« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月に作成された記事

2005/05/31

R◆インディ500結果!

2005年IRLインディ500は残り10周というところのリスタートでルーキーのダニカ・パトリック嬢がトップに立ってレースをリード。
↓記事全文↓
Nifty 海外News: インディ500はウェルドンが逆転優勝

ダニカ・パトリックおっすぃ~!o(>o<)o
やっぱ、見たかった~!!
もう、レース界のシャラポアか
安藤美姫かって子ですな。

是非、ビーノさんの[べっぴんさん達]
扱って欲しいぞ!と思ったりして^^;

ダメか?>ビーノさん♪(^m^)

主要スペック♪
名前=ダニカ・パトリック
年齢=23才、身長=155cm、体重=45Kg

詳細はこちら↓
INDY JAPAN.com IRL Info
2005チーム&ドライバー ダニカ・パトリック


つーわけで、結果です↓
Nifty 海外News:
IRL:Rd.5インディ500レース結果

あ~見たかった(t。t)

ポチッと↓ね
仙台人気Blog Ranking blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/05/30

映◆見ました!

電車男でも、
(まだやってません)

K-1inパリでも、
(ジェロム、おでこ、ほんとに大丈夫かよ?)

F1ヨーロッパGPでも、
(ライコネンほんっと危なかった!ゾっとしたよ俺は)

インディ500でも、
(見れる環境無い!)

ありません!


そうです!見たのは「Z」!!
(ゼータと読みます・・・念のため^^;・・・

機動戦士Zガンダム-星を注ぐ者-

野郎3人で、メンズデーを利用して行きますた。

私、前々から言ってますが、ガンダムといえば、「Z」!!
「Z」以外のガンダムは興味無い!っていうぐらい
「Z」のストーリーに惚れ込んだ部類の人間です。

その私の結論として、見てよかった。
もう1回見てもいい!って感じです。

ちなみに、一緒に行った面子は、

 一人は、「Z」を知ってる香具師。
 メカ的なものについては、私なんかとても及ばない。

 もう一人は、今回初めて「Z」に触れる香具師。

して、全員、良かった!という感想です!

「Z」を知る香具師は、『TV版復習してもう1回見る!』
断言してましたし、
「Z」初の香具師は、
『何も知らなくても面白かった~続きが気になる~!』
申しておりました。


細かくいいたい事は、たくさんありますが、
まだ、劇場公開したばっかなので、
ネタバレしないように、これ以上は申しませんが、

ひつだけ、、、

 従来のTV版の展開よりも、確実に
 エンタメ方向にシフトしてる。

それだけは、言ってもいいよね?^^;


ちなみに、メンズデーの終映だったもんで、
劇場内、男ばっかでした^^;
女子は、ムリクリ連れてこられたカポーの子ぐらいでしたね^^;


ポチッと↓ね
人気blogランキング




もう一つだけ言いたい~、ネタばれしないように小さく書いとくんで、見てない人は読まんでいいです。

新映像や新たな台詞から、富野さんが、エンタメ方向にシフトしたかったのはわかる。ただ、これで、宮崎作品とかのエンタメ性と勝負してんだとしたら、ちょっとダメだろうねぇ。なぜなら映像の美しさ的要素で圧倒的不利。エイジング処理は、TV版のデジタル映像化の方向と、デジタル新映像の画質落としの両方向やってるそうですが、目立つのは、TV版の方へ近づける処理。つまり、TV起こしの画像の方が、やっぱ粗さ目立ちますってコト。それがネック。昨今の綺麗なアニメに慣れた層にしてみれば、なんだこれ?って感は否めない。ただ、単純に「Z」としてみたら、ストーリーの躍動感はTV版よりは格段にあがってますがね。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/05/29

R◆F1:ヨーロッパGP予選他

モナコの走りでベタ褒めだった、ハイドフェルドがやってくれました。
なんと地元で自身初のポールポジションゲットです!

Nifty F1:
ハイドフェルド、「最高の初ポールポジション」

乗りにノってますね!
マシンもいい。腕もいい。ツキもある。うまい具合に回ってます。
ひょっとしたら行きますよ~
でもライコネンがいるからな。イイばとる期待します!

さて、問題は、これだ!!

Nifty F1:
依然続くFIAの『B.A.R・ホンダいぢめ』

一部引用

サンマリノGPでのB.A.R・ホンダ・チーム失格問題は、FIAが同チームを狙い撃ちにしたものとの見方がもっぱらだったが、復帰した今回のヨーロッパGPではさらにそれが激化しているようだ。
~(中略)~の検査まで連日に渡って留まるところを知らず。さすがにライバルチームも同情しきりだという。
マックス・モズレーはあくまでもB.A.R・ホンダを失格にしたいらしい。

まったくもって、いつまで、逆ビイキするんでしょうね~
ジメジメと、モズレーは!!
はっきり言ったらいいじゃないですかね。

『HONDAお前はエンジン供給だけで、でけぇ面すんじゃねぇよ。
 シャーシ含めたコンストラクターとして、参戦しろよ!
 自動車メーカとして、当然だろ!』

と、

そういう事じゃないんですかね?
ヨーロッパ文化として・・・

そういう事以外で、なんかあるんだとしたら、単なる個人的問題だろな。
『あの人!生理的にイヤっ!』みたいな。

( ´ ^ ` こまった人達れす。


ポチッと↓ね
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/28

R◆インディ500 予選結果

おそばせながらの記事ですが、
インディ500の決勝グリッドが決定しました。

Nifty 海外News:
IRL:Rd.5インディ500 予選結果(12日目)

松浦 孝亮 8位です。期待が持てる位置にいます。

そして、
danicaこの人、新人の女性ドライバーの
ダニカ・パトリックが、
ぬゎんと!予選4番手です。
ゼッケン16。23歳です。
独身ですw


インディ500に出場する女性ドライバーとしては、
4人目らしいっすけど、優勝したら、
初の女性ウィナーかな?
応援してみましょー!


ちなみにインディの予選って、
1LAPの最速タイムじゃなくて、簡単に言うと
4LAPの平均速度が速い順で順位が決まるんです。
(いや、ほんとは、もっと複雑ですが)

4LAP全開のTIMEで、なみいる猛者を退けて、
新人女性ドライバーが、4位っすからね~
あ~見てぇ~

地上波ないのが辛い

っつーか、スカパでもやってるんでしょうか?
放送スケはどうなってんだ?

F1の、のんすとさんのように情報提供してくれる人いないのか~!

って、自分で探せってな\(--;)

ポチッと↓ね
仙台人気Blog Ranking blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/27

電◆「電車男」とジューじゃん

以前、紹介してましたが、
映画「電車男」スタッフによる制作日記
これ↑久々に読んでたら、
なんとも馴染み深いコトが・・・

それは、これ

そして恒例の「ジューじゃん」が行われる。 私はセミファイナルまで残ってしまい、ハラハラドキドキ!

そう!「ジューじゃん」

これは、皆でじゃんけんをして、
負けた人が、全員に!
ジュースをおごるというもの。

これと、まったく同じ事が、ハイランドカーター達の間で、行われています。スタッフやバイト君も含め、総勢十数人でやるなんて事もあります。
勝った方は、ジュース1本なのですが、負けると結構、痛いです。
バイト君負けちゃうと、バイト代の十数%が飛ぶ時もあります。
情け容赦無いです(w
何回もやっていると、人数少ない時しか勝てない香具師とか、人数多いと間違いなく決勝?まで残るとか?、アイコの達人とか?言い出しっぺが負けるとか、数々の伝説の使徒が存在するようになります(w

この「ジューじゃん」って、全国区なんでしょうかねぇ?
人が集まると自然にやっちゃうんすかね。特に男!

あぁ、そうか!!
体育会系の部活帰りの名残か!

