« H◆スプ第2戦 | トップページ | 電◆道家電車 »

2006/08/08

R◆ドラマチック ハンガリぃ

ども、GOKです。

眠いです。

F1 第13戦ハンガリーGPみました。
久々に地上波オンタイムで♪

もともとは、R・首サ(愛称:キューピー (命名:裏ですさん)w)が
でびう するってんで、見たんですがね。・

ド・びつくりの展開でしたわ。


結果は、もう皆さんご存知でしょうから、言っちゃいますが、

そう、HONDAが、39年ぶりの優勝。

F1の舞台で「君が代」が流れました。

それも感動的でしたが、レース事態もいつもと全然違う展開。
久々の雨だったから?
いや、雨が降ったからとか、そんなレベルじゃなかった気が汁。・

シューと眉毛のペナルティに始まって、
ライコネンのぽうる。
予選、最後の最後にタイムたたき出したライコネン
してやったりですね・。

決勝は、シューとまゆげ、
その2人の怒涛の追い上げで幕をあげるが、

乾き始めたところで、雨がまた降ってきたり、
コンデションがめまぐるしく変わるような感じ、
もともと、スタート前からコース上に川みたいなの出来てて、
フォーメションラップでスピンしたりしてましたもんね。
確かデラロサ?

そんなコース状況で、対応に苦慮したのか?
気が動転したのか?
いつもと違うミスやクラッシュが目立ってました。

ライコネン。
周回遅れのリウッツィに突っ込みました。
なんだあれは?吸い込まれるようにカマ堀ってましたyo。
リウッツィ急に減速したようにも見えなかったけど、
どこ見てたんだライコネン?
すげー珍しいクラッシュだなあれは。

アロンソ。
怒涛の追い上げでTOPに立ったアロンソ。
あーなんだこのままアロンソかなぁと
思ってたら、ピットイン後、出て行ったら
スピンコースアウト。
オイラが見た感じでは、
右リア、グラグラになってたような気が汁です。
これはピット作業ミスか?

ミハエル。
アロンソいなくなって、一気にポイント詰めるチャーンス!
とおもたら、スローダウン。ピットへ・・・
後3周だったけど、
もう持たないって感じでしたね。
見てて危なかったもん。
突然曲がらなくなったって感じ。
ストレートはそれなりに加速してたけど、
コーナーが曲がらない。どうしようも無く曲がらない感じ。
なんでしょ?タイヤ?サス?

とまぁ、そんなこんなで、
レースを引っ張るべき方々が、ことごとく、
あまり見たことないような感じで止まっちまいましただ。

して、栄光は、Jバトン初優勝へ。
2位はデラロサ!!わぉ。
3位ハイドフェルド!クビサのちーむめいと。
4位にはバリチェロ(HONDAダブル入賞ぢゃ)

そしてわれらがクビサは7位~~~!!
デビュー戦で、予選最終セッションまで残って、
しかもポイントまでゲット!!
大活躍ぢゃないですか♪

と思ったら、