« Q◆すご8耐にて! | トップページ | 芸◆危険なアネキ(その2) »

2005/11/07

芸◆訃報

びっくりです。言葉になりません。
なんで?って・・・
長山洋子さんの「なんてひどい神様なの」と同じく、
この世に神はいるのかよっ!!!て心境です。

運命とはいえ、運命なのかよ! と
世の中不公平だなと・・・
久々に絶句する出来事です。


<訃報>
歌手の本田美奈子さん、急性骨髄性白血病で死去
Excite エキサイト : ニュース(11月06日 14時09分)

Yahoo!ニュース - スポーツニッポン -
親友の南野陽子、岩崎宏美ら絶句、号泣
(11月7日6時3分)

Yahoo!ニュース - デイリースポーツ -
早すぎる…本田美奈子さん急死
(11月7日10時54分)

Yahoo!ニュース - 夕刊フジ -
一時退院の予定が…本田美奈子.さん壮絶死
(11月7日17時1分)

上記中からスポーツニッポンの記事全文↓

 38歳の早過ぎる旅立ち――。本田美奈子さんの悲報に、ミュージカルなどで共演してきた役者仲間・先輩、アイドル歌手時代の同級生らは絶句、親交の深かった南野陽子(38)は号泣した。「レ・ミゼラブル」(97年)で同じ舞台を踏んだ歌手の岩崎宏美(46)は、亡くなる前日の5日も病床で励まし「天使のような子でした」。ミュージカルデビュー作「ミス・サイゴン」(92年)で共演した俳優の市村正親(56)は「悔しい」と語った。
 本田さんと長年の親交があった南野は6日、東京・中央区の明治座で出演舞台「細雪」の公演の合間に悲報を聞き号泣した。関係者によると、昼の公演終了後にスタッフから知らされ、1人で楽屋にこもり大泣き。「ショックが大きくコメントできる状態ではなかった」(所属事務所)と明かしたが、午後4時からの夜の部では、悲しみをこらえ気丈に舞台に立った。
 同い年の2人は堀越高校時代はクラスメート。仕事の面では南野が1年先にデビューした“先輩”だったが、「グリコ」のCMで共演するなど公私ともに仲が良かった。
 本田さんの闘病中にたびたび病室を訪問。3日に昏睡状態に陥った直後にも見舞っていた。今年8月19日に放送されたテレビ東京「たけしの誰でもピカソ」の本田さんを応援する特別企画にもゲスト出演、ミュージカル「ミス・サイゴン」で歌う本田さんのVTRを見て、涙ぐみながら「待ってるから」とエールを送っていた。8日の通夜には、舞台の公演後に駆けつけるという。
 85年にデビューしたアイドル同期生たちも、悲しみに包まれた。森口博子(37)は「退院後の8月に“だいぶ元気になったよ!がんばるね”とメールをもらいました。ハートマークいっぱいのパワーあふれる言葉に、逆に私が元気づけられて、また一緒に歌える日を楽しみにしていたのに」と信じられない様子。堀越のクラスメートだった長山洋子(37)は号泣。「治ると思ってたのに…。なんてひどい神様なの」と言葉にならなかった。芳本美代子(36)は「突然の訃報(ふほう)に驚いております。同期の美奈子さんの活躍は励みにさせていただいておりました」と肩を落とした。
 ≪岩崎「天使のような子」≫本田さんが入院してからも数回お見舞いに訪れていたという岩崎は「奇跡を信じていました。最後まで病気と真正面から闘う姿を見ていたので悔しくてなりません」とコメント。さらに「人の悪口を絶対言わない天使のような子。仕事先で私のポスターを見たよと、よく写真をメールで送ってくれた。今、私の携帯には美奈子からのメールがいっぱい入っています」と明かした。
 本田さんがミュージカルの世界に羽ばたく姿を、間近で見ていた市村は「その後の美奈子にとって、ミュージカル活動はなくてはならない存在になりました」と振り返った。「治ったらまた一緒の舞台をやりたいと思っていたのに、残念というより悔しくてたまりません。なぜこんなにも早く…」と悔しさをにじませた。
 本田さんが降板した3月の「レ・ミゼラブル」で代役を務めたマルシア(36)には、代役公演後に「ありがとう」とお礼のメールが届いていた。「美奈子さんと歌いたかった。いつか同じ舞台に立ちたかった」と強い悲しみを示した。
 03年に「十二夜」で共演した大地真央(49)は「私のことをとても慕ってくれた美奈子ちゃんの笑顔を思うと、胸が張り裂ける思いです。病床のつらい中からもお手紙をくださった」と声を詰まらせた。
 ≪夕貴「信じられない」≫今年5月に上演されたミュージカル「クラウディア」で本田さんの代役を務めた工藤夕貴(34)は「信じられない」と話した。昼間にマネジャーから聞かされたようで「良くなっていると聞いていたので本当にびっくりした。何かの冗談でしょ」とぼうぜん。「デビュー当時から尊敬していて、親せきと噂されることもあったので特別な存在。本当に残念です」と肩を落とした。
 岸谷五朗(41)、寺脇康文(43)ら同ミュージカルの出演者で応援ビデオを作ったエピソードも明かした。「舞台期間中はみんなずっと気にしていた。岸谷さんと寺脇さんの楽屋から本田さんの曲がよく聞こえてきた」
 2年前にテレビ電話で話をしたのが最後。「本田さんには遠く及ばなかったと思う。私のクラウディアどうでした?って聞きたかった」と話した。

デビュー当時のキャンペーンの時、
地元の大型スーパーにあったサテライトスタジオで、
歌っている姿を偶然みかけたのが、最初。
その歌声が、当時のアイドル達と一線を隠していて、
凄い声量で、あんなちっちゃいのにスゲーなと
しかも上手い!と思って、
デビューシングル「殺意のバカンス」を買った記憶があります。

一時期あまり見なくなったなと思っていたら
舞台女優として、見事なまでに地位を確立してきてましたよね。
みたまんま、頑張りやで、仕事に対して、生きる事に対して
真剣な人なんだなというのが、伝わる数少ない女優の
一人だったと思います。

ほんとに、ほんとに、ほんとに、ご冥福をお祈り申し上げます。

でも、やるせないなぁ・・・




ポチっと。
人気blogランキング

|

« Q◆すご8耐にて! | トップページ | 芸◆危険なアネキ(その2) »

50 芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ホント、「なんてこった!」の気分です。
私、けっこうファンだったんですよ。
だから残念で悔しくてなりません。
復帰を信じて辛い治療にも耐えて笑顔で頑張ってきたのに・・・。
本当に神様はいないのか?って感じです。

投稿: 小夏 | 2005/11/09 15:00

当日カートレースにいそしみ
何気に小夏さんのページに飛んで

え゙っ( ̄□ ̄;絶句・・・

いや、ほんと、びっくりしました。

・゜・・゜・[*>Д⊂*]ひどぃよぉぉ・゜・・゜・

投稿: GOK | 2005/11/10 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/6945426

この記事へのトラックバック一覧です: 芸◆訃報:

« Q◆すご8耐にて! | トップページ | 芸◆危険なアネキ(その2) »