なんか、一人納得のGOKでした。


ポチッと↓ね
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/26

R◆今年の活動

検索ワードをチェキしていたら、傾向変わってきていました。

以前、爆発的にあった、「ラブドール/リアルドール・レンタル」の
ワードが、TOP陥落し (っても、まだ結構ヒットしてますが)、
変わって、TOPになったのは、「電車男」です。
カテゴリ別にするくらいっすからね。当然だワナ。
電車男関連のワードもひっくるめると結構なヒット数です。
例えば、久保田康氏とかね。
知ってます?電車男ではないかって人です。どんな人か見たい?
じゃぁ、無許可リンク!・・・これ!
って、だいぶ出回ってると思いますが、実はこの人、
電車まとめサイトの管理人さんです。

何故、そう言われているかというと、以前も書きましたが、
電車男ネタ説が、盛んに論じられてる最中、
小説新潮の、電車男と重松清さんのチャット対談について、
スポニチの記事では、誤って(意図的に?)、著者・中野独人氏重松清さんとの対談として紹介してしまったという事で拍車がかかった感があります。
つまり、電車男=中野独人氏≒中の人=久保田康氏、よって、
電車男=久保田氏のネタ説ってな話です。

ってまぁ、そんなどうでもいいコトさておき(^^;
…今季の活動ですが…

その前に、もうひとつ!
検索ワードで、永吉克之さんが、今週にきてヒットしだしている!
なんかで、取り上げられたのかな?
いやぁ、この人面白いですよ。注)ピン芸人ではありません。アーティストです。でも、面白いんです。シュールで。

以前も紹介してますんで、どうぞ!永吉克之

また、ミニマグでも[絶対真理]って言う、メルマガやってます。例えば、最近気に入った真理!

人が人として生きるために絶対忘れてはならないことがある。それは空気を吸う ことだ。これを忘れた人間たちの哀れな末路を私は幾度も見てきた。空気を吸わ ない人間に生きる資格はないと断言してもいい。私は空気が大好きで毎日吸って いるほどである。もし吸えなくなったら、絶望のあまり家族も仕事も捨てて最果 ての街をさまよい歩くことだろう。ところで、空気を吸うだけでは肺が膨らむ一 方なので、吐くことも忘れてはならない。吐くのを忘れた人間たちの無残な最後 を私は幾度も見てきた。吸ったら吐く。それが肝要だ。(永吉克之)

興味持った方は是非!


だいぶ、話それてるな。そろそろ、閑話休題(^^;

えぇぇと、検索ワードで、他に目立つのは、「トランポ」とか
「すのこで作る」(w とかね。
去年のツインリンクもてぎのK-TAIに出場した時の記事が、
結構ヒットしてるようです。他にも「ユニバーサルホルダー」とか
「減速比」とかね。
やっぱ、時期も時期だし、カートどうやって運ぶの?とか、トランポ何使ってるの?とか、モテギ走るのにギア比は?とか色々検索されてるんでしょうね~

あ~そうか、元々、このブログ立ち上げたのもK-TAI参戦記だったもんなぁ~・・・と何故か遠い目(汗;


で、もう、わざわざ言う必要も無いかとは、思うんですが、

今年は参戦しません!

何故か? といえば、金銭的なものが大きいのは間違いないんですが、なんつーか、今年は、モチベーションが上がらないんです。
カートに対して・・・
まぁ、もう10年以上やってると、何年かに1回は必ずあるんすよね。ま、それでも、周りで動いてくれてたりした時期は、動くんすけど、どうも今年は全体的に低調・・・
ちと身体も悪いし・・・仕事落ち着かないし・・・

という訳で、今年の1GO1Aレース活動は、ハイランドのレンタルレースがメインです。それ以外では、SUGOのQmaru8耐は、考えてますが、あとは、自分と周りのモチベーションとベクトルが合えばって感じですかね~

とにかく、今年は、去年闇雲にやったのとは、対象的に、
体制含めて考える年にしたいって感じです。

ではでは、


といいながら、なんも考えてなかったり
とMyB.D.に思った次第です
(^^;

ポチッと↓ね
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/25

他◆うーむ

今ですね~

収集つかない状態です(×。×

書きたい記事がいっぱいあって、
思うまま同時に書いてたら
何がなんだかわかんなくなってます(^^;

ちなみに今執筆中の記事は、

「新海誠さん」
「電車男」
「今後のレース活動について」
「浦沢直樹のPLUTOとその原作について」

で、週末には、「Z」公開でしょ
「F1」も「インディ500」もあるっしょ!

あ~どうしよー

とりあえず、寝るか

って感じです。

ではまた(_ _).。o○


ポチッと↓ね
人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/24

R◆モナコです

え~ただいまモナコです。

ウソです。

しょーもな・・・

エフワン モナコグランプリやっと見ますた( ̄∀ ̄)


今回の見所は、これ!
チーム スターウォーズ?

team STAR WARSですヾ(^o^)
Redbull Racing とタイアップしてキャンペーンしてました(^^;
ピットクルーのヘルメットが素敵です♪
マシンは2台とも リタイヤしてましたが( ̄▽ ̄;


閑話休題・・・

え~見所は、後半でしたね~
残り15周ぐらいから!!

まずは、
フィジケラ、トゥルーリ、モントヤ ラルフ、バリチェロ、ミハエルの5位争い!

ローズヘアピンでのトゥルーリの縁石乗り上げ、ジャンピングアタック!?ピットクルーすげ~盛り上がってましたね。気持ちわかるなぁ~...でもその後、ジャンプ時の影響で、車にダメージが(マシンバランス狂ったらしいです)・・・せっかく前に出たけど、ごぼう抜きにされてました_| ̄|○カワイソ...

そして、次は、
アロンソとハイドフェルドの2位争い!!
残り7周ヌーベルシケインでの鮮やかなハイドフェルドのパッシングは、見てても気持ちいいぐらいに決まってました。アロンソのペースが上がらなかったとはいえ、やるな!見事!!って感じでかなり、カッコ良かったっす。

で、そのままアロンソ後退していき、今度は、3位争いとしてハイドフェルドと同じウィリアムズのウェーバーとのバトルに!
アロンソは、ポントリーダーの意地もあるし、残り周回数少なく、3位争いってコトもあるんだけど。。。

ズルいっす

ハイドフェルドに抜かれた、ヌーベルシケインで、ウェーバーにさされるんすが、明らかに、シケインショートカットをやって、順位を死守!そして譲らねぇし。。。あんなコトしたら、うちらのカートレースでも譲るぞ。フツー
しかも、2回もやろうとするし~
ステアタイミングで完全にショートカットしようとしてる気バレバレっす!!でも、2回目、ウェーバーきっちりシケイン後のサイドバイサイド制してました~!!
お見事~!!


そのままズッケーアロンソは、後退していき、今度は、4位争いとして、モントヤ ラルフ、ミハエル、バリチェロの集団と一緒になる。アロンソ VS モントヤ の4位争い白熱しましたが、結局そのままレース終了。

終了、間際のラルフミハエルの6位争い兄弟バトルは、いろいろ物議をかもし出しているようですが、ヌーベルシケインでのアロンソのショートカットは問題にされてないみたいだなぁ~

 ラルフコメント

 シューマッハーコメント

 アロンソの走りについてウィリアムズ側のコメント


というわけで、感想でした。

さぁ、詳細レポートは、やっぱ、こちら!
ノンストップさんとこ
に行こう!っと!


ポチッと↓ね
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/23

ア◆蛙男新作

え~以前、映◆菅井君と家族石というものを
紹介させて頂いた 蛙男商会さん ですが、
久々に新シリーズ公開されてます。

新シリーズと言っても、昔作ってたもののリメイクっぽいんですが、
古墳ギャル(略してコギャル)コフィーちゃんのお話です!

とってもキュートなので^^; 是非!
kaeruotoko,com  ~ 蛙男商会公式サイト ~

まだ未見の方!! ↓これも上のリンクからいけるので是非!!
 菅井君と家族石

ポチッと↓ね
人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/22

R◆モナコGP

まだ見てませ~ん!!

して、結果だけは知ってしまいました。。。_| ̄|○

ま、見てから、なんか書きますヨ(・、・)

ポチッと↓ね
人気blogランキング

って内容無いのに、押すかよ!

…一人突っ込み…_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/21

映◆ゼブラーマン

WOWOWで、録リ溜めていたビデオを漁っていたら、
こんなんありました
「ぜぶらぁ~まぁ~ん!!」
という訳で、

ゼブラーマン 2003年 です!

ゼブラーマン


いわずと知れた、哀川翔の記念すべき100本目の主演作品!

今回はCG作品っていうより、特撮です。

普段、特撮は全く、見ないんですが、主演100本目の記念作品に、これを選んだ哀川翔に敬意を表して見てみました。

これって、リメイクなんすか?
昔、TVでやってたらしいんですが、まったく記憶にありません。地方じゃやってなかったのかな?
何でも、昭和53年に放映されて、全24話予定だったものが、7話で打ち切られたみたいです。

詳しくは、ここ
特撮闇の歴史ってとこでしょうか?

わたしが、特撮見てたのは、仮面ライダーは、V3、ウルトラマンは、タロウ、そして、ゴレンジャーぐらいまでっすかね?特に好きだったのは、ジャンボーグエース!そん中でもジャンボーグ9っすね。なんつたって、9は、ジャンカーZという車が変身するんす。しかも車が変身するもんだから、操縦席は車のハンドル!そのまんま。。。w

ちなみに、9は、車だから、空は飛べないんすが、マッハの速度で走るんです。
で、ジャンカーZのベース車両は、ホンダZ-GL......っておい 軽だよ
しかもこの車、主人公が借金して新車で買ったが、しょっちゅう故障してたって逸話もあり。

こんなんでした。
色塗ったダケのまんまホンダZっす!!

 でも、私は、あこがれて、ホンダZのミニカー持ってましたw
 残念ながらジャンカーZではなく緑色のドアが開閉するヤツでしたが

って、話だいぶそれてしまいましたが、

ゼブラーマン」は、空を飛べない白と黒の2色

ジャンボーグ9も 空飛べない、そして、銀と赤の2色

非常に似てるのではないかと・・・無理矢理だな。・


そろそろ肝心の映画の方の感想を・・・

まぁ、一言で言えば、それなりに楽しめますってトコ

後半、体育館で、ゼブラーマン(完成体?)に変身するところは、カッコ良かったです。
あ~いうシーンにはヘヴィメタルなサウンドが良く合います。キャシャーンなんかもそうだったな。
純にカッコイイーと思た。

しかし、全体的には、ギャグなんすかね~
渡部篤郎さんは、そういうノリでやってる感。
でも、彼は、マジメな役やってもコミカルな役やっても
同じような演技でこなすんすよね~。
意外性はなくなりましたが、味はあると思います。
でも、あれ素なんすかね?普段から首ユラユラ?

あと、この作品、色んな役者がチョイ役で出てるみたいです。
私、2回みましたが、未だに、
袴田吉彦がドコに出てたか判りません。


まとめ・・・

DVD? 買いません~
哀川翔は好きですがね。

いじょ


ポチッと↓ね
人気blogランキング




| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/05/20

電◆電車男について

電車男について 一考察

なんとなく考察してみました。

巷では、小説にはじまり、漫画5誌掲載
朗読劇SOLD OUTで、映画化、舞台化、ドラマ化と、

あますところなく商業展開する電車男ですが、何故にここまで発展したのか(多くの人を巻き込んだのか)と言えば、とにもかくにも、あの「まとめサイトの電車男」の完成度が高かったコトに尽きると思うのです。
なにしろ、「まとめサイトの電車男」まんま小説化ですからね。

何の完成度かと言うのは後にして、
まず、その要素的に魅力あるポイントを挙げれば、こんなとこ。

・笑い:
電車男の誠実な人柄的天然ボケ、何よりも住人達のAAによるタイミングいい突込みは、新鮮な笑いをもたらした。おそらく、ネットの外で、ここまでAAを認識させた書籍は、これが初めてだと思われます。

・感動:
電車男が成長していく様が、手にとるように判り、また、それを支える住人達の叱咤激励も、飾ることなくストレートで、純に熱い。顔も名前も知らない人々が協調していく様は、読む人の心をストレートに酔わす。ま、簡単に言えば、深読みする必要もなく、そのまま世界に入り込み易いって事。

・涙:
多くの名も無き人々の支援により、エルメスとのハッピーエンドを迎える電車男。読む者もいつしか、その住人の一人に自分を投影させている。ある者は、住人の発言に、ある者は電車の行動に、そしてある者は、そのハッピーエンドに涙を流したことでしょう。ある人が言ってました「誰も死ぬ事もなく、悲劇的な結末を迎える訳でもなく、ハッピーエンドで涙を流す事ができる作品というのは、そうそうあるものではない。」と、正にその通りだと思います。
私が感動した作品で、劇中、人が死ななかった作品を考えると・・・確かに思い当たらない。感動作品における涙的意味合いでは、おそらく、この「電車男」かなりの高水準である。たぶんこのテーマだけで論文1個ぐらいかけるんじゃないですか?文学部の方?>って誰に問い掛けてんじゃ?まいっか。

・+α:
めんどくさくなってきたんで、後は+αって事で。。。
ってまぁ、何が+αかって言うと、やっぱ話題性ですかね。
「あの2ch発のリアルラブストーリー」ってキャッチですからね~。あれ?「あの」って入ってなかったっけ?まぁ、いいや。よくも悪くも2chと言えば悪の巣窟!一般人は近づいちゃいけない。特に子供に触れさせてはいけない世界。なんて事を言われてるところから生まれた作品ですからね~・・・って、そこまで悪くないか?たぶん2chって何?っていう人の方が実際は多い。2chって言葉は知っていても、その実態がどんなものか知らない人の方が、圧倒的に多いだろうね。つまり、2ch云々っていうより、出会い系サイトや、集団自殺や、子供の殺人などにより、「ネット=悪」の図式が、成立しつつある昨今(インターネットを常時やっている健全な人の予想をはるかに上回る勢いで、「インターネット=悪」の図式は定着しつつある。内輪の話でアレですが、某氏の妹が、普段訪れているサイトのオフ会に参加するって話が伝わった途端、親類縁者を巻き込む大騒動になったって事がありました×。×)そんな情勢の中で、数少ないネットに対して、プラスなイメージを持つネタな訳ですからね。話題として飛びつきたくなるのは必然ですね。国家政策にも沿う形となる訳だしな。

注)2chとは:匿名で投稿できる掲示板サイト。およそ考えられる全ての話題について、論じられている。投稿者の秘匿性が守られている為、発言内容の殆どは無責任なものが多く。非難中傷は日常茶飯事行われている。人の本音を垣間見たい!とか、なんか面白そうなネタは無いか?とか。あまり深い入りせず、真剣に受けとめない度量を持った使い方がお勧め。空気読めないで、不用意な発言すると、叩かれる(w 

あ、やべ、めんどくさいっていいつつ、また書いちゃった。
先すすまねぇな。

つまり、これら要素的高さがあり、時代のニーズ(純愛ブーム)にも合うという事で、完成度!もう判りますよね。そう!売れる要素としての完成度が、非常に高かった訳です。
ベースとして、ネットで、まとめサイトを普通に読んで、既存の流通ベースに乗せられないか?(書籍化されないかなぁ)と思った人は、私をはじめ、多くいるだろう(純粋に感動を分かち合いたいという意味で)というのは、想像に難くありません(なんせ、「まとめサイト」は、流行りだしたブログの力もあり、口コミでどんどん広がってました)から、この「まとめサイトの電車男」に、商業的価値を見出した人は、かなりいたと考えられます。

作品としての価値が高く、
消費ニーズも、供給ニーズも高かったという事です
そして、版権の窓口が実態のはっきりしない2chだった訳で、前人未踏の商業展開を許してしまっている訳ですね。後は、2匹目、3匹目、4匹目、5匹目・・・いつまで続くのかという事です。

いつまで、続くのかといえば、超過需要が負に転じるまででしょう。
えっ?とっくに負になってるって?
いやいや、需要として、まだまだ未開拓層はいるんです。

確かに2ch発と謳われた、その2chでは、もうボロクソに呆れられてますし、「まとめサイト」で知った私などのネット経由派も、もういい加減いいだろって感じなんですが、需要シーズとしてみたらまだまだそんなもんじゃないでしょう。なんせ、インターネットのプラスイメージを伝えたい層には、まだ直接、届いてませんからね(代表格:ネットやらないお父さんお母さん世代)

超過需要が負に転じるかどうかを判断するには、その媒質にあった媒体があるんです。
例えば、グラビアアイドルだったら、少年誌や青年誌の表紙を飾った時の販売部数とかね。

じゃ、電車の場合は、といえば、この手の作品のメジャー媒体と言ったら、もうTVしかないでしょう。

だったら、小説化のあとTV化で良かったわけなんですが、TVで消費されちゃうと、終わりなんですよ。
そこにあざとさがある訳で、小説→まんが→朗読劇→映画→舞台劇→ドラマと徐々にメジャー化するよう消費ステージを上げていっているんです。そう仕組んでる香具師がいるのは多分間違いない。

とは言え、それぞれのステージで、かなりの層が消費し、ネットをチェックしていると思うので、TVの視聴率として納得いく数字を取るのは、かなり苦戦するのではないでしょうか?(特に2chなんか見ちゃったらネ)。
集大成とまで言い切る、フジは、たぶん物凄くプッシュしてきますよ。

どんな戦略かは知らんが、これもまた、楽しみではある。


でも、電車男の真の集大成とは、
映画、ドラマと一段落したところで、権利訴訟問題がクローズアップされ、
「電車男がもたらした夢と利権」(2ch訴訟問題)なんてタイトルで
NHKスペシャルあたりで、特集組んで初めて集大成になるのではと....w

あ~疲れた・。・


この記事、5・20にうPしたはずなのに、あれ?カレンダーリンク消えてる~?って、なんか今日(5・29)気付いた。何故か下書きのままでした~!あれぇ?何で今まで気付かなかったんだろ?謎<うましか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/19

芸◆Qさま

たまたま出張きてて(出張時以外バラエティとかドラマ殆ど見ないんです。今見てるの「義経」と「エンジン」ぐらいかなぁ)、

クイズプレゼンバラエティー「Qさま」なる番組を見たんですが、
メイン司会が、さま~ずの二人と優香

ところが、いきなり、次週からメイン司会が

「アンタッチャブル」になってしまった。

なんでも、クイズプレゼンをやって、ゲスト解答者2人と優香全員から、「○」(高評価)をもらうと「Qさま」の称号がもらえて、「Qさま」を5つ集めるとメイン司会ができるというルールらしく、

私が見た回で、「アンタッチャブル」が獲得してしまったのだ。

して、さま~ずは、プレゼンターに降格!!

司会に復帰するには、例え、さま~ずでも「Qさま」を5つ集めなければならないと、番組内では申しておりました。

だとしたら、すげー下克上番組ぢゃん。

実は嘘でしたとか、1回こっきりってのは無きにしもあらずだが、「Qさま」5つとなると、相当なプレゼン、回数を(要するに番組として何週も)プレゼンターとしてこなさなければならないはず。

番組打ち切りになるまでに司会に復帰できるのか!?
とか、思ったりして、大胆な企画だなぁと思いました。

番組情報は、こちら(TV朝日です)

んで…なんかよく見たら、さま~ずは、1回「Qさま」ゲトすれば、司会に復帰できるみたいだ…

なぁ~んだ。
せっかく期待したのに。。。

あ、ゴメンくだらねぇ記事になっちまった

えっ!いつも!? o(>o<)o うぎゃ~

p.s.ちなみに さま~ず 好きっすね
  TV殆ど見ないのに、好きなタレントとかはいるGOKでした^^;
  あと、大竹まこと とか 高田純次 とか パペマペとかね。


ポチッと↓ね
人気blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/05/18

映◆Ζガンダム劇場版

ちょっと情報古いんですが、
今更ながら、非常にショッキングな情報に出くわしましたので、
記事立てです。

こちら↓
忘却界抄:
Ζガンダム劇場版に期待しているごく少数の人向け情報

まぁじ、ですかぁ~

ほんとに!ほんとに?

何で・・・嘘だと言って・・・

上のそいれんさんの記事からもリンクされてますが、

シャア専用ブログ:
劇場版Ζ フォウ役変更か

って事です。

かなりショックですねぇ
島津さんじゃないフォウなんて・・・

あ~かなりショック

 _| ̄|○

 ↑実は、かなりの島津冴子ファン。
 「うる星やつら」の純情キツネシリ-ズではまった。
 作中、しのぶ役の島津さんが、『キツネの嫁入りか・・・』と
 つぶやく台詞は、未だに耳に残る。
 してまた、これに応える あたる君の台詞がまたいい。
 『雪でもそういうのかな・・・』と
 くー!! オサレ!ワビサビですよ~切な~!イイ!
 こういう会話を俺はしたい!!

 ってーわけで、「うる星やつら」でワビサビを感じられる
 この純情キツネシリーズ、O.A.を未だにビデオに
 温存して年に数回は見てしまうのだ。

 こんなサブタイトルでした↓
  『死ぬほど会いたくて!純情キツネ再び!
  『またまた純情キツネ!しのぶさんが好き
  『花嫁がほしい!キツネの恋の大冒険!!
  『恋ひとすじ!命かけます純情キツネ

 タイトル見て判るように、ぢつは、
 純情キツネの1作目をみていない…
 ゲトせねばと思いながら早幾歳…


って、あれ?ぜんぜん 『Z』 の話ぢゃなくなってるじゃん?

すいません。島津冴子のファンだ!
って話になってしまいました。

ま、いっか....

ちなみに、「うる星やつら」って、読みどおり変換すると

「売る性奴ら」 になるのナ・・・( ̄д ̄;

ポチッと↓ね
人気blogランキング

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2005/05/17

ト◆ブログ開設者335万人

NEWS@nifty:
ブログ開設者335万人=ホリエモンも貢献
-総務省調べ(時事通信)

ライブドアの堀江貴文社長のブログも人気を集め、「認知度アップに寄与」(同省)した。

という事らしい。

確かにネ、マメに更新してるし、ブログを世に知らしめたという意味では、やっぱ堀江さんだとは思う。

でも、認知度は、ホリエモンかもしれないが、貢献度は、この二人の方が上だと思う!

眞鍋かをりさん古田敦也選手!!

ブログ開設して、右も左も判らない頃
ブロガーとは? トラックバックとは?を
ここを見て、また、ここを経由して、学んだ人は、
数多くいると思われます。

なんつったって、素で面白いよ、この二人の記事は、読んで良かったぁ~って思える和みがある。
堀江さんも別に飾ってるワケじゃないけど、成功者として素を晒しすぎ・・・たまに笑うが、トゲトゲしいときも。^^;

芸能人、プロ野球選手でありながら、ブログという技術を使って、その垣根を取っ払い、してまた、数多くのファンを獲得している眞鍋さん古田さん。TBしやすいのは断然この二人!

素晴らしい!!

というわけで、お三方の最近の記事、ピックアップです。

ひたすら、笑いました(爆)
眞鍋かをりのここだけの話 powered by ココログ:
変な夢

そこまで書くか!感動した・・・何にw
So-net blog:
古田敦也公式ブログ:悶絶2

ホリエモン!頭文字Dのファンだったんだ!?と新たな発見
livedoor 社長日記:
5/13(金) 日記は毎日は書けまっせん。

ホリエモンブログその2!個人的にはコッチが好き↓
堀江貴文のお仕事相談Blog
好き勝手言ってる(w


ポチッと↓お願い
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

R◆インディ500

そういえば、今インディ500やってんだよなぁ~

松浦 孝亮頑張ってるみたいだし、
5日目の練習TIMEで3番時計出してたし
(6日目は14番手でしたが^^;)

見たいな~

でも、地上波放送がない~

来週やんのかな?やんねぇよな。予選じゃ。
やったとしても、来週は、F1モナコだし。。。?

やっぱ、スカパー入らなきゃダメかぁ・・・
K-1とかプライドもきっちり見たいしなぁ・・・
DTM見れるなら、即入るんだがなぁ。

元々、DTM見たくてWOWOW入ったのに、
加入した翌年から、やんなくなったんだよな(T。T)


ちなみに、
インディ500 土曜の予選1日目(ポールデー)は、
雨で中止
になったそうです。

インディ500決勝は5・29です。
地上波やるんだろうか?

ル・マンは、TV朝日撤退しちゃったからなぁ。。。

やっぱ、スカパー入るべきか?

ポチッと↓お願い
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/15

H◆2時間耐久れぇーす!!

5・15 仙台HiLand 2時間耐久レース!!

●エントリー数:9チーム
●天候:くもり のち 雨
●路面:ドライ → ウェット

●エントリー:予選結果順
 1.チーム上愛子
 2.MT WORKS?
 3.Team FLAT OUT
 4.下半身タイガース
 5.team 1GO1A
 6.H★WEST-BWH
 7.西多賀ゴールデンビギナーズ
 8.狸森麗心愚チーム
 9.STAY GOLD

●レポート

  朝、いつものごとく、時間ギリギリになって家を出る。
  メンバーのNABE家前に差し掛かった頃、  NABEから
  電話が入る
  「ドラミ何時からだっけ?」
  今家出たから、ギリギリになるって連絡だった。

  『だいじょぶでしょ、俺も、今、NABEの1台後ろ走ってっから』

  「( ̄◇ ̄; ...」

  そして、2台で、つるんで、
  R45→東部道路→南部道路→東北道→R48の
  大回り有料高速コースを使う。
  距離的には、かなりの遠回りだが、仙台の街中
  一般道を走るよりは、断然早い。
  2台ともETC装着車なので、NON STOPで
  駆け抜ける。
  速い速い!

  R48に入り、ちと渋滞気味。
  迷わず、裏道を疾走する。

  ハイランドに近づくに連れ、
  何やらポツリポツリとウィンドウを濡らす。
  家出た時は晴れてたが。

  『ん~、今日は、荒れるかもな...』と ヒトリごちる。

  R48の7-11前に差し掛かった頃、もう一人のメンバー
  KONから、連絡が入る・・・もうすぐドラミの時間だ・・・

  「今、どこですか~」
  相変わらずおせぇナ…と内心オカンムリのご様子...

  『今、7-11前だよ~』

  「んじゃ、もうすぐですね」
  ちと安心した様子。

  ドラミギリギリに到着(ちと過ぎてたか?)
  まぁ、予定通り・・・

  …だが、有料代がもったいない。次回こそ早めに出よう…
  そう心に誓うのだった。


  というわけで結果です。


●結果
 1.204周:下半身タイガース
 2.204周:Team FLAT OUT
 3.202周:H★WEST-BWH
 4.201周:MT WORKS?
 5.201周:team 1GO1A
 6.195周:チーム上愛子
 7.190周:狸森麗心愚チーム
 8.188周:西多賀ゴールデンビギナーズ
 9.182周:STAY GOLD


ん? 何か問題でも?

ポチッと↓お願い
人気blogランキング

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/05/14

映◆リターナー

漫画絡みのCG作品続いたところで、漫画絡みぢゃない邦画CG作品をみたいなと思いまして、今更ですが、リターナー見ました。

リターナー 2002年

rterner.jpg


●役者について

金城武・・・演技はうまいと思う。でも滑舌は相変わらず悪い。しかし、何よりカッコイイという存在感がある上、コミカル。

鈴木杏・・・演技うまいよね~。ほんと演技派だ。脇役やらせたら、主役食っちゃいそう。もうちっと大きくなったら逆に映画では使い難そう。ひょっとしたら、映画より、舞台の方があってるかも。…余計なお世話か(-o-;… あ、ひとつだけ、あのスパゲッティ食うシーンの『おいしい』の台詞は、『うまい』の方が良かったなぁ~…これも余計か(-o-;…

岸谷五朗・・・素晴らしいです。SET時代の舞台見た事あるっすけど、ほんと、いい役者になったもんでし。のほほんとしたコミカル役より、実は、クセのある悪役いいんじゃないでしょうか?カッコ良かったです。


●内容について

うん、邦画としては、一級のエンターテイメント作品になっているのではないでしょうか?面白要素満載です
。。。かなり、ハリウッド意識しているような…
『マトリクス』、『プリティ・ウーマン』、『MI2』、『E.T.』、『アビス』 それに、『インディジョーンズ』や『ダイ・ハード』のコミカルさ…

えっ、二番煎じぢゃないか?って(^^:

いやいや、二番煎じだろうが、何だろうが、邦画ですよ。普通、邦画でやろうとしたら安っぽさが目立ちます。片やハリウッドと言えば巨費を投入しての作品です。これは、そんなにお金をかけないで、先の作品のようなシーンを鑑賞に耐える流域でこなしているんです。

CGも違和感なく、すげーじゃないですか、特にジャンボが変形する様は、エエんぢゃない?
ちなみに、なんかゲームやってる感覚もあり…
 あ、鬼武者…金城か(・Д・;

とにかく、信じられない程のコストフォーマンスで、ハリウッドに対向できる作品を作り上げた根性?技術?才能?は素直に感服いたしますね・。


●DVD手にいれるか?

 うん、買わない・・・(^^;are?


ポチッと↓お願い
人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/13

電◆いろいろ電車

『電車男』のまんが版が、もう一冊増えるらしい。

小学館 月刊 Judy
 5/24発売の7月号から隔月で掲載される模様。
 作画は、橋本ライカ

これ、女性漫画誌で、講談社のデザートとターゲット層は、
同じくらいかな?
当初、4誌予定だったのが、1誌追加となった訳だ。
小学館といえば、ヤングサンデーに原電車を連載中。

よっぽど、おいしいんでしょうね~
食い尽くされる「電車男」って感じでしょうか?

まぁ、日本の資本主義社会は、基本的に、他人から搾取する事でしか成り立っていかない文化ですから、この流れは、どうしようも無いでしょうね。

まぁ、それ言い始めるとキリが無いから、それはさておき、


次は、舞台版 電車男
もうご存知の方も多いでしょうが、武田真治が電車男をやる
舞台版です。
ちなみに、このサイト・・・イケメソスタイルの武田の顔写真の脇に「電車男」って・・・おい(・ω・狙ってるのかな?
ちと笑ってしまった。・

なんでもエルメスは声だけの出演らしい
・・・朗読劇もそれに近いものがあったが、エルメス役のお喜久さん。無意味にウロウロしてた気がしるな。後半はどうなってるのか不明ですが。後半もBIGLOBEストリーム電車男 朗読劇で5月下旬から無償配信するらしいです。武田舞台版も無料配信しないかな。


さて、一番最近発表された電車男は、
TVドラマ版『電車男』
こちらは、エルメスが中心となるらしい。制作側のフジTVは、電車男の集大成とまで言ってるようです。んで、主演は、自身初主演作となる伊東美咲さん 電車男には、今、NHK大河ドラマ「義経」で喜三太をやている伊藤淳史くん。

このエルメス、電車男にも名前が付くようです。

エルメス:青山沙織
電車男:山田剛司

だそうだ・・・

しかも、
このTV版映画版(電車男:山田孝之、エルメス:中谷美紀で、主役を演じる役者達が、相互に出演するそうです。
映画制作にフジTVが、かんでるとは知らなかったあるよ。

しかしなぁ、これで、フジが電車でやろうとしている事が見えてしまった感じがする。

 「振り向けば電車男。
   そう、誰でも電車男になれる可能性があるのだ。
     さぁ、勇気を持って君も一歩踏み出そう。」

なんてな・・・ごふっ!書いてて気色悪くなってきた。_| ̄|○

ん~なんにしても イラネ設定めちゃめちゃ入りそう。
これは、間違いなく、俺が望む電車男では無いな。

違う作品として、こころして見よう!
・・・って、見るんじゃん、結局!(ー。ー
いや、だって、伊東美咲さん主演だもんね♪

っつーわけで、久々に画像なし、リンクだらけの記事でした。

画像無いので、こちらをどうぞ↓
小夏さんの 七月のうさぎ:
「電車男」今度はエルメス主人公でドラマ化!


ポチッと↓
人気blogランキング


ちなみに、一箇所リンクマチガってる予感(w

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/05/12

映◆キューティーハニー

漫画原作、CG使用映画評シリーズ第4弾!
いつからそんなシリーズになったんだ(ーー;)

次はこれ!

キューティーハニー 2004年

キューティーハニー

いやぁ~、今までの作品と全然違います。あっかる~いです。
これまた、原作のアニメよく覚えてないんで、エロいなって事しか覚えてないんですが^^;、主人公 如月ハニーって、こんなにノーテンキだったのか( ゚д゚)?って感じ・・・

見所は、やっぱ、主人公演じるサトエリこと、佐藤江梨子のコスプレワールドではないでしょうか(o^^)? いやぁ、着替える着替える色んなサトエリが見れます。
サトエリは、注目してた女優でもアイドルでも無く、ワタクシ的には、むしろ興味無しだったんですが、結構、映画進むに連れ引き込まれます。なんででしょね~妙なノスタルジックさを持つ映画です。

内容的には、いわゆる お馬鹿映画のジャンルですね
(そんなジャンルあんのか?)

序盤のテンポも悪く、笑えないんですが、進むにつれ、こんな役者がこんな事までやってんだ~ってのと、先にも言った、妙なノスタルジックさに狩られ、面白おかしくなってきます。

ギャグ漫画をドラマ化、アニメ化すると原作のテンポの良さが失われることが殆どなんですが、これは、絶妙の線で、ギリギリ間合いを保ってるって感じです。・・・って、キュティーハニーはギャク漫画だっけ?

ん。ま、何も考えずに、この世界観を堪能できれば、結構面白い映画だと思います。何しろ、ムラジュン及川ミッチーハイリ嬢、他の役者さんも、なんか楽しんで映画撮ってる感じが伝わってくる作品ではありましたね。

ちなみにこの作品、エヴァンゲリオンの庵野秀明さんが監督なんですねぇ。知らなかった。キャラデザインに貞本義行さんもいるし・・・それにもまして、キャラデザインに寺田克也氏と出渕裕氏がいたのにはオドロキです。
「デジタルコミックシネマ」(ハニメーションでしたっけ?)というだけの面子は揃えてある感です。

役者といい、スタッフといい、いやぁ、このメンツで、よくこんなの作ったなって感じなのですが、不思議と見て損した感じはしませんでした。。。DVDはセコハンでも買わないけどね。・

作ってる側がみんな楽しんで作ったんだろうなぁ~って映画だと思いますた。


ポチッと↓
人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/05/11

電◆御茶!電車

Theデザート版 『電車男』 読みました

 Theデザート 2005年 6月号(5/10発売)
 作画:御茶まちこ 巻頭165ページ

デザート版電車男


まず。びっくりした!

何がびっくりしたかってぇと、名前を設定したコト

電車男:斎木郁海(さいきいくみ)、
エルメス:小日向舞(こひなたまい)だそうな…(・ω・;
 …小日向だったら文世だろ~とヒトリゴチてみる…

考えてみれば、そりゃそうか、

2ch上だけなら、名前なんていらいないが、

電車男とエルメスのリアルな物語として

彼ら側から書こうとしたら、

電車男とエルメスの絡みがある訳だから、名前無いと困るもんな

・・・映画もそうだよな
・・・山田電車中谷エルメスにもきっと名前つくんだろうな~…

やっぱ、映画のニュアンスは、この作品に近くなりそうな予感…


にしても、すご、、、

なんか原作電車と大分違う

…めちゃ明るく前向きで、こぎれい・・・

 ちと設定懲りすぎの感・・・

 で、淡々と進む・・・

ん~~~先行3誌とは、だぁ~いぶイメージ違う。

少女誌だからですかね。

2chスレの毒々しさがだいぶ薄まっています。

個人的にはイマイチだな~。

でも、やっぱ、映画化には一番近い存在か?

時期も近いことから、映画の宣伝も入ってるし・・・
デザート 電車映画宣伝

ちなみに、2chには縁遠い雑誌という事で、
2chや電車男の要点まとめのページが
3ページに渡って掲載されてます。
デザート2chと電車の説明
イマサラですが…電車とエルメスの出合いは京浜東北線だったんだ^^;


さて結論ですが^^;

これで映画化なら、マシンガントークの こっち の方が
おもろいと思いますた・。・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/05/10

社◆たっ琢磨が!

佐藤琢磨で検索してたら こんな記事が・・・

-記事一部抜粋-

8日午後3時25分ごろ、釜石市港町2の国道45号の
釜石高架橋で、大船渡市三陸町吉浜上野、会社員、
佐藤琢磨さんの乗用車が対向車線にはみ出し、
RV(レジャー用多目的車)と正面衝突した。・・・
毎日新聞 2005年5月9日


スペイン撤収後、岩手にいたとは・・・

って、同姓同名の人っているもんですね。

私も、学生時代、同姓同名の人が、事故で亡くなって、
あっちゃこっちゃから、電話もらったことありました。
ご冥福をお祈りします。

ちなみに、先週金曜日に、わたくし,
仕事で、その現場、走ってます・・・


記事全文は、こちら
MSN-Mainichi INTERACTIVE 都道府県ニュース
交通事故:
正面衝突で5人死傷--国道45号・釜石高架橋 /岩手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/09

R◆スペイン決勝

ライコネンついにジンクスを破りポール・トゥ・ウィンです!

ミハエルは、リアに続きフロントのタイヤがパンクしてリタイヤ。
バリチェロも9位で、フェラーリ、ノーポイントに終わっちまいました。

ん~あとは、大味なレースでしたね。

細かい状況は、やっぱりここ↓のんすとさん

わが生涯に一片の悔いなし
2005F1Round5 Spanish GP 【決勝結果】

です。

しかし、地元ドライバーが強いと観客染まりますね~
スペインは、ルノー アロンソの母国
スタンド殆ど青でした(w

いいお国がらです。


さて、BAR問題ですが、のんすとさんの言うようにレギュについての考え方は私も同感です。

ただ、F1の場合、良かったり、悪かったり、厳しかったり、甘かったり・・・釈然としないレギュ運用に問題ありだと思うんですよね。最低重量は、乾燥重量なのか、レース中のGAS,OIL等油脂類含んだ重量なのか?何で今更そんな事で議論してるんでしょう?って感じです。つまり盲点突かれるようなレギュだった訳だ・・・。それで、「これは、深刻なレギュ違反だ。全戦出場停止を要求する」って、なんか釈然としないよな。

1戦~3戦は良かった。でも4戦目はダメだった。
4戦目にしても当初の車検は甘かった。でも、後から厳しくなった。

なんで、ここに来て急に・・・って感じもする。
ポイント獲得した途端でしょ?
なんか、狙ってた感ありありだよなぁ。

入賞したからチェック厳しくしましたってコトなんですかね?
入賞してなきゃ何しててもOKってコト?
そんな草レースぢゃないんだから、
車検はイコールでやって欲しいよなぁ

(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/08

R◆スペインGP

予選1回目見ました。

モントーヤ復帰。
マクラーレン ライコネン今回こそ、結果だして欲しいもんですね~
おや?TOYAOTA復活?BARいない分頑張ってほしい。
う~む、フェラーリなんだ?どうした?ミハエル・・・
やっぱ、アロンソ好調!

こんな感じ・・・詳しくは、こちら↓

わが生涯に一片の悔いなし
2005F1Round5 Spanish GP 【予選1回目】

個人的には、復帰したマクラーレンのモントーヤに注目。
片やライコネンを見る限り、マシンの調子は良いと思われます。
モントーヤいない間、代役のデ・ラ・ロサブルツ頑張ってましたからね~。イイとこ見せなきゃダメでしょう!
モントーヤらしい暴れん坊の走りを!期待してます。

今回、琢磨いないし、マシン性能も考えて、かき回すコトができそうなアグレッシブなドライバーってモントーヤしかいないと思う。出来なきゃ、次戦は、デ・ラ・ロサと交替だ!
オレが監督ならそうする。。。^^;

ラルフもアグレッシブだと思うけど、なんか個人的にはアグレッシブな暴れん坊って言うより、わがままな乱暴者って感じがするので、期待薄・・・別な意味でかき回したりは、するかも・・・

-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-

BAR HONDAの出場停止について・・・

しかし、なんですな。色々読み漁ってますが、何でこうF1の裁定ってのは、ユルユルだったり、馬鹿みたいに厳しかったりするんでしょうね。正直、ワケ判らんです。レギュ云々より、利権絡んでるとしか思えんとですよ。

本件についての参考ブログ

JD990 さんの
CL7 ist:BARホンダ問題 続報


ホンダが言うには、FIA国際裁判所の裁定で、「チーム側に不正行為があったとは一切認められない」と言ってる訳しょ?それでもFIAは有罪判断を下した訳だ・・・しかも、あんな厳しいペナルティー・・・

また、バーニーは、追い討ちをかけるように

「これはきわめて軽い処分ではないのかね。」

なんてコメントを出してるようだし・・・

亜久里さんのコメントで、「出場全チームの承諾があれば、モナコは走れる」という話に期待するしかないんですが、

TOYOTAチームのガスコインなどは、

今季の残り全レースの出場停止などを求めていたFIAの姿勢に賛同する雰囲気も漂わせ「ホンダはとてもラッキーだと思う」

などと、ほざいているようです。

ドライバーからは、琢磨やバトンに同情票が、集まっているようですが、チームとしては、やっぱ一筋縄ではいかないようです。特にTOYOTAのガスコイン、早々にこんなコメントだしやがって、むかつきますな。

とりあえず、ホンダサイドからは、

FIA国際裁判所の裁定においては、チーム側に不正行為があったとは一切認められないとしており、我々がこのような厳しいペナルティーを受ける理由は全く理解できない。尚、チームと我々のパートナーの信用と誠意を傷つけるような行為に対し、強く抗議する。

我々チームの主張を世界中の皆様に理解いただけるよう、
FIA国際裁判所に提出した全ての資料を、
本日の午後、ウェブサイトwww.BARHondaF1.com
掲載する予定でいる。

(資料は英語のみ、下記リンクでご覧いただけます)

Click here to view PDF document (1.7Mb)

とのコトですので、誰か↑PDF訳してください。^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/07

映◆キャシャーン

次~ 「キャシャーン」 2004年

cas

「CASSHERN」と書くのが正しいのかな?これは・。・
原作のキャシャーン ファンの皆様からは、『これはキャシャーン』ぢゃないと、叩かれっぱなしの作品になってるようです・・・。

ワタクシ世代的にはキャシャーン世代なんですが、あまり見てなかったんですよね。なんだろ、その頃あった胸ワクドキドキもんとは、やはり一線を画していた感があります。つまり、子供が見るにはヘビーだったと・・・わたくし的には「ハリケン ポリマー」を見てました。余談ですがハリケンって確か漢字で書いてたはずだけど覚えてない・・・「破裏拳」だったような?

その原作を知らないからなのか、ワタクシ的には、この作品、秀逸だと思っています。一言で言えばクールな上に日本映画特有の切なさがあります。唐沢寿明の演技光ってますね。

映像的には、CGと実写の融合なんですが、さすが映像作家です、高次元で融合させていると思います。ストーリーとしてカットのつなぎに違和感覚えるところもありますが、全体通して、とにかく映像的に美しいと言えるでしょう。

ストーリーがキャシャーンなのか違うのか、原作知らないので、なんとも言えないのですが、子供の頃の記憶・・・ヒーロー物として暗かった主人公、難解だった物語という印象・・・からして、違和感は覚えませんでした。逆に、こんなストーリーだったなら、今から「原作見返してみたいな」とさえ思えます。


邦画作品というのは、共存共栄の文化を持ってきた日本人特有の答えの無い命題をテーマとする傾向が強く、それに切なさが宿ります。簡単に言うと、思春期に覚える「何の為に生きるのか?」という命題「何故一緒に仲良くできないのか?」という素朴な疑問。つまりは「エゴと協調」の融和点を探る物語。これらは、日本人が好きなテーマ というか、日本人が共通に内面世界に持っている極めてプリミティブで、でも答えの無いテーマ。米作品のヒット作の多くが、キリスト教の影響を多く受けるように、これらは、日本人作家達の、制作創作活動のモチベーション足り得、即ち邦画作品に影響を与えているものなのだと思います。
考えてみれば、前回紹介した「アップルシード」もそうだよな。

映像作家、CGクリエイターの監督作品は、映像的に秀逸であっても、物語として中身は薄い というのが定説ですが、この作品を見る限り、監督の宇多田の旦那さん(紀里谷和明)は、日本人が好きなテーマを キャシャーンというモチーフで、それを具現化、監督の感性(読解力)として、キャシャーンという叙事詩を作ってみた というところでしょう。例えば、登場人物の一人(西島くんや寺島さん)をとってみても、それぞれのストーリーがキチン見え隠れします。


そういう視点で、シーンを含め名台詞だなと感じたものを3つ程、
(以下ネタばれ注意)

●新造人間誕生の泉?で、西島秀俊が、寺尾聰に向かって言う台詞

 「茶番だ・・・」
 「命というものが、たった一つで無いのなら、
  我々は何の為に、必死になって生きているのですか!」


 あまりどこでも、触れらていませんが、このシーン 西島くんの演技がイイ。
 親子の葛藤も内在しながら、親の罪もひっくるめて、もう死も覚悟しているかの如く、すべてを清算してやるという決意…伝わってきます。後半のシーンに見事に繋がっています。

●唐沢寿明が、主人公 伊勢谷友介に向かっていう台詞

 「おまえにとって、善とはなんだ!悪とは、なんなのだ!」


 とにかく、この作品、唐沢寿明の演技が、光まくってます。唐沢さんの演技力は素晴らしい。

●寺尾聰が、息子 伊勢谷友介に向かっていう台詞

 「お前は、人を愛することがどういう事か知っているか?」


 といいながら、何のためらいもなく、息子の恋人の麻生久美子の頭を打ち抜くシーン。
 衝撃的でさえあります。単純な故に深い。


という訳で、褒めすぎ?
さらに褒めると、エンディングの宇多田ヒカルの詩も 作品にあってて良いと思いました。

まぁ、わたし的には、DVD買っといてもいいかなと思える作品でした・・・セコハンでですが・・・(^^;


仙台人気Blog Ranking blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/05/06

ア◆アップルシード

はい、次、「アップルシード」 2004年

アップルシード

フルデジタルアニメの作品。背景やメカはものすごくキレイですね。人物の動きもモーションキャプチャーっていうんですかね?物凄く滑らかです。

背景の細かさ緻密さ、好きです。人物のアクションシーンも『おぉっ!凄いな!』って思うんですが、でも、なんか、この手の作品は、なんつーか、背景と人物に物凄いギャップがある感じが否めないんですよね。ワタクシ的には・・・ ・。・

アクションシーンはいいとして、人物の滑らかさが、どうも見てて、浮いて見えてしまう。
居心地が悪いっていうか・・・例えるなら、むかぁ~し、TVでやってた海外アニメで口だけ妙に滑らかに動く映像が、トラウマとしてオーバーラップしてくる感覚です。・・・気持ち悪いんですよ。オレだけか?そんなトラウマ^^;

ただ、キレイなのは、間違いないです。トラウマを持つ私でさえ、目を見張るシーン(演出)がありました。

ひとつあげるとすれば、輸送機の中で、主人公のデュナン・ナッツが、相方のブリアレオスに、狙撃ミスったことについて、問いかけようとしてやめるシーンがあるんですが、疑念と信頼の葛藤から、何故を抱きながら信頼を選択する様子が見事。物凄くイイ表情と動きだと思います。これは気持ち悪くなかった^^;

ストーリー自体も結構面白いです。原作知らなくても楽しめると思います。ストーリーについては、上のリンク参照・・・手抜きだぁ・・・(^^;

ん~トラウマを克服して、DVD買ってもいいかな。せっかくキレイだし。と思える作品でした。

ただ、なんで、主題歌とか日本語じゃないんでしょうかね~。アニメに限らず、邦画の主題歌で外国語の楽曲もってくると安っぽく聞こえてしまうのは、オレだけ?。?

あ、あと、原作、士郎正宗さんだけど、キャラクター見てると、キャラデザインって、唯 登詩樹?って思ったりしたんだけど?特に女性キャラの目が・・・オレだけ(?。?;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

映◆邦画三昧

ゴールデンウィークは、WOWOWで 邦画みまくってました。
何故か、邦画・・・
いや、たまたま、話題作だったものを連発でやってたんで、

「ドラゴンヘッド」、「キャシャーン」、「アップルシード」

見ちゃいました。
三作共通なのは、漫画絡みのCG作品ってトコですかね。

「ドラゴンヘッド」は、漫画原作の実写版
「キャシャーン」は、アニメ原作の実写版
「アップルシード」は、漫画原作のアニメ

ちなみに原作読んでるのは、「ドラゴンヘッド」だけです。
全部、さほど、評価が高くないものばかりです^^;
映画ファンの方々からは、酷評受けてる作品だったりします^^;

まずは、「ドラゴンヘッド」 2003年

D_H

ん~なんすかね。
巷で言われてる通り・・・駄作ですね。

原作知ってるから とか、そういう問題ぢゃないですね。そもそも、原作のイメージと違うってところは、私としては、問題にしない部分なので、どうでもいいんですが、2回見る気になれない作品です。
見るべきところが無い=見返したいと思うところがない。SAYAKAの活舌が悪くて何言ってんだかわかんない!と思っても、まぁいいやと流してしまって、ずぇんずぇん気にならない。・
私にとって、そんな作品でした。

まぁ、強いていえば、興味持った(見る気になった)のは、このチラシの顔、ノブオ役が、映画版、電車男役の山田孝之ってところでしょうか・・・(w


他の作品の感想は、また次回

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/04

電◆映画 電車 公式サイト

映画「電車男」の公式サイトが4/27にオープンした。

映画「電車男」公式サイト

3月29日にクランクインして、4月28日にクランクアップという僅か1ヶ月の超特急の撮影スケジュール。
制作日記を見てみると、現時点で、3月26日~4月2日までの様子しか記されていない。。。?
もう5月ですから、撮影は終了していると思われるが・・・出来上がっているのか?

この日記は、元々どこかにうpされていたものなのだろうか?
・・・忙しすぎて、書けなくなったのか?
にしても、4/27に公式サイトオープンして、制作日記がまだ序盤とは?

ん~よくよく見てみたら、どうやら、公式サイトオープンしてから、1日ないし2日ごとに、日記をうpしているらしい。
そうか、6月4日の映画公開前までに完了させようというコトか。。。つまり、今まで書き溜めた日記を少しずつ公開して、それまで引っ張ろうという腹だな。。。

まぁ、そんなコトはさておき、クランクアップの前日に、公式サイトオープンさせたのだから、撮影は無事すんだのでしょう・・・との思いで、うpされる日記を読み進めていく所存です。って宣言するほどのことでもないが^^;

しかしな、日記で

掲示板の住人が好んで使う疑似戦争を実際に再現しにいくのだ!!

って、あります、実際、爆破シーンとかもあるみたいです。
う~、どうなんだろ、迷彩服姿で、荒れ地をかけ周り、戦闘ヒーローもののような爆破シーンかぁ?
AAだからシャレになるんだけど、実際撮影されちゃうと、個人的には萎え・・。
映画単品として捉えた時に、初めてこの物語に触れる人が、その意味を説明なく感じられればいいんですけどね。恋愛ものだ~と思ってた人の前に、突然、戦場でしょ。。。要はタイミングと時間でしょうが、、、編集期待します。


とりあえず、公式サイトには、特報1本、予告編2本がうpされてます。
個人的に、電車とエルメスがいる車両外で、固まりになっている住人の映像は、「そういう表現もあるのか」と、イイ感じでしたね。まぁ、予告編ですから、それを本編で使うかどうかは?・・・
・・・制作期間短いから使うだろうな^^;


ま、なんだかんだ行っても、ここまできたら、どうであれ、見には行きますがね。


最後に、4月7日(木)のマスコミ向けの記者懇親会で、エルメス役の中谷美紀さんが、とっても重要なコトをおしゃっていたので、引用します。

原作を初めて読んだ時、読めない言葉が沢山ありました。例えば「お前ら」が「藻前ら」、「希望する」が「きぼんぬ」と書かれていました。また、アスキーアート(絵文字)なども馴染みのないものばかりでした。でも、読んでいくうちにそれら全てがとてもチャーミングに思えて来て、「ネット上でも人間らしい血の通った世界が営まれているんだなぁ」という印象を受けました。

この作品の凄かったところは、そういうことなんだと思います。


って書いてる間に、日記に4月3日分がうpされた・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/03

R◆インディもてぎ

インディもてぎ
TVで後半のみ見ました。

いやぁ、スーパー亜久里の松浦 孝亮凄かったっす!

ラスト20周!すげーパスシーン連発、脅威の追い上げ。
映像も DTMなんかで使ってるアングル変えられる車載カメラで、
サイドバイサイドのオーバテイクシーン
フォーミュラで初めてみました。

スリップ入ってから抜くまで、真横の車とのあの距離間!

迫力ありましたね~

F1でもあのカメラ使って欲しいな
今期なら面白そうだと思うんですが。。。


インディ、結構、ワタクシ的に退屈な場合多いんですが、
今回、後半20周は、面白かったですね。

見ごたえありました。

ん~録画しときゃ良かったな。


あ、松浦孝亮選手は、結局、表彰台

狙えるポテンシャル発揮しましたが、結局9位でした

↑ネタばれになる為、伏字です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/02

古◆古田さん登録抹消

あらら~
古田さん、かなり悪いようです。

BSデジタルのNHKデータ放送によると、

歩くだけで痛みがあり、熱も出ているようで、
若松監督と相談の上、出場選手登録を外れて
少なくとも10日間は欠場確定。

若松監督によると
「10日間で、戻ることができるかは判らない」
とこコト。

ん~心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/01

ス◆楽天初観戦

4/30行って来ました。
はじめて!楽天フルキャストスタジアム宮城!!

楽天-西武戦の試合観戦です。バックネット裏♪
知り合いでで行けなくなった人がいて、格安で入手しました。

仙台駅まで車で行って、駅東口の割安な駐車場へ車止めて
フルスタ最寄駅の宮城野原駅まで、電車で行きましたです。

これが、宮城野原駅のフルスタ口。
宮城野原駅
楽天の帽子かぶってます(w

駅からは徒歩5分ぐらいで
フルキャストスタジアム到着!
フルキャストスタジアム外

こちらは中!
フルキャストスタジアム中
7回裏の楽天応援歌直後の風船飛ばしは圧巻でした!
凄かったよ。でも、写真撮るの間に合わなかったっす
(>、<;

昼は、楽天スーパードッグなるものを食しました
楽天スーパードッグ
この顔型のポテトがもちもちしてて、結構旨かった♪

有名人もいました。
やくみつるさん
ぜんぜん判らないと思いますが、白い帽子被って赤い水玉模様のシャツきてる人が、やくみつるさんです。楽天の応援風景の取材ですかねぇ~

えっ!?試合は?って? 初回の楽天らしい安打を繋ぐ1点は、すげー盛り上がったんすけどね~ すぐ次の回に、あれって感じで、和田選手にホームラン打たれて同点にされちゃいました。見てて、なんか打ち取ったって感じがしたんですけど、あれ?入っちゃったって感じでした。 そこからは、どちらも0行進・・・岩隈投手の打たれたヒットは、その和田選手のホームランだけだったんだけど、6回降板しちゃいました。なんでだろ?最初から、その予定?まぁ、その後、後続のピッチャーもよく抑えてた。小山投手のフェルナンデス、カブレラから連続三振とったのは結構しびれました。 ヒット数も断然、楽天の方が多かったんだけど・・・散発・・・繋がらない・・・なんつたって長打が無い・・・1-1で延長までもつれこんだんですが、結局・・・フェルナンデス、カブレラでやられました・・・4-1です。

ん~田尾さん、頑張れ!


仙台人気Blog Ranking blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »