« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月に作成された記事

2004/11/30

社◆電車内、乗客の助けなく

@nifty:NEWS@nifty:電車内、乗客の助けなく=少年4人女子高生襲う-わいせつ行為で逮捕・大阪(時事通信)


大坂に電車男はいなかった。

でも10代の厨房4人に立ち向かえる香具師って、
今の世の中そうそういないだろうね。
注意する事=命の駆け引きに展開っすからな。

なんで、こういう厨房達にも法律は平等なのだろうか?
こんな香具師らは殺しても罪は軽減されるくらいの法律でも
作らなきゃダメなんじゃない?

と過激なコトになる前に、まずは教育だよな。
個性を伸ばす教育方針が、自由放任になってる気がしる。
個性を伸ばす事と勝手に気ままにさせるコトは違う。

万人は法のもとに平等であっても
人の心は等号ではならないのだから、
教育現場において、すべての子に同じ接し方をする必要はない。

しゃべらない子、意見を言う子、ノーガキをたれる子、
暴力暴言に訴える子 それぞれ違う接し方でいいんじゃない。
差別化しちゃいましょー

親が、みんな一緒に平等にって事を教育に求めて、
それに応えようとしながら、個性を尊重なんてコト
言ってるから、放任になっちゃうんじゃないのかね?
教育現場で、個性伸ばすなら差別化するしかないと思うんだけど?

ちなみに差別化するってのは、優しく接するか厳しく接するか
になると思うんだけど、これは、できる子 いう事を聞く子 を
贔屓するとか 優遇する事とは違う。
それじゃ従来と一緒だからな。

やりたいようにさせる のではなく
やりたいという事を「やらせる」のである
人によって優しく厳しく、
そして、やりたい事が向いている事なのかどうなのか?
それを気付かせる事も「個性を伸ばす教育」なんじゃないの?

「個性を伸ばす教育」なんてぇのは、
教える側、教えられる側双方にとって、
従来以上に厳しくなるもんだと思うのだが?
なんせ、やりたい事やって、それを伸ばすんだからねぇ?
そう思いません?


あれ、なんか論点ずれてきたか?

まぁ、まずは、現状打破するために、教育現場で、
こいつは少年法 適用する とか 適用しない とか
差別化しちゃいましょう!

・・・さらにズレた予感・・・

とりあえず、電車男ガンガレ!!ってコトで

・・・収集付かないな。。。寝よ( ̄・ ̄;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/11/28

H◆HiLand CLOSE

ハイランド クローズ!

っても、無くなった訳ではなく、2004年度の営業終了です^^;

という訳で、本日、11/28(日)
ハイランド KART LAND 会員感謝DAYとして
走り納めの走り放題が行われました~

すっげーいっぱい人来たよ。名立たる面々がいっぱい!
正に人大杉状態(^_^;
いったい、何人来たんだろ?最大で40人ぐらいは、いたかな?

・10周スポーツ走行、5~6回
・プチ30分耐久レース1回
・プチ10周レース なんて、9回ぐらいやってなかったか?

マシン2台ぐらい壊れてたな
69さんスタッフの皆さんお疲れ様です。

参加した皆さんもお疲れ様っす。
また来年頑張りましょー!

といいつつ、まだ、おらのカートシーズンは
終わってなかったりする。
12/23(木)モデナカップ最終戦 ツネさんのサポートが待ってる
(といいつつツネさんと久々の直接バトルをしに行く予定・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/11/27

社◆2歳のおいを暴行

@nifty:NEWS@nifty:2歳のおいを暴行、重体に(共同通信)

またである。

強きを助け弱きを搾取する この風潮はどこから来るのだろうか?
公けの機関や多くの人々は、当然この暴力をふるった男を責め立てる。
それは当然である。

その一方で、官僚達が国民の税金を搾取する そして企業が個人が利潤追求の為にその官僚に群がる。発覚してメディアがそれを追及する。ルールを破ったからと・・・ルールとかそういうレベルじゃないだろ?
そして驚くべき事に、昨今の罪人達は、罪の意識さえ薄い。「ちとやりすぎました」「ちと配慮が足りませんでした。もちっと金額抑えておけば…」程度である。

喪前ら 2歳のおいに暴行を働いた香具師と 何が違うんだ?

俺が逝ってるのは、精神論だ。
昨今の社会は、特に財界は精神論は嫌われる。
一笑に付される。

でも精神論あっての資本主義でなければならないのではないか?
精神論の無い資本主義国家だから、帰するべきところがなく、自己利益と自己弁護に明け暮れ、自らを律する事ができないのではないか?

そして頼るところは良い様にも悪いようにも解釈できる法律だけってところがおかしい。
精神論者や道徳論者や環境論者を経済界は、低く見すきている。

そもそも 社会≒経済界 で 他を低くみている風潮がおかしい。
だから弱者を痛めつけるのではないか?
今の社会に適合しない人間が更なる弱者を搾取する。
必然的に、子供が狙われる訳じゃん・・・

だから 「Z」 を読めと

だから 「優しさの風景」 なのである。

最後、手前味噌でスマソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社◆室内撮影時の電波

@nifty:NEWS@nifty:奈良県北西部に居住か=室内撮影時の電波、キャッチ-県警、重点捜査・小1殺害(時事通信)

いやビックリです。
カメラ付き携帯って写真撮った時の電波記録されてるんだ・・・
業界かんでるけど、初めて知りました。ビックリです。

それにしても、まったく、とっとと捕まって欲しいと思います。

何故、空想と妄想と現実の境界をいとも簡単に越えてしまうのか?

いいたいことは山ほどあるが、ひとつだけ

こういう事件のすべては、現実や事実の社会環境の中に、心が存在していない事に起因してる。それは、政治のせいであり、メディアのせいであり、社会そのものせいである。もはや、個のレベルで説明が付く状況じゃない。政治にしても社会そのもにしても形としての等号が求められ続けられた結果だと思うのだ。簡単に言うならば、夢が無い=希望をもてない世の中にしてしまったという事だ。

そして今日も、精神や心はさておき、形として当てはまるか否かの虚しい議論がメディアから流れている。いくら形を掲げたところで、夢や希望なんかもてる訳がない。ニートが増殖する訳である。
現実?だからどうした?現実よりも大事なのは事実だ。それがニートの心ではなかろうか?

