« 本◆電車男のまんが化 | トップページ | こ◆分類について »

2005/01/03

音◆音楽なんてものを

今年も元旦は、日テレ系を見てました。
なんか、うち1月1日の朝は、いつも日テレなんだよな。。。

お陰で、また今年もウー・ファン見れた。
ウー・ファンは、中国の伝統的な民族楽器、古箏の第一人者なんですが、

日本語がやたらうまいんです。

って、そんな事じゃなくて、このウー・ファン
HMVでたまたま試聴して、鳥肌たって即購入したって事がありまして

ちょっと紹介したくなったんで、ご紹介~

ウー・ファン 「心声(shin sei)」 商品番号TOCT-25013 \3,000

WuFang_shinsei

特に、2曲目の「Wings of the heart」が 鳥肌もんです!

まぁ、癒し系の曲なんですが、せつなさと躍動感が絡み合って
とってもメランコリックな美しさを醸し出してます。

必聴!

というわけで、今年は新たに、GOKが はまった曲
アーティストなんかを 合間を縫って紹介していきたいと思います。

で、今回は、もう1グループ

ウー・ファンが出てた番組に共演として出てたグループ 姫神
昨年リーダーというかゼネラルプロデューサーの星吉昭さんが急逝して

活動がどうなっちゃうのかと思ってましたが、息子さんが継ぐんですねぇ
姫神ヴォイスも健在だったし、よかったよかった

演奏した「神々の歌」 何度聴いても 素晴らしいですね~
ヴォイスがなんともたまりません。

この姫神がデビューしたのは、GOKが高校生の時で
姫神せんせいしょんっていう3人組みのユニットで、
アルバム「奥の細道」でデビューしてます。

シンセサイザーというと、YMOやクラフトワークなどのテクノ系しか
知らなかったGOKとしては、
この「奥の細道」と出合って、シンセサイザーって
色んな可能性があるんだなと思ったのでした。

っつーわけで、姫神のコンプリートベスト版を紹介します。

姫神 「神の祭、風のうた」 商品番号PCCA-01668 \3,570

HIMEKAMI

デビューアルバム「奥の細道」から「神々の詩」まで
珠玉の31曲が納められてます(2枚組)

姫神が一気にメジャーブレイクしたのは、姫神ヴォイスという手法を取ってからだと
思うのですが、このヴォイスという手法、GOKは もの凄く好きです。

詩ではなく、一つの楽器として声を使う

次回は、そのヴォイスというものをGOKに認識させてくれた
アーティストを紹介したいと思います。

いつになるか分かりませんが・・・

|

« 本◆電車男のまんが化 | トップページ | こ◆分類について »

54 音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/2457660

この記事へのトラックバック一覧です: 音◆音楽なんてものを:

« 本◆電車男のまんが化 | トップページ | こ◆分類について »