« 他◆5人目登場! | トップページ | 電◆渡辺電車 »

2005/01/18

社◆天災と人災

今、ちっと嫌な感じの地震があった。
弱いけど、なんてーのか初期微動みたいな感じ。。。やだなぁ

昨年の新潟とか、年末のスマトラ島沖とか天災は本当に怖い。
異常気象にしても
昨年の映画「デイ・アフター・トゥモゥロー」は、
大げさにしても論理的に温暖化→氷河期の仮説がある事を知って驚愕した。

起こってしまった天災に対する、人道的支援、災害復旧支援活動に協調こそすれ、非難する人はいないと思う

それをなんですか?アメリカは?

ウォルフォウィッツ国防副長官が、
地震援助活動からの早期撤退を示唆
「米軍には他に仕事がたくさんある」

と言ったそうな・・・↓
暗いニュースリンク: 米国が津波災害支援を「下方修正」救援活動部隊は「できるだけ早く撤退」

戦争の方が大事だと・・・

天災復興支援、天災被害を抑える為の努力・・・
そんな事より、人災拡大した方が、アメリカの為らしい・・・

こいつ(ら?)は、今までの戦争から何も教訓得てないのか?

2号に渡って講談社の週刊少年マガジンに
ベトナム帰還兵のネルソンさんのお話が掲載された

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」

これは、単なる人生訓とかそんなものじゃない。
戦争から得るもの何も無いのだ!!ってコト!

やっぱ、世の中、デスクワークとか後方支援しか、
していない人間が政治やっったり、役人やっちゃ
ダメなんじゃないか?

微妙に話ズレたかもしんないけど
KONちゃん
なにか問題でも?:阪神大震災とFM(ミリオンナイツ)

のんすとHさん
わが生涯に一片の悔いなし 阪神大震災から10年・・・

トラック、バック!

|

« 他◆5人目登場! | トップページ | 電◆渡辺電車 »

63 社会」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。最近気に入って読ませてもらってる暗いニュースのとこから来ました。
いや~リアルな力の駆け引き、「リーダー」(ら)の信じられない言動、私もまだ達観できないゆえ日々へこまされる思いですだ。
13年前の環境会議に親ブッシュ大統領が到着した途端にリオの街中が厳戒態勢になり、数十人にライフルを構えられた(警備で)経験を持つ私、奇麗ゴトではナニゴトも済んでいないのだと気づきました。・・・環境ボランティアに燃えていた私、焦げ付きそうでした・・・
翻訳をその頃からの「ちょい」知り合いがしている下記の漫画本、まだでしたらぜひ読んでみてください。(マイケル・ムーアの視点をメキシコ系アメリカ人がより実感をもって作った本、というかんじかな)

「戦争中毒」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-3387440-3060327
という本。

投稿: きゃの | 2005/01/22 01:50

>きゃの さん

コメントありがとうございます。
随分と活動的なお方のようですね~
華氏もまだ見てないんですが、「戦争中毒」是非読んで見たいと思います。結構賛否両論みたいな書評があがってますけど、それぞれの視点ってのは大事ですからね~

ちなみにリンクで飛べなかったので、僭越ながらbk1でのリンク貼っておきます!

 戦争中毒

投稿: GOK | 2005/01/23 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/2619547

この記事へのトラックバック一覧です: 社◆天災と人災:

« 他◆5人目登場! | トップページ | 電◆渡辺電車 »