人の心は形式で動くのではない。
人の心は不等号である事が正しい。

それを認めずに排他して育ってきた社会である事が そもそもの元凶なのである。

引きこもりや虐待がある事自体、人の心にストレスもたらす社会機構となっている事の証明ではないか?現実世界の綺麗事と形を重視するあまり、こころの事実を封印してしまったが為にあちらこちら、軋みが出ているような気がしてならない。

本当に大事なのは、なんなのか?
世の中全員、幼稚園からやり直した方がいいんじゃないか?


一言で終わらなかった・・・でもまだ、いい足りない。

とにかく、こういう事件が起こるたびに、
犯罪者と社会に対する嫌悪感が増大して仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A◆うだうだしやがって

                __
           ,,. -─‐ ''"´ ̄   `ヽ
        ,. ‐'´              \
      /                  ,リ
   /                   ,.ゝ
    !                  // 〈
    |         /⌒>yヽ  fr'"'、 }
   |          , '   ´ ('´ `ー'´  l ノ
   │      /      `      レ'
    |      (._               |
    |       / -─- 、._      __,..ヘ!
   |    r‐、 {  ーヮニニ`ー'  〈ゥニ'‐.|    まだおっぱいが恋しい
   ヽ   | ,ゝ| !         ヽ、 |
     }    ヽ(、Ll           r:ン' l      年頃だったんだもんな。
    { ! { { /`ーi      _,. -─‐ァ  l  ̄ ̄`!
    ,ゝト、ヽ{  {        `ー-- '   ,'    |
   i(  ヽミ`ヽ  ヽ、       ー   l      |
.   | `'''┴-- 、.._  `''‐、       ,!、    亅
   |   _____ ̄ ̄~ヽ` ー-r-‐ヘ ヽ く´
.   !  |=<>=<>=|    ト、-、r=ニ⌒ヽ.) ヽ
  _,r=ゝ、  ̄ ̄ ̄     | ヽ. \ `ヽ } /
      `ヽ ー-----‐‐┴、 }   ヽ レ',ノ./`ー-

| | コメント (0)

2004/11/26

Q◆スゴ8結果

2004年 すご8時間耐久レース 結果~

今更ですが・・・

即アップするはずだったんですが、8耐終わってから
次の日すぐ出張行っちゃって、そこがまたネット接続できなくて・・・
書きそびれてました・・・

結果は、畳屋さんのページにありますが、
一応、決勝結果は、以下の通り、

優勝 430周 王子様
2位 427周 マケラーレン・セメルデス
3位 423周 TeamKUMI&THR&COMTECH
4位 420周 ファイト一発ホンダ
5位 418周 1GO1A
6位 396周 Sakunami Racing
7位 384周 目指せ!DK
8位 374周 teamせんだいタウン情報リニューアル創刊
9位 298周 teamラジオ3番組改編
商店街 Furyou Oyaji 304周

Furyou Oyajiさんが商店街なのは、にこにこ商会だからでせうか(・ω・)


ん、なんか違うな。。。ま、いっか^^;

にしても1GO1A的には参戦5年目にして、
最高順位の5位だったんすけど、
台数少なかったしな~
また中段って感じのポジションですね~

TOPとの周回数差も
一昨年:13周差
去年:11周差
今回:12周差
と、正に中堅チームから脱却できませぬ。

可も無く不可もなく、
そういや、タウン情報写真提供したのはいいけど、
1枚も載ってないし~
目立ちもせず・・・って事か

特に今回は走らせたらそこそこ速い
エースMNHがドタンバでキャンセルだし、
助っ人のツネさんも新潟呼ばれちゃったし、
切り札二人がいなくなって、マイッタです。

なんにしても、
自分らでマシン作ろうって意識がイマイチで、
そんな意識のGOKが、
周りの皆さんのアドバイスを受けながら、
一見素直に、、、実は、しぶしぶウダウダ
作ってるのが一番イケナイんだろうな・・・

K-TAIもそうだったナ
基本は、ただ走りたいだけなんだよね~
なんせレンタラーっすから

でも、なんか違う事してみたくてね~
今年は色々チャレンジさせて頂きました。

チャレンジの割には、流されてんだよな~
どうも、今年は、仕事にしてもそうなんだよな。。。

ま、来年の糧にしてって事で。。。
ところで、来年あるのか・・・( ̄ω ̄;

...スゴ8 と ウチの会社( ̄Д ̄;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/25

A◆ご苦労

                _,...:------.、_
             _,..-‐'"        \__
           _/               ゙ヽ、
         /           .___     ヽ
        /           、゙ー-、_\     ゙i.
       ./           i  ヾヽ、 ゙i. ヽ    ゙i
       i           , l . i i ))ノ .!     .i
      i"        ,. / ,/ ノ ,! !,リノ! .!    i l
      !       ////ノ_/"' ヽ. :.  :i l !
      l     _/`ーーー'"'"      \:、 リ リ
      .i!    ./ ̄ニニヽ-、_   _,..-=ニニ二゙リ,! ,!
       ヽ.  ,.-、!.ミ!"P0テ`     f"P0;)゙゙F !,.、. /
        \.トヽi ゙ヽニニ-'  ,.   ヽニニr'゙ /,: レ!    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾヽヾ、      .ハ       /レノ/    ./ 皆の者、
          \゙ー:、     ``      /‐"/     |   大儀であった
           Y! iヽ、    (  ̄.)   ./ ハl   _ノ   これからも お気楽に
            )ィ  _i:::....._   ̄ _,..ィ〔 ! (_.>    ̄ヽ  尽くして欲しい
            "ヽ__ト‐i=ー==;=-≦'i.ト-‐'"       \________
         ___,...-l.! :E ┌i l i'゙l ヨ.,!ヘ____
     _,..rニ'" 、__>-' -ミミ≧.ヽ川ノ_ノ",  ヽ<_>、,___
   _,.-'ー-ニ..><_,.-‐‐-、 二ニ十ニ---、┌' ̄`゙i7、__,.>、_
  / ,  i  、   、ヽ.__j l"   l.l.l    ! ゙ー--'/ i  、 .i ヾヽ
./ /  ハ  ヽ.i  .! !    l   l.l.l    !   ̄ソ! .!  l ∧ .l l.i
 Y_  i i  !ハ .l-'ヽ-― .\_」.l.L___ノ 、ー、_/ ヽj!_j:_/ └┴┘
  .l ゙ー┘└-┘゙ーイ  ヽ-<_,..r ,.! :、  、___>'"    l       l

| | コメント (0)

S◆すごろく感想

第二回 すごろく カート de PON!


GOK走行中の詳細をば、ちこっと書きたいとおもいまする。

2ヒート目のセカンドドライバーとして、1回目の出走!
速度差のあるマシンとのレース!
K-TAIで慣れてるとはいえ、
やっぱ、後ろが気になってうまく走れネかったすね。
余裕無かった。

なんすかね、もてぎと全然違うな。

もてぎん時は、どこ走ってても、急に進路変更さえしなけりゃ
まず、余裕なんだけど、
SUGOの場合、よけるにしても
特に1~5コーナーって、どうしたってラインクロスしちゃう
とこあるぢゃん。

タイミングとか気を遣うよね。
上のクラスとは、スピードの絶対値が違うから
どうしたって、見えないとこから迫ってくる可能性がある訳で、
また、上のクラスだから巧いとは限らない訳で、
コースの使い方に慣れるまでは、
ホント気を遣いました。

なんせ、SUGO本コースなんて、
前日の練習走行で2周しただけだもん
GOKの学習能力では、シミュレートしきれません。

そんなこんなで、他の皆より、TIMEかなぁ~り遅かったっす!!
ま、安全運転ってコトで^^;

2回目は、第三ヒートの4人目で出走しました。
フロントタイヤを交換してもらったので、
フロントの振動がなくなって、
1回目と比べて、すっげー走りやすかったですね。
学習したし・・・

でも、思う部分じゃないとこで、追いつかれて、
思わず上のクラスと、サイドバイサイドになったコーナーが
2回ほどありました。

1個は3コーナー、
3コーナーは、1コーナー入るときに来てるな~って
判ってて2コーナー抜けるまでに抜いてくれるでしょー
と思ってアウトアウトで行ってたら、2コーナー抜けても
まだ、抜ききってくれてなくて、
あ~3コーナー俺インぢゃんって感じ、
すげ~変な形で、ヘアピンのイン譲った^^;

もうひとつは馬の背
これはね、気づいてなかった。
マシンも調子良かったし、
その周、あまり他と絡まずにクリアとれてたから、
イメージしたレコードラインで、馬の背全開で入っていこうとしたんだよね。

こっちも一応、レース競いあってる訳で、クリアと思ったら
やっぱレコードライン走りたいのが信条ってもんでしょ。

そしたら、来てたんだよね
あっ!って感じ、ドア閉じる手前で気づいて、
ヤバっ!って、とっさにR緩めて大回り目に・・・
向こうもさるもの、そのインにズバッって入ってきたよ
思いっきりサイドバイサイドです。

アウト来られたら余計危なかった。

それと、
あ、絶対こっち来たいよなって思いつつも
入っちまったもんはしょうがねぇって、逆側指差したコトも数回^^;
でも、余裕ある巧い人は、違うよね。
ちゃんと逆側抜いていってくれました^^;

監督が走った時は、指差した逆側をムリクリ抜いてって
こぶし突き上げてたドライバーがいたみたいっすけど・・・
そんなのに、遭遇しなくて良かったっす。


そんな感じで調子よく走ってたら、レインボー抜けた
バックストレートで、
突然、ノッキングのような現象・・・
トラクションがかかったり、かからなかったり・・・
回転数が乱高下する。

多分、畳屋さんが100cc1台スローダウン!?
って情報聞いたのこの時だと思います。

10%に入ったらトラクションが全然感じられない・・・
以前、ハイランドでGASが薄くて出た現象か?
上りきったところで、丁度PIT INのサインが・・・

とりあえず、メインストレートでちとGAS濃くしてみる
何も変わらなぁ~いい!

どんどんひどくなる
あらら・・・壊れたか?
バックストレートで・・・やべ、止っちゃうかも・・・

なんとか走ってPIT IN!

やべ~よ回転数がめちゃくちゃだよ
エンジン逝ったかも・・・
って言ってたら、ロスブラH氏が、
あ~、チェーンダルダルだぁ~と!

マウント ズレたみたい
・・・ごめん多分、最後にマウント締めたの多分俺だ・・・
  どうも、俺、締めすぎてネジ切った一件以来、ネジ締め苦手だな
  スマソ(-人-)

ってな感じで、GOKの走行は、完了したのでした。

この後、マウント締めなおして、
T監督がファイナルドライバーとして出走!
で、あのPIT ROAD ENDでのトラブルとなります(^^;


最後に、私の所感ですが、
100ccで走る分には、もてぎよりSUGOの方が面白いと思います。
もてぎには、SUGOの1~4コーナーみたいなトコが無く
大抵コーナー間のストレートでぶち抜かれます^^;
強いてあげれば、1個目のオーバル抜けてS字~V字コーナーでしょうか?
でもあそこ、V字でちょっと下るけど、そこまでは上りだからつらい。
ダウンヒルストレートエンドの90度コーナーからビクトリーコーナーまでが
面白いっていやぁ面白いけど短いしな~
ダウンヒルストレートでは間違い無くぶち抜かれてるしネ

ん~何にせよ次はT監督の言うようにステップアップか!
GTはねぇけどな。。。

あっ、ひょっとしてGTって、GT4か( ̄Д ̄;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/24

S◆すごろく結果2

第二回 すごろく カート de PON!

こんなもん作ってみました。

結果表です。

下記のランキングが確認できます。

◆ポイント順位
  すごろく独自のポイント制によるランキングです。

◆周回数順位
  通常の周回数と時間によるランキング作ってみました。
  単純に3ヒートの合計です。

◆Time Rank
  すごろくの実質走行時間は4時間40分!
  きっちり走りきったチームは、さて何チームあるでしょう(^^?

◆Best Lap Rank
  ベストラップ ランキング~最速チームはどこだ!
  ちなみに、100ccクラスでは、1年C組 学級文庫のピットの
  両隣のチームがラップでは1-2位だったんですよ~
  でも、2チームとも・・・

結果みれば、やはり、耐久は、完走する事が、いかに大事かと・・・


改めて、ポイントランキング見ると、トップ10に
100ccクラス3台、125ccクラス4台、250ccクラス3台と
バランス取れているのではないでしょうか?
初めての試みとしては、まずは、成功ですかね。

ひとつだけ、問題点あげるとすれば、
100ccクラスで、3ヒートとも1位だったチームがありますけど、
ナンバーワンポイントゲッターになれなかったっていう事ですかね。
つまり、今の規定だと、どうしても自力優勝は、できないクラスが
できててしまうってコトですかね~

今回だと、100ccクラスと250ccクラスは、125ccクラスで順位が
乱れてくれないと自力優勝はできない。

3ヒートとも1位だったらボーナスポイント・・・ってぐらいしか
思いつきませんが、この点改善できたら、いいと思いました。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/23

S◆すごろく結果

この記事は、
俺とセナ:「うちはミナルディですから」 へのトラックバックです。

第二回 すごろく カート de PON!

●決勝日:2004年11月21日(日)
●天候:晴れ
●コース状況:ドライ
●出走:38台
     (250ccクラス:10台、125ccクラス:20台、100ccクラス:8台)

○1年C組学級文庫でエントリー!
b_race

1年C組学級文庫は、3ヒートとも 完走しましたー♪
お疲れ様でしたー!

しかも、3ヒート目は、監督や、前ブログのコメントで
ロスブラH氏が言うように、トラブル続出で、
最後は、ファイナルドライバーのチーム監督トバッティ
を送り出した途端、PITロードエンドでエンジンSTOP!

走る走るロスブラH氏ツネカ○氏、そしてGOK

セルは?→セルは回る!
GASいってないのか?→GAS来てるよ!
クラッチパッド無くなったのか!→いやエンジンが回ってない!
エンジン逝ったのか?→わから~ん!
火花飛んでないのか?→プラグレンチ持ってきてな~い!

取りに戻るGOK

その間にエンジンかかったらしい。
ノイズBOXを外して、暫くしたらかかったらしい。
かぶってたんだろか?
ところが、ノイズBOXは、脱落防止の為、
タイラップや針金で留めてある。
→ニッパがなぁ~い!

GOKペンチ持ってきてなぁ~い!
取りに戻るつねか○氏

いいから、ぶっちぎっちゃえ!
ロスブラH氏、ノイズBOXとシャーシをつないでた
タイラップと針金を強引に引きちぎる!

エンジン始動!
レース終了残り時間1分!
ギリギリコースイン!

そのコースインにて、ラストラップ!

監督を迎える為に、コントロールラインへ戻る。
ニッパを持った つねか○氏が、途中まで
かけてきてました。ハハ

感動と笑いが こみ上げる。


そして、コースを走行している車両の中で、
最後の最後に、
  チーム 1年C組学級文庫 は、
       チェッカーを受けたのダ!!

まるで演出家がいたような展開でした!
そして、その中に自分がいる!

感動をありがとうです。
g_race


応援&お手伝いに来てくれた
ムリマンジョーソープMトシ

多忙で殆どマシンに触れられず、
いきなり本番となってしまったツネカ○氏

チームFastestを叩き出した オカッチョ

そして、
レースディレクター ノンスト=ロスブラ運=H氏

チームディレクター トバッティ

そしてそして、皆を影から支えてくれた
ハイランドの69さん

その他、カートショップ「F1」さん
松永モータースの松永さん
ANNYの石山さん

 突然、電話したり、押しかけたり、
 ご迷惑おかけしました。
 アドバイス、ご協力、ありがとうございました~

また、レースの運営管理をなされたSUGOスタッフの皆様
 特に最後PITロードエンドを担当されてたスタッフ!
 見守ってくださいまして!ありがとーございました。

m(_ _)m


尚、結果は、こちら にアップされてます。

↑だけを見ると、22位→24位→18位ととりあえず完走はしたか・・・
に見えますが(実際ウチラもとりあえず完走した^ー^で喜んでましたが)、
実は、これ以外に、すごろくポイントによる総合結果がありまして、

それでは、なんと!総合11位の成績!
クラス別では4位だったんですよ~!

ここにアップした

しかも、レース参謀のロス・ブラ氏が、
前ブログのコメントで申してたように
100ccのミッション無しクラスなら、1位だったんです!

これは、当初の予定通りの成績です。
昨年のS100クラスなら優勝でしたね~♪

いろいろ経験もしたし
良かった良かったという事でv(^o^)v
皆様、お疲れ様でしたー♪♪
a_race

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/11/21

S◆すご6開始

本日より全国的に「ハウルの動く城」が公開される中、

我々はそんな事にはお構いなしで、
SPORTSLAND SUGOで開催される
Sugoroku KART de PON
に出場していた。

という訳で、本日(11/20土)は、練習走行&受付、車検に
行ってまいりました。

いやぁ~ところがね。。。
受付、車検はいいとして

練習走行がね・・・

いざ、エンジンかけようとしたら、かからんのよ。
かからんというか、セルが回らない。

PRDのRK100EHなんですが、
セルがうんともすんとも言わないんですよー(×。×;

もうどうしようもないんで、
トバッティのKT100に載せ変えて、
練習走行は行いました。

走行終了後、トバッティがお世話になってる
カートショップ「F1]さんの紹介で
河原町のカートショップの松永さんとこにカート持込!

結局セルモーターが壊れている事が判明。

今日、セルモーターの分解掃除4回ぐらいやったけど、
結局、ダメだったな。。。

松永さんのとこに中古のセルモーターがあり、
それを取り付けなんとか回る状態になりました。
・・・でもエンジン始動までは、やってない・・・
明日、ぶっつけ本番だ~

とにかく、ゆっくりでもなんでも、。
なんとか完走、全ヒートポイントゲット目指しましょー!

ちなみにうちらのマシンは、
トバッティのYAMAHAシャーシと
1GO1AのPRDエンジンで構成されています。

ドライバーは
トバッティ
のんすとH氏
おかっちょ
つねか○氏
GOK
となっています。

ワレワレのすごろくメインブログは、
コチラ→トバッティの「俺とセナ」です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/11/20

K◆KLK6耐その3

ダンロップ杯6時間耐久レース レポ その3

マグさんから、SU君にバトンタッチしたところで、

再度、KLKのメカニックスタッフの方から、声がかかる。

最初の10号車のエンジンを載せ変えたと・・・
乗り換えますか?との事。

ここで、マグさん英翁の意見が分かれる。

エンジン載せ変えたと言っても、速くなる保障は無いし、
逆に悪くなる可能性もある。
ハンドリングという点では、10号車より、
今の20号車の方が素直ではないか?
今のままでも順位挽回してるし、このままでいいのでは?
というマグさん

対する英翁は、現状のマシンでは
この上は目指せないと!ここはギャンブルすべきだと!


5位とは、3周差ぐらいあって、ラップは同程度、しかも
ドライバー交代回数がうちより2回も多いのだ。
残り2時間ぐらい。
確かに、上位がつぶれるか、うちがラップをあげなければ、
これ以上、上にはいけない状況であった。

しかも、いったん6位にはなったものの
さき程のドライバーチェンジの隙に、また、掲示板外に
落ちてしまっている。

確かに、エンジン載せ変えただけで、
テストした訳ではない。
今より悪くなる可能性もあるし、
スタッフもその辺はなんともいえないと言っている。

このまま、掲示板にのるかどうかの争いを続けるか
ギャンブルに出るか。

GOKの中では、答えは明白に決まっていた。
元々ダメ元ぢゃん。
レンタルレースっしょ!
ギャンブルするっきゃないさ!


ちょうど、最後の規定のGAS INがせまっていた。
そのタイミングで、マシン交換をする事をスタッフに告げる。

SU君からNABEちゃんへバトンタッチ!

NABEちゃん復活した10号車に
GAS給油を済ませてコースイン!


さて、吉と出るか、凶と出るか!!

んっ、あっ、おっ!!

はっ!はっ!はやぁあああああぁいっ!

いきなり手計測で、33秒フラット!
すぐに32秒台に入る!

手計測だから?・・・では無い、
あきらかに見た目で速いのである。

大当たりぢゃん!

程なくしてNABEちゃんの走りにより、6位に復活!!

プロフェッサー英翁にバトンタッチ!!
もう水を得た魚状態。
英翁32秒台前半から、すぐさま31秒台に突入!
そして31秒台を連発ぅうう!!

この時、上位は、軒並みペースダウンしており、
32秒後半~33秒台の数字が並んでいた。
・・・ウチが最速である。

そして、英翁ついに31秒5をマーク
これが、今大会のFastestとなるのである。

すげーよ英翁さん

そして、スピン・・・( ̄Д ̄またかよ!

何度も言うようだが、このお方は、
遅かろうが速かろうが、限界のピンスポで、
走っているのでいらっしゃる。

そうだ、そうに違いない・・・そういう事にしておこう(^^;

とスピンを喫したものの、なんとこのスティントで5位に
追いついちゃいました!
で、5位浮上!

しかし向こうより、うちはドラチェン2回多くしなければならない。
ここからマージンが欲しい。
そこで、載りに載ってる英翁さん20分走行の
予定だったのを10分延長して、30分とする。
一瞬、まだ走るのという表情をしたが、構わず突っ走らせる。

ついに5位のチームをラップ遅れにするに至る。
マシンもいいが腕もいい。
鬼に金棒だね。

次はSU君ではあったが、
実は、この時4位も見えてきたのである。
ドライバー交代回数は、うちより1回多いが、
このペースを保っていけば、
ギリギリ追いつけるかってトコである。

そこで、申し訳なかったのではあるが、
SU君にドラチェン稼ぎの
1ラップピットインの指示を出す。

次のマグさんの方が、SU君より
TIMEが良いので、SU君の時間を削って、
マグさんに走らせる事にしたのだ。

マグさんは、SU君の分も頑張り
31秒台連発。期待応えてくれました。
マグさん30分走行で、4位と同一周回まで
もっていったのでした。すごーい!\(^O^)/


しかしながら、向こうは、ドライバーチェンジは規定数終了済み。
ウチはもう1回ドライバーチェンジをしなければならない。
しかも、現状、同一周回ではあるが、まだ1周近く差がある

最後のドライバー、MNH氏に交代時、またラップされてしまった。
しかし、MNH氏も上が何かあれば
上位進出の意気込みで、連発とは行かないまでも
31秒台を出し懸命に走る!


そして、6時間経過!チェッカー!!

630週 5位 ベストラップ31.561(大会Fastest)
という結果でした。

ちなみに、1位は、641周(2位も同一ラップ!)でした


ん~ラスト2時間弱は、見てても走ってても面白かったですね~
タラレバ的には、残念(マジで表彰台は狙ってたからね)なんですが、
まぁ、満足でしたね。

英翁さんは、表彰式後のじゃんけん大会で
冠のダンロップから定価¥33,000!!の
フィールドコートをゲットしちゃうしね!

皆さん、お疲れ様でした~
Drivers3

レース運営含め、スタッフの皆様のご尽力に感謝致します。

っつーわけで、KLK6耐は、無事終了です~


この後、21時に出発し、
ノンストップで一気に帰ってきました。
ん~全てが耐久ぢゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/18

K◆KLK6耐その2

ダンロップ杯6時間耐久レース レポ その2

どうなってんだ?

KLKさんの方からアナウンス
「10号車の方スタッフまで~」

あきらかにマシントラブル!
いったんピットに入れてくださいと
こっちから言う前に、申し出てくれました。

という訳で、NABEちゃん30分走行の予定でしたが
20分でピットイン
順位はもう電光掲示板外の7位以下に落ちちゃいまして
不明・・・

プラグ見てみたら、なんと!!
↓こうなってました( ̄ ̄;;
PICT0726

こんなん見たことねぇ~
くっ付いてます。
良くこれで走れたな・・・

プラグ交換して、MNH氏コースイン!
33秒台に復活!したかと思いきや・・・
またどんどんTIMEが落ちていく・・・

結局、マシンを20号車に変更する事にする。
1回目の給油時間が近づいていた為、
そこまでMNH氏を引っ張り
スタートから70分経過時点でピットイン

マシン交換と給油を行いSU君コースイン!
20号車は、さっきの10号車よりはマシだが、
立ち上がりが非常に鈍い・・・トルクがねぇって感じ。

SU君20分走行でピットイン
次はGOK走行の番だったが、
10号車と乗った感じでどう違うかを
他のメンバーに説明してもらうため、
再度マグさんに走ってもらう。

SU君いわくは、
1コーナー~2コーナーにかけてはいいが、
インフィールドはダメダメとの事。

マグさん20分走行でGOKに交代30分走る

やっぱ、高回転になってからはある程度いいけど
TOPクラスのスピードではない。
回転数落ちてから、上がるまでがタルイ
とりあえず全開でむりくり曲げていく走りをしてたら、
腰が痛くなる。。。バトルできる状況ぢゃなくなってきたヨ

なんとか、30分走行し、英翁にバトンタッチ!

ここで英翁、あきらめない。
「遅い車でも早く走らせようとしなきゃダメだ!」
と燃える男ぶりを発揮!

カミソリのような切れ味で、マシンを動かしていく!
さすが、プロフェッサー英翁
何台か抜き、徐々に順位を上げ始める!

MNH氏いわく、英翁さんは、
「殆どハンドルきってないように見える」との事。
「そして、毎回、同じところをきっちりトレースしてる」
「うちらみたいに寄り過ぎたり、はらんだりって事が無いよなぁ」
としきりに感心。

と言ってる間に、英翁、またスピン!(爆)

でも笑い毎じゃない、
そんだけ、ピンスポットでハンドル切ってるって事だよなぁ~

英翁30分走行後MNH氏に30分託す
英翁に触発されたか、MNH氏
1GO1Aエースに恥じない走りを披露
7位まで浮上!

MNH氏30分走行後、次は、
マグさんが30分走行
これまた、遅い車でも早い。
マグさんは、追いついてから抜くまで時間がかからない
思いっきりの良さが凄い!

そして、この
英翁MNH氏マグさん
というトリプルエースの各30分走行により、ついに6位浮上!!

遅い車でも早く走らせる!!
絶対、電光掲示板にランクインしてやるっていう
この3人の意気込み!!

そして、実現しちまった。

再び電光掲示板に表示されたとき、ちっとウルっちまったぜ・・・
すげーヨ、こいつら。


そして、怒涛の最終章へ続く・・・

しかし、相変わらず、無駄に文章なげーな・・・σ(T^T)ジブン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/11/17

K◆KLK6耐その1

ダンロップ杯6時間耐久レース レポ その1

カートはクジ引き抽選!
クジ運のよいSU君に託すことに
KLKでいい成績残す時は
大抵SU君がクジ引いてるのだ!

引いたカートは10号車。
吉と出るか狂とでるか!


予選は、午前中の練習走行で最速ラップを出した
NABEちゃんが担当!

13チームを3組に分けての走行で
うちは3組目。
新品タイヤだったので、
NABEちゃんグリグリと皮むき&ウォームアップ走行

って、いつまでやってんだ?
ここで、英翁が、メインストレートに戻ってきた
NABEちゃんにいつまでやってんだ!
はよいけぇ~と身振りでゲキを飛ばす♪

んで、NABEちゃん全開走行開始!

おっ、あっ、えっ♪
いい~んでないの?
34秒台→すぐさま33秒台突入、
そんでもってサクサクっと
33.374のTIMEを叩いて5位ゲット!

お~こりゃ表彰台狙えるマシンじゃん!
一同歓喜!!

スタートドライバーは、マグ石さんにお願いして
2番手英翁
3番手NABE
4番手MNH
5番手SU
6番手GOK
とオーダーを組む。

そして、いよいよ決勝スタート!!

マグさんスタート失敗 ( ̄。 ̄あっ!
っというまに順位を9番手ぐらいまで下げる・・・
あらら~

でもそこで終わらないマグさん♪
怒涛の追い上げ開始。
思いっきりのいいマグさんは、
ズバズバ前車をパスしていく、
情け容赦ない^^;
気付いた時には、20分で35Lap消化し、
なんと3位!!

そこで英翁にチェンジ!
英翁はやー!
マグさんも32秒台で走行してたが、
英翁もう31秒台に入りそうないきおいで走る
んで、もってスピン!
わぉ!見せ場いっぱい作ってくれます(^^;
一時2位まで上がってましたが、
40分経過で71Lap消化し、
4位で、NABEにバトンタッチ♪

こりゃ~真ん中も狙えるマシンだな~
と一同、ウキウキ気分・・・

と・・・あれ?
NABEちゃんのペースが上がらない
33秒台に入らないのだ!
あれ~と思ってるうちに どんどんペースダウン。
35秒台・・・そして37秒台となる。
あきらかに、もう見た目で遅い・・・
メインストレートのスピードが全然違う・・・

どうなってんだ?

という訳で、この続きは、
また明日のまな板の上で!←武田鉄也かよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K◆KLK6耐!結果

カートランド関越
ダンロップ杯6時間耐久レース

無事終了すますた!
参加者およびスタッフの皆さんお疲れ様でしたー

さて、1GO1Aの結果ですが、
参加13台中、予選5位、決勝5位という結果でした。

予選順位キープですが、そこに至るまで、
苦労しましたよ~

一時は、最下位ぐらいまで落ちてたんじゃないっすかね~
序盤の40分~70分の30分間は、
参加全車両中の最遅Lapを叩き出して(^^;
走ってたと思います。

トップグループが、32秒台連発で周回してた頃、
うちは35秒台、
時には37秒ぐらいで周回してました(×。×)

KLKの電光掲示板では、きっちり6位までしか表示されない
ので
「あぁ、もう絶望的~。」と目茶ナーバスになっちまいました。

それを救ったのが2人の助っ人 英翁マグ石さん でした

それでは、順を追って説明をば・・・

って書いてるとすっげー長くなりそうだな・・・

とりあえず、3回ぐらいに分けて
書いてみましょー

ってコトで、1回目はここまで (o^^)?

↓ドライバーの面々と問題の10号車
Drivers2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/13

K◆6耐!

いよいよ6耐です!

っていってもSUGOではなく
KLK(カートランド関越)
ダンロップ杯 6時間耐久レース方です。

というわけで、本日、夜中に旅立ちまして、
明日深夜(日付は明後日だな)に
帰ってくる強行軍です。

まずは、無事行って帰ってこないとね~
優勝を手土産に・・・

無理しないで
がんがるべ~v(^^)/

つねさんの分も頑張ってくるぜ
・・・つねさん参戦断念だそうです~(><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/10

他◆再検査

&レですが、再検査終わったそうです。

なんでも夕べから身体に検査機を仕掛けて
心電図等のデータを取得して
今日外したそうです。

検査結果は20日に出るそうな…


ちなみに、やっぱ、寝てる時に、呼吸が止まる
やつではなくて、
心臓が止まる症状のようです。

にしても保険無いから支払大変だよなー
今回の検査で\25,000だってさ!(>o<)

後から戻って来るらしいけどねー
仮払いでも大変だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/08

S◆マシン9割完成

今日は、GOKはひたすらマウント加工してました。
2時間半ぐらいグラインダー握ってたな(^^;

その他、ツネカ○氏用ペダル下駄作成、
ゼッケンプレート作成およびゼッケン貼り付け、
レインセット作成
皆さんお疲れっした。

で、昨日来れなかった おかっちょが
ちょい乗り実施。

それにしてもオカッチョすげぇ~な
さすが、れぶすぴど 見開きだわさw

ショートカットの飛び込み
昨日の3人より、一番ぶん回してた感あり^^;

おらは、カートコースでは、こぇ~だよ。
どっか、逝っちゃいそうで^^;

本番は、それなりに、がんがりますが・・・!


しかし、左手親指と人差し指が、ここ2週間ばかり、
痺れっ放しなんだよなぁ~
身体ヤバイかも・・・
多分、首からきてるんだろうけど・・・

アンドレの心臓よりはいいと思うが
だいじょぶなんかね?あんどれ?
なんでも、寝てる間に数秒心臓止まってるそうな。
火曜日再検査らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/07

S◆マシンほぼ完成

本日、ちょいのりしました。

TOBAちゃんフレーム+うちのPRD

はえぇ~っす!

すっげ~気持ちいいけど、
半分以上怖いぃぃ~(^^;

のんすとH氏TOBAちゃんも乗ったけど
外から見ててもはぇぇ~っす。

なんかね、クラッチ減らさないよーにって
そればっか気になるんよ。俺・・・

とにかく最後まで持ってくれよ~今度こそ♪


>TOBA

K-TAIん時の燃費計算した紙が見つからね~
ただ、決勝日に、購入した燃料は
40リットルで、10リットルぐらい余ったはず。

ちなみに公開練習の時に(雨)の時ざっくり計算した
燃費は20Km/リッターです。

でも決勝レースでは74周してるから、ローリングとか
チェッカー後のラップ考えて約365Km走ってるから、
それ考えると20Kmのわけないっすね。
20リッターも使ってない事になってしまう・・・

仮に30リットル使ったとして、12Km/リッターです。

KTと比べて、こんなもんで、どう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/11/04

本◆Zガンダム(★★★★★)

z.JPG


 ●Zガンダム全5巻
  (小説)
  (★★★★★)
 ●著者:富野由悠季
 ●講談社
 ●1985年~1986年
 ●ガンダムシリーズ
 2作目「Zガンダム」
 の原作

z5-1.JPG


原作ではあるが、その発表がTVに追い抜かれてしまい
TVのノベライス版のように出版されてしまった作品・・・

ではあるが
原作である事は間違いなく
分かり難い 暗い と言われた作品の
奥の深さを
教えて・・・というより、・・・突きつけてくれた作品である

しかし、当時、原作者の富野氏ですら
本作に対して
肯定的なコメントをしているのを
聞いた事がない。。。

。。。今でもか?
やっと映画になるそうであるが

私自身としては、

 アニメを見て
 一人の一般人であったカミーユ(本作の主人公)が、
 ティターンズのパイロット ジェリド=メサに殴りかかるシーンと
 またこのカミーユが、エゥーゴに参加した後、
 同じエゥーゴに属するクワトロ(シャア)に殴りかかるシーンが
 印象的であり、かつ衝撃を覚えたのである。

 正直に言ってしまえば、「何で?」なのである。
 何でここで・・・他愛もない事で・・・殴りかかるのか?
 このカミーユという少年の心の闇を理解しなければ、
 到底この作品は理解できないと感じたのである。

 だから、もっと知りたいと思い、
 原作に手を付けてしまったんだな。
 正直、アニメの原作(まんが以外)を買うなんて事は
 初めてのコトでした。

 1巻を読んで、カミーユのコトが多少わかると
 アニメを見てても、「何で?」と思うことは少なくなった
 のを記憶しています。

 そして、この作品は、もの凄く深く 人の心を語った作品
 であるコトも感じてきました。

 先にも言ったように、原作の発売がアニメ放映に
 抜かれてしまったコトにより、
 GOKは、初めて、TVアニメ全作を残しておきたいと
 思った作品でもありました(原作と比較するためにネ)

 ・・・実際 途中から録りはじめ
    最初の方は 再放送されたのを録りました
   ・・・そして 今でも まだ あったりする(^^;・・・

 それだけ心に響いた作品でした


確かに 本作品は 悲劇 であることは間違いない

 本作は、カタストロフィな作品である
 ゆえに 昇華 できるのだ

 原作者が思うより
 感銘を受けた人は
 少なからずいるはずだ


これほどまでに、多くの登場人物(人々が)が
生々しくぶつかり合う作品は なかなかない
こんな作品は、当時のアニメには皆無だったと思う
今でも、そうは、お目にかかれるものではない。

・・・マンガでは、チラホラありましたが、
  そう、今思えば、
  柴田昌弘氏の赤い牙Ⅶ「ブルー・ソネット」
  なんか、主人公の深層心理として共通するところが
  あるような気がします。
  主人公のソネットとカミーユを重ねて見れば・・・

 ガンダムは メカ が強調されるけど
 善と悪 の 概念
 ひらたく言えば いい方(ほう) と 悪い方(ほう) という
 勧善懲悪の概念を 壊し、より現実世界に近い「心」
 描いた作品であると私は思う

 敵であれ 味方であれ 存在する理由はある
 Z は それが、1st よりも 色濃かった

 多くの人の心が生々しくぶつかり合えば、
 複雑になるのは必然である。


  エマ・シーンが、、、 レコア・ロンドが、、

  ジェリドが、、  ライラが、、、 カクリコンが、、、

  シロッコが、、、 シャアが、、  ハマーン・カーンが、
 
  フォウが、 ロザミアが、

  あげればキリがないくらいの心がぶつかりあう

  そして 敵と 味方 両方と対峙する
  カミーユは・・・


『人の心を 知りすぎた人間は
   崩壊するしか ないのかも知れない・・・ナ』

と使い古された言葉で 嘯いてみる・・・

それでも人は・・・


余談だが、(そもそも全部余談なんですが・・・)

カミーユは、崩壊した。
ブルーソネットのソネットは、死ぬ際で昇華した。

そして、今書きながら、思い出したのですが、
 黒沢清監督のCUREという猟奇殺人映画があって
 主演は、役所広司と萩原聖人
 萩原清人演じる間宮は、人の心に触れるコトによって
 自ら崩壊を選んだ人間なのだと思う
 そして自ら崩壊することで
 逆に人の心を操作する術を身に付けたのだ。
 そんな彼の最後もやはり殺されるコトでの死であった。
 ・・・そして殺した側の役所演じる高部は・・・

多くの作品(作者)にとって
人の心の深遠を描こうとしたとき
何故か行き着く先には、死の影がちらつくのである。

Zも 見る角度を変えると そんな作品に思えるのだ・・・

それが、暗さや 複雑さ 難解さ を生み出している
のだと思うが 要は 見るべきところは
 「心」 なのである


・・・ただ単に、GOKが悲劇好きなんじゃないの?
  って話もあるけどナ( ̄□ ̄;)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/11/03

他◆ETC取付

っても、KARTに取り付けた訳ではない・・・
…当たり前だって…

実は、ETCの夜間割引(なんと30%OFF)の話を聞いて、

今度、KLK(カートランド関越)さんの6時間耐久レンタルレースに
出る際の行き帰りに使えるぢゃん!と思い、

急遽ETC取付行動に出てしまったのでした。

ETC車載機は、元々アンテナ分離型
 (ETCシステムで言うと、アンテナ、本体、ETCカードに分かれるので、
  3ピースタイプというらしい)
を懸賞で当たって持ってて、

ETCカード自体も付き合いで、作らされて、持ってはいたのです。

ただ、プリメーラもハイエースも高齢だし、
取付工賃とセットアップ費用もかかるし、
今更つけてもな~と、放置プレイにしてたのでした。

で、ここにきて、夜間30%OFFってなコトで、
使わにゃ損ってな訳で、付けるコトにしたわけです。

取付工賃とセットアップ費用はかかってしまうけど、
いずれにしてもかかる金額だから、付けるなら今かなと

プリメラに付けるかハイエスに付けるか迷いましたが、
来年のK-TAIも踏まえハイエースに付けるコトにしちゃいました♪

(実はプリメラのタイヤ ショルダーにひびが入ってまして、
 長時間の高速走行に耐える状態ぢゃないんです。
 昔、シルビア時代に、
 首都高で、タイヤバーストさせた経験ありますんで…^^;)

どこでつけるか調べたところ、以下のような状況でした。

●日産サティオ(俺が行ってるディーラー)
├セットアップ料金\5,000
├車載機取付\7~8,000
└取付完了(使用できる)まで1週間ぐらい
 (多分税抜き金額ですが、工賃値引きで、
  大抵税金分以上は引いてくれてます)

●スーパーオートバックス
├セットアップ料金\3,150
├取付\5,250
└当日引き渡し使用OK!

どちらも車載機は、持ち込みでも、購入でも
金額は変わらず、
車のメーカーおよび車種は、問わない。
(車載機の種類、アンテナ一体か分離型かで
 取付工賃は違うそうです。一体型の方がこれより安い)

一番違う点として、当日から使えるか否かです。

これは、ETC使うにあたり、
情報発行元(ORSEというところ)に、情報登録して
識別処理情報を発行してもらわなければ、ならないのですが、

それを郵送(オフライン)でやるかオンラインでやるかの違い
だそうです。

オフラインでやる場合、人手を介しますのでオンラインより
情報発行元(ORSE)の手数料が高くなり、セットアップ手数料が
必然的に高くなります。

ただ、只今ETC普及促進の為、情報発行元(ORSE)では、
セットアップ手数料を一律\525引にしているとのこと
「平成16年度ETC普及協力キャンペーン」

という訳でスーパーオートバックスで取付るコトにしました。
費用は、\3,150+\5,250-\525=\7,850でした。

こんでたので、待ちが2時間ぐらいかかりましたが、無事取付完了です。
帰りに、仙台東インターから利府塩釜インターまで試しに乗ってみました。

ドキドキの初体験でしたが、入りも出もちゃんとバーは開いてくれました。
ETCユニットが、出るとき、「料金は\400です」としゃべっていました。

無事使えましたー!!
取付完了です!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

他◆FIAT500~オープン♪

小山 モデナカップでの良きライバルであり
一緒にレンタルカート道を極めてきた

ツネさん

ブログ立上げました~
FIAT500.net-Team.Yuji

ツネさんは、
SUGO8耐久では、1GO1Aチームにいつも
入ってもらってます。
1GO1A準メンバー1号です!

(最近GOKの謀略 ^^; により、
 1GO1A準メンバー増殖中ですが ^^;; )

ちなみに、今年もSUGO8では、
参加してもらう、予定で土曜日SUGO入りして
もらったのですが、

新潟中越地震発生により、
被災者救済活動に向かい、
急遽参戦断念されてしまったお人でございます。

レンタルカーターとしての腕は一級品です。
モデナカップ2002、2003と連続して
シリーズタイトルを取ってます。

ちなみに、2001年のチャンプはGOKなのさ♪
・・・自慢・・・前も書いたな

もひとつちなみに、1999年のチャンプは
1GO1AメンバーのMNHさんです♪

そして、今年もツネさんは、現在ポイントリーダーです。

(但し、もう一人と第6戦終了時点で、同点で争っており、
 本日、第7戦が行われており、参戦できないツネさんは
 ちと不利か・・・( ̄□ ̄;;
 12月の最終戦、みんなでサポートしに行こっかな^^ )


で、カリ城でルパンが乗ってたFIATに乗ってます。
で、我々1GO1Aの連中は、ツネさんの奥さんを
不二子ちゃんと呼んでいますw

って、ツネさんのプロフィール勝手にアップしちまったぜ♪

いいのかな、いいよね、
今まで書いてた事まとめただけだしな・・・
と自己弁護( ̄д ̄;;

ともあれ、皆さんよろしくです~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

A◆たてよ

愚痴ってばかりでなんになる!今こそ悲しみを乗り越え
そして、怒りの炎を胸に込めて立ち上がるのだ!
お気楽の優良種たる我らこそが
正しき未来を救うことが出来るのである!!

――――――――――――――――v―――――――――――――
               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)
             lk i.l  /',!゙i\ i
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\

| | コメント (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »