« 浦◆PLUTO03 | トップページ | テ◆あいのり »

2006/07/19

N◆なな

どもGOKです。

NANA、アニメ版NANA11話~14話

ワタクシが一番好きな エピソードだ。
そう章司と幸子の話だ。

NANA-ナナ-は、
言うまでもなく、二人のナナ…
ナナとハチのお話である。

ナナとハチの話ではあるが、NANAを語る上で、この
章司のエピソードは、避けて通れない話であると感じる。

私は、この章司と幸子の話でNANAに、はまったと思う。


章司も幸子もNANA全体のストーリーからしたら脇役、
その後、殆ど出て来なかったりするようなキャラではあるが、
捨てキャラではない。

12話にだけ出てくるマツダ君もこれっきりしか出てこないが、
このエピソードでは重要なキャラ。
捨てがたいね。

NANAは集英社での連載。
集英社って、ワタクシ的にはかなり印象の悪い出版社だ。
売れ線狙いというか、ストーリーが完結しないというか、
筋がコロコロ変わるとか・・・
まぁ、そんな個人的印象が強い会社ではあるが、

NANAは、出てくるキャラクターが、全て立ってる。

そのエピソードだけのキャラが出てきたり、
登場するキャラはかなり多いが、
物語上、登場する意味はちゃんとある。

矢沢あいが、やはり凄いのだろう。

章司が幸子に癒しを見出したように
ナナはハチに癒しを求めていく・・・

そしてハチは・・・

これが、なかなか成長しないw。

このひっぱり方が、集英社っぽいのだが・・・

ま、とにかく、NANAにおける章司と幸子のエピソードは、
NANA序盤の中で、屈指のストーリーである。
その心理描写においても秀逸であるし、
男であろうと女であろうと、
いずれかのキャラに感情移入して、
怒り、同情、共感した話になっていると思う。

NANAは、この繰り返しである。

数多くの死なないキャラクター
(生き死にぢゃなくてね)

自分を投影する誰か
感情移入できる誰かを見出して、
はまっていく。

まぁこれが、もういい加減にしろって
ところもあるんですがね。

とにかく、この章司&幸子のエピソード。
体験してる人は、かなりいると思う。

「あ~、あんときのウチラと同じだ~」みたいなね。
章司、幸子、ナナ、ハチ、淳子、京助、マツダ君
あなたは、誰でした?(^^;


人気ブログランキング

|

« 浦◆PLUTO03 | トップページ | テ◆あいのり »

27 NANA」カテゴリの記事

コメント

うちはあまり恋愛経験?が豊富でない(いや乏しい(泣))ので
特定のキャラクタでなく、全体(ストーリ自体)に感情移入して
しまっていますね。(;^_^A

う~。。。先週初めて15分だけ録画落とした~(つд`)゚・゚
北朝鮮のばっきゃろ~~!
(ふっ。報道臨時延長で落としたのさ。。。)

投稿: せいち。 | 2006/07/20 19:42

臨時延長、うちの妹もやられてましたね。
2週連続で落としたらしいすw。
何があるかわからんから、
今後は、野球なくてもちょっと長めに予約ですかねぇ。

投稿: GOK | 2006/07/20 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/10986823

この記事へのトラックバック一覧です: N◆なな:

« 浦◆PLUTO03 | トップページ | テ◆あいのり »