月は5回の放送がありました。
進行役(日直)と曲目は以下のとおり、、、
新年早々凄い流れになってます。

放送日進行役1曲目2曲目3曲目
128回目
(1/01)
KeikoEden未来to the
beginning
129回目
(1/08)
Hikarusnow falling君が光に
変えて行く
Gloria
130回目
(1/15)
Keikoテトテトメトメsprinterto the
beginning(L)
131回目
(1/22)
Keikoto the
beginning(L)
obliviousMagia
132回目
(1/29)
Keikooblivious(L)明日の景色(L)また風が
強くなった(L)

なんとKちゃん4勝!
ひーちゃん1勝
で、わーちゃんは勝ち星ナッシング。

倶楽部史上、初のKちゃんの3連勝!!!

いままでの流れとまったく違うターンが、
5周年とともに訪れた!!!って感じです。

では、恒例の進行役担当回数 まとめで~す。

日直担当回数(*1)確率最高連勝記録
Wakana46回34.8%4連勝3回
(第41~44、75~78、105~108回)
Keiko29回22.0%3連勝1回
(第130~132回)
Hikaru57回43.2%6連勝1回
(第121~126回)

*1:震災時のじゃんけん無し回も回数に含む。

(連勝記録としては、震災時のじゃんけん無し回を除くと、
 Wakanaの5連勝の記録があります(第36回+第41~44回)
 が、当ブログでは、参考記録としています。)


インターネットラジオ:bayfm78はこちら。


12月の『Kalafina倶楽部』こちら

Kalafinaの5年間の軌跡 絶賛発売中!
Kalafina初のLIVE SELECTION なわけですが、
相当イイですよ♪

blogランキング トラックバックは承認制にしました。・ なお、記事に関係ないTB および 日本語以外のサイトからのTBは承認しません。 <Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/01/14

ア◆ねらわれた学園

どもGOKです。

ねらわれた学園
ねらわれた学園
見てきました。

ベースはとっても新海さんっぽい
絵だなと思ったんですが、
光の処理の仕方演出が、
新海さんよりもギラギラしてて、
ちとクドイ感じがしました。

原作は、一級品のジュブナイル作品
眉村卓の「ねらわれた学園」です。

何度目だろうな。

ウィキって見たら、私的には、
・NHK、少年ドラマシリーズの「未来からの挑戦」1977年
・映画版 「ねらわれた学園」(主演:薬師丸ひろ子)1981年
・紅い牙VI 『ハトの旋律』(柴田昌弘 大先生の少女漫画)1981年
・テレビドラマ版 「ねらわれた学園」(主演:原田知世)1982年

5回目の「ねらわれた学園」です。

それ以外にも
・1987年に おにゃん子の新田恵利 主演で単発ドラマ化
・村田和美 主演で1997年に映画と連続ドラマ
というのが、あるみたいです。


今回のアニメ版、予想以上に面白かったです。

AKBのまゆゆが声優として参加してて、
なんか普段クセのあるしゃべり方で、
あんな感じじゃ、ちと鼻につくなと思ってたんですが、
違和感なく演じてたと思います。
見てて、AKBとか、まゆゆとか という肩書きが、
まったく気にならなかったので、まぁ、声優として
の仕事として評価されていいと思います。
0048の経験が活きているんでしょうかね。

しかし、今回のパンフ。絵とかの情報は多いが、
キャストとかスタッフ情報が乏しかったな~。
キャストにいたっては、主要4キャラしか記載されてなくて
びっくりしました。¥1,000もするのに~o(>、<)o

前半活躍してた担任の先生とか
主人公の妹とか情報が一切記載されてないのは驚いた。

担任の先生には、後半もっと活躍してほしかったな。
主人公の妹も能力ありげなんですが、
なんかウヤムヤにしてしまっていて、

この2人の捨てキャラぶりが非常に惜しいな~
もったいないな~って感じです。


ともあれ、見応えある作品にはなってたと思います。

とはいえ、30年ぶりの「ねらわれた学園」・・・
さすがに純粋ジュブナイルは、ちとキツイかったかな~。

(そんだけ、ちゃんとジュブナイル作品に仕上がってた
 って事ですけどね)




blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/13

新◆新海さん特集第二夜

どもGOKです。

いよいよ今夜です。

新海誠監督特集第二夜

「雲のむこう、約束の場所」
雲のむこう、約束の場所

「彼女と彼女の猫」
「彼女と彼女の猫」

私的、お気に入りの2作品の公開です。
楽しみ~。

粟津監督の作品も
CG駆使したノスタルジックさがたまらない
哀愁漂う作品ですよ~。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«K◆FicitonJunction CLUB LIVE その2