« H◆れんしう | トップページ | R◆F1カナダGP »

2006/06/26

B◆BLOOD+#37

どもGOKです。
もう書くこともないかなぁ~と思ったんですがね。
(MA2さんも書く気なくなったって言ってたしw。)

BLOOD+第37話「狂おしいまでに」

ちと見てて、あれ?
って思うことがあったんで。。
いや、たいしたことぢゃないんですが?

あまりにも似てたので。台詞の使い方が・・・


●BLOOD+
  モニークが小夜に、ファビアの誕生会の出席を促すシーン
  での会話

   モニーク:『約束!
   小夜:『うっ、うん
   モニーク:『ありがとう


●新海誠『雲のむこう、約束の場所』2004年作品
  ヒロキとタクヤが作っているヒコーキで北海道へ行こうと
  している話で、サユリを連れて行く事になった時の会話

   サユリ:『え、いいの
   ヒロキ・タクヤ:『うん
   サユリ:『わぁ、ありがとう!!
   サユリ:『ね じゃあ 約束!


活字におこせば、
「約束」、「ありがとう」と相手側の「うん」という
ありがちな言葉。台詞としても、ありがちか?
どの辺が似てたかというと、モニークと、サユリの言い回し。

『約束』と『ありがとう』という台詞。
現実世界では最近聞かないな。
嫌味なく純粋に放たれる言葉としてね。

その辺の嫌味ない心からの「約束」と「ありがとう」という
台詞がおんなじだなぁと思ったのでした。

聞けるのは、物語の中だけなのかなぁ~
と最近思う次第。

約束』と『ありがとう』という言葉に
妙に惹かれるこの頃。


にしてもBLOOD+、やっぱ、この作品、
伏線が、伏線として機能してない。
だから、展開や、キャラを殺す事に、
強引さが目立つ…

今回も・・・

以下、ついでに今回のBLOOD+についての駄文。


なぜ、小夜は、ファビアの誕生日に反応し、
素直に行ったのだろうか?
アイキャッチ後、沖縄の思い出を小夜に語るカイ。
小夜は、『ワタシは翼手だから』とつぶやく…。
徹しきれない、小夜の弱さを表したいのか?

そして、ファントム(カール)の突然の割り込み。
コープスコーズとの戦い。
カイとデビッド、シフ達、ハジの連合。力がひとつになる。
この展開、嫌いではないが、ちょっと違和感。
ひとつになるほど、語られていたであろうか?
シフ側キャラは、たくさん死んでいったが・・・
シフが、もともと小夜側に組みする為に設定された
ご都合主義のキャラにしか見えなくなってしまう。

それから、今回のメインイベント
カールの死。
ソロモンが語るせつないお話・・・
そして風のように去るソロモン・・・(・ω・;

こいつ、車で移動してなかったっけ?
車必要なのか?( ̄□ ̄;
謎っつーか意味不明w。


確信にせまる台詞回しがない分、
演出で補っていかなければ、ならないと思うのだが…
何で、こんなに物語の骨格が出来ていないのだろう?

ところで、真央は小夜と話ができたのだろうか?
真央と記者の岡村、もちっと活躍させて欲しいな。


人気ブログランキング

|

« H◆れんしう | トップページ | R◆F1カナダGP »

24 BLOOD系」カテゴリの記事

コメント

あれ?
本文で、BLOOD+第37話
と書いているのに
タイトルは、
◆BLOOD+#38
 ・
 ・
 ・
TB受けて初めて気づきましたw。
後で直しとこ( ̄∀ ̄;

投稿: GOK | 2006/06/27 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/10669976

この記事へのトラックバック一覧です: B◆BLOOD+#37:

» (アニメ感想) BLOOD+ 第37話 「狂おしいまでに」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
BLOOD+ Vol.7 [完全限定生産]/アニメ グレイの家で開かれたハヴィアの誕生パーティー。そこに、意外な客人が現われるのでした・・・。いよいよ、その欲望を抑えきれずに暴走を始めたカール。彼と小夜の最後の戦いが始まります。果たして、小夜はこの戦いに勝利すること....... [続きを読む]

受信: 2006/06/27 15:06

« H◆れんしう | トップページ | R◆F1カナダGP »