« R◆カートの予定 | トップページ | ア◆カペタ(中学生編) »

2006/01/10

H◆HR耐久最終戦

すっかり忘れていた感のある
11/23に行なわれた
ハイランド耐久レース最終戦 2時間耐久レースの
レポートなんぞを・・・

と思ったけど、レポート書けるほど覚えてません(^^;

今更ですが、トピックスを・・・少々。


独自に耐久ポイントなんぞを集計しておりましたが、
最終戦を迎える前のポイント状況としては、
下半身タイガースの
将軍様こと シェー部長COM僧、英翁
ペペチームの
OKAちょ、コーゾー、ソープ
の6人が137ポイントで並んでおりました。

どういう組み合わせで耐久最終戦に挑むのか?
スプリントでは、OKAちょにしてやられた英翁が、
雪辱を果たすのか!!

興味は、つきないところでありました。

かくして、参戦メンバーは、
ペペチームは不動のメンバー
OKAちょ、コーゾー、ソープ

そして、下半身タイガースは、COM僧が抜けた為、
シェー部長英翁に加え
マケラーレンセメルデスのカミ・ライコネン氏
なんと、SUGO8耐でおなじみのTeamKUMIのTackmix氏
メンバーに加えてきました。

カミ・ライコネン氏は、先の8時間耐久のウィナー!

そして、Tackmix氏はスポーツカート界で、
セナと言われる男。
プロフェッサー(いわゆるプロスト)と言われる英翁
組むってーのは、前代未聞の出来事です。

重鎮そろい踏み!なんて豪華なドライバー陣だ。
こんなラインナップを見れるなんて!

この夢のドライバーラインナップを演出できたのは、
シェー部長の多大な尽力があった事を
付け加えておかなければならない。
なかでもTackmix氏を口説き落とすのに
数十時間を要した事をここに記しておくw

その豪華ドライバー陣の様子は、
部長の秘密倶楽部の記事No 2061を参照されたい。

さて、他のところはさておき、1GO1Aのラインナップだが、
GOK、NABEに加え、ツネ皮氏と組む予定であったが、
ハイランド69様のご指名により、
8時間耐久でも助っ人頂いた
のんすとっぷの変みちゃん
8耐ウィナーであるいZみ選手
の4名体制で挑む事になった。
これまた期待が持てる面々ではあった(何故か過去形w)。


さてレースの方であるが、
タイトラでポールを取ったのは、わが1GO1A!!
もちろん時計叩きだしたのは変みちゃん

こりゃ期待できそー♪

渦中の2チーム 下半身とペペであるが。
下半身が、3位。ペペが5位といった状況である。

タイトラ結果は以下の通り

1位:いちごいちえ・ラ・メイプル
2位:756R(ナゴムレーシング)
3位:下半身フェアリーテール
4位:タイムボカーン!
5位:ペペキャッスル山形
6位:スピードスローズ
7位:初対面
8位:さとピョン-(ナースでイッちゃいな)-
9位:よせあつめ
10位:NIHEI's RACING
11位:コスモレーシング

決勝は、スタート早々、
下半身チームのアクセルペダルが、折損し、赤旗中断。
スタートやり直すという事態に・・・

ちなみに、この決勝レースで下半身は26号車。
これは、1GO1Aがタイトラで使用したマシンであった。

ちなみに、前回レースでも予選で1GO1AのNABE
使用したマシンを
決勝で、下半身のシェー部長が使用した途端!
タイヤが外れるというトラブルが起きている。

もちろんこれは、将軍様の意向により
1GO1Aがネタを仕込んで、
下半身チームがネタを披露しているからに他ならない・・・
(っていうのは嘘ですからね^^;)

で、決勝再スタートしましたが、
下半身チームは、レース中またもやアクセルペダルが折損し、
苦戦を強いられる結果に・・・

そして、1GO1Aもよもやまさかのペナルティ!
銘酒 変みちゃんが、何を血迷ったのか
ピットインの際にタイヤバリアのシケインに接触し30秒
ペナルティ・・・あちゃーこんな事もあるんだにょ~・・・
実力拮抗の中 苦戦を強いられる。

で、結果なのですが、
(スマソ他の状況ほんっと覚えてないわ)

1位:213周:タイムボカーン!
2位:213周:ペペキャッスル山形
3位:213周:さとピョン-(ナースでイッちゃいな)-
4位:213周:下半身フェアリーテール
5位:212周:756R(ナゴムレーシング)
6位:212周:いちごいちえ・ラ・メイプル
7位:210周:初対面
8位:208周:NIHEI's RACING
9位:204周:よせあつめ
10位:204周:スピードスローズ
11位:194周:コスモレーシング

という結果となりました。
なんと、1~3位までALL山形勢( ̄□ ̄;
宮城勢完敗です。

この結果により、
ハイランド耐久シリーズとして勝手に
ポイントつけていた結果は、
ペペチームの
OKAちょ、コーゾー、ソープ
の3名が、161ポイントでタイトル獲得です!!

シェー部長、英翁は、154ポイントで
下半身チームが2位チームとなりました。

しかし、この2時間耐久レース、結果だけみても凄いっすよね。
2時間走って、1~6位まで1周差ですよ。
正に実力拮抗のレースでした。
タラレバですが、
下半身チームのアクセルペダル折損がなければ、
耐久ランキングもどうなっていたか判りません。
ま、それも含めてレースですがね。

ちなみに、独自集計のポイント結果表は、
気付いてる人は気付いてると思いますが、
こちら↓に、既にうpしています。
ハイランド情報
 上記で表示しない場合、こちら
 セレクト(プルダウン)メニューの2005年 耐久記録にて
 「2005年 ハイランド 耐久レース ランキング」
 表示されます。

それでは、長い割に意味の無い
GOK記事最後までお読み頂きありがとさんでした~w
(やっと肩の荷がおりた感w)




ポチっと。
人気blogランキング

|

« R◆カートの予定 | トップページ | ア◆カペタ(中学生編) »

12 Hi-land」カテゴリの記事

コメント

えー、このときはですねぇ・・・
とにかく混戦が嫌だったので、スタートして詰まったらすぐにピットインしようと思っていました。
だから、タイアも入念に暖めたのですが・・・
そのサイティングで、後ろから追突有りの(^^;;;;
なんか、スタートのトラブルを暗示させるような出来事がw

で、スタートフラッグと同時にアクセルペダルが折れて。。。
とりあえず手を挙げてみんなを行かせてから、右手でアクセルのロッドを押して走ります。
これ、結構ひどい体勢なので、変な筋肉が痛くなります。
1周して、ピットウォールに向かってアクセルペダルのトラブルを怒鳴ってw
赤旗が出たのは3周目かな?助かりました。。。

2度目も僕の時なんだけど、この時も3周ぐらいロッド押して走ったのかな?
替えてもらった車のタイアが冷えててもうタコ踊り状態w

ハイランドは、リミッターが当たっちゃうから、普通の感覚で走ると
タイムが出ないですね。
早くリミッターをあてて、その中で最短距離を走らなきゃいけないからとても難しいです。

投稿: Tackmix | 2006/01/11 10:27

確か1回はTackmixさんだと思ってましたが、
2回ともですかー(^^;
マジ災難でしたね。

最短距離…
あそこでは常にそんな感じで走ってますね。
オイラは、なんせ重いし。

投稿: GOK | 2006/01/11 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/8094704

この記事へのトラックバック一覧です: H◆HR耐久最終戦:

« R◆カートの予定 | トップページ | ア◆カペタ(中学生編) »