« ア◆アップルシード | トップページ | R◆スペインGP »

2005/05/07

映◆キャシャーン

次~ 「キャシャーン」 2004年

cas

「CASSHERN」と書くのが正しいのかな?これは・。・
原作のキャシャーン ファンの皆様からは、『これはキャシャーン』ぢゃないと、叩かれっぱなしの作品になってるようです・・・。

ワタクシ世代的にはキャシャーン世代なんですが、あまり見てなかったんですよね。なんだろ、その頃あった胸ワクドキドキもんとは、やはり一線を画していた感があります。つまり、子供が見るにはヘビーだったと・・・わたくし的には「ハリケン ポリマー」を見てました。余談ですがハリケンって確か漢字で書いてたはずだけど覚えてない・・・「破裏拳」だったような?

その原作を知らないからなのか、ワタクシ的には、この作品、秀逸だと思っています。一言で言えばクールな上に日本映画特有の切なさがあります。唐沢寿明の演技光ってますね。

映像的には、CGと実写の融合なんですが、さすが映像作家です、高次元で融合させていると思います。ストーリーとしてカットのつなぎに違和感覚えるところもありますが、全体通して、とにかく映像的に美しいと言えるでしょう。

ストーリーがキャシャーンなのか違うのか、原作知らないので、なんとも言えないのですが、子供の頃の記憶・・・ヒーロー物として暗かった主人公、難解だった物語という印象・・・からして、違和感は覚えませんでした。逆に、こんなストーリーだったなら、今から「原作見返してみたいな」とさえ思えます。


邦画作品というのは、共存共栄の文化を持ってきた日本人特有の答えの無い命題をテーマとする傾向が強く、それに切なさが宿ります。簡単に言うと、思春期に覚える「何の為に生きるのか?」という命題「何故一緒に仲良くできないのか?」という素朴な疑問。つまりは「エゴと協調」の融和点を探る物語。これらは、日本人が好きなテーマ というか、日本人が共通に内面世界に持っている極めてプリミティブで、でも答えの無いテーマ。米作品のヒット作の多くが、キリスト教の影響を多く受けるように、これらは、日本人作家達の、制作創作活動のモチベーション足り得、即ち邦画作品に影響を与えているものなのだと思います。
考えてみれば、前回紹介した「アップルシード」もそうだよな。

映像作家、CGクリエイターの監督作品は、映像的に秀逸であっても、物語として中身は薄い というのが定説ですが、この作品を見る限り、監督の宇多田の旦那さん(紀里谷和明)は、日本人が好きなテーマを キャシャーンというモチーフで、それを具現化、監督の感性(読解力)として、キャシャーンという叙事詩を作ってみた というところでしょう。例えば、登場人物の一人(西島くんや寺島さん)をとってみても、それぞれのストーリーがキチン見え隠れします。


そういう視点で、シーンを含め名台詞だなと感じたものを3つ程、
(以下ネタばれ注意)

●新造人間誕生の泉?で、西島秀俊が、寺尾聰に向かって言う台詞

 「茶番だ・・・」
 「命というものが、たった一つで無いのなら、
  我々は何の為に、必死になって生きているのですか!」


 あまりどこでも、触れらていませんが、このシーン 西島くんの演技がイイ。
 親子の葛藤も内在しながら、親の罪もひっくるめて、もう死も覚悟しているかの如く、すべてを清算してやるという決意…伝わってきます。後半のシーンに見事に繋がっています。

●唐沢寿明が、主人公 伊勢谷友介に向かっていう台詞

 「おまえにとって、善とはなんだ!悪とは、なんなのだ!」


 とにかく、この作品、唐沢寿明の演技が、光まくってます。唐沢さんの演技力は素晴らしい。

●寺尾聰が、息子 伊勢谷友介に向かっていう台詞

 「お前は、人を愛することがどういう事か知っているか?」


 といいながら、何のためらいもなく、息子の恋人の麻生久美子の頭を打ち抜くシーン。
 衝撃的でさえあります。単純な故に深い。


という訳で、褒めすぎ?
さらに褒めると、エンディングの宇多田ヒカルの詩も 作品にあってて良いと思いました。

まぁ、わたし的には、DVD買っといてもいいかなと思える作品でした・・・セコハンでですが・・・(^^;


仙台人気Blog Ranking blogランキング

|

« ア◆アップルシード | トップページ | R◆スペインGP »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

コメント

GOKさん、こんばんは~♪
原作を知らないせいか、正直ビジュアルに訴えるだけの映画という印象も少なからずありました。でも、思った以上にメッセージ性の強い作品だったのですね。
これはますます観てみたくなりました。

投稿: 小夏 | 2005/05/09 21:32

わっ!小夏さんだ…
やべ、見られた(/-\)イヤン

ま、一個人の感想ってコトで、責任は持ちませんよ~^^; 持ちませんが、見たら、是非、感想教えて下さいね~(勝手;

投稿: GOK | 2005/05/09 23:18

キャシャーンを観ると、どうしても花粉症を思い出してしまふ・・・・

投稿: OKA | 2005/05/11 01:00

そういえば、マスク姿のウド鈴木のキャ●ーンって画像が…(w

投稿: GOK | 2005/05/11 03:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/4017471

この記事へのトラックバック一覧です: 映◆キャシャーン:

» 「麻生久美子」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 麻生久美子 」の検索結果で、「カゴの中の鳥 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005/05/09 00:09

» アップルシード [映画&DVD]
アップルシード『アップルシード』 (APPLESEED) は、士郎正宗のメジャーデビュー作となるサイエンス・フィクション|SF漫画。未完。OVA版が1988年4月21日に発売され、映画版が2004年4月17日劇場公開された。Wikipediaより引用...... [続きを読む]

受信: 2005/07/11 09:42

« ア◆アップルシード | トップページ | R◆スペインGP »