« 古◆ブログ本発売! | トップページ | Q◆すご8詳細レポ6 »

2005/11/22

Q◆すご8詳細レポ5

TACKMIX PARK -
-Q!!Maru_2005_8時間耐久レース/レースリポート
-Tackmix WIKI

決勝レースのレポート虎場は↑こちら↑


<決勝編その1>

決勝グリッドに並ぶハイランド勢3台

ポールポジション
マケラーレン・セメルデス
スタートドライバー:いZM選手!
マケラーレン・セメルデス

2位
Sakunami Racing ver2005
スタートドライバー:COM僧選手!
Sakunami Racing ver2005

3位の畳屋さんチームを間にはさみ

4位
ZIONこけし共和国 下半身イチゴ屋
スタートドライバー:のんすとH選手!
ZIONこけし共和国 下半身イチゴ屋


そして、2005年11月6日(日)午前10時37分!!
いよいよ、8時間耐久レーススタートです。


スタートの模様は、こちら↓(動画)
Project356-車ネタでワショーイの毎日:8耐、スタートしました!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
で、決勝詳細は→≪こちら≫

ってやりたかったんですが、誰も書いてないようなので、
とりあえず、記憶と結果の範囲でかいてみます~

補足、TBとか、虎場とか、虎馬とか、トラバヨロ・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

スタートは、フロントロウの2台がやや失敗。
して、オープニングラップはどうなったか失念^^;
したが、結局3、4位の2台が前を抑えることはなく、
予選どおりの順位で、落ち着く。

ここで、走行に関する規定について記すと

 ドライバーチェンジは、8回。
 つまり9スティント
 =最低のべ9人のドライバーで走らなければならない。

 8時間であるから、一人あたり、53分20秒という事になるが、
 ドライバーの連続走行時間は55分と決められている。
 規定をオーバーすると周回数減算の厳しいペナルティが
 待っている。

 SUGOのFK-9でのラップは、1分強。

 コントロールタワー前を54分で通過しては、間に合わない。
 ピットロードで遅くなる事を計算しても52分では早すぎる。
 53分ってところで、切っていって、あとあと余裕を持たせたい
 ところではあるが、スピンしたら一発アウトである。

 9スティントは、いかにシビアな作戦かお分かりだろう。


しかし、今回、我々
ZIONこけし共和国 下半身イチゴ屋は、
そのシビアな作戦で行こうと決めていた。(勝手にw)

否、出来る自信があったのだ!!(根拠は無いがw)

まぁ、名タイムキーパーのあみぃさんがいたから
時間管理を任せられたので、
後は入れるタイミングの判断にだけ集中できる
と思ったコトが大きい。

かくして、我々、
ZIONこけし共和国 下半身イチゴ屋は、
確実にスティントをこなして行く。

のんすとH
のんすとH 53’34・・・14秒のマージン

シェー部長
シェー部長 51’53
げっ( ̄□ ̄;部長早く入れすぎた・・・-1’13足りない
何ビビってんだよ俺 orz

そうぷM
そうぷM 53’33
ちょっと挽回・・・・でも-1’00足りない。・

 あと6スティントで1分挽回だから、53’30は、
 走ってもらわなければならなくなる計算だ。
 ほんとシビアだわこの規定。

 ちなみに2時間経過で、現在3位 108周、
 TOPのマケラーレン・セメルデスとは、2週差
 4位のTeamKUMIには1周差をつけている。


そこで、一番安定度のあるNABEで一発賭けに出る
(もう賭けるんかよw)
NABE
NABE 54’26・・・v(^^)v一気に挽回!6秒のマージンを得る。
さすがNABEだ、こやつスピンしたの見たことない。

そして、ワタクシ
GOK
GOK 52’57・・・( ̄∀ ̄; マージン失う・・・-17秒

 ちなみに、
 このスティントGOKは、SUGOにて、
 初めて畳社長と絡む。

 ここまで、ずーっと、順位は3位で、変動は無い。
 周回数は215週。
 ただ、ラップタイム差にり徐々に上位2台とは
 離される状況だった。
 4時間経過で、TOPとは5周差までに広がっている。

 逆に4位の畳社長チームKUMIとも
 差は広がっており、3周差をつけて、我々が前だ。

 そんな状況(マシン状態の優劣がついている中で)、
 初めて、まともにFK-9の帝王 畳社長とバトルした。
 当然、こちらの方がマシンコンディションはよく、
 速かったので、思い通りに抜けたのだが、、、

 一旦抜いた後、周回遅れに中途半端に絡んだところを
 スパッと!抜き返される。
 あ、このラインやばいと思った時には後の祭り。
 サスガである。→畳屋さんコメント

 でも、やっぱマシン差はあったので、最終コーナー
 立ち上がりからメインストレートで抜き返す。

 そんなGOKの姿を見て、動揺してる!
 と判断したサインエリアのシェー部長から
 戻って来いの合図が・・・
 多分1周早めのピットインだった気がするナ・・・

 ま、タイムマージンのコトはさておき、
 オラ、バトルしてて、動揺なんか、しないっすから~
 ダルダルになることは、ありますがw

さて、上位の方はというと、4時間経過時点で
1位マケラーレン・セメルデス 220周
2位Sakunami Racing ver2005 219周
で順位変わらず。


下位の方では、
予選、9位だった
パイアオニア・福井の銘酒関西・片山が猛追。
TEAM バカ息子までをかわし、
GXマシンのファイト一発ホンダと同一周回の
6位まで浮上。

≪つづく≫



ちなみに、本記事は、憶測です。
ポチっと。
人気blogランキング


◆注意◆
画像は、シェー部長、および、KONxyz様の画像を使用しており、
著作権は、それぞれ、お二人に帰属します。

|

« 古◆ブログ本発売! | トップページ | Q◆すご8詳細レポ6 »

13 SUGO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/7226607

この記事へのトラックバック一覧です: Q◆すご8詳細レポ5:

« 古◆ブログ本発売! | トップページ | Q◆すご8詳細レポ6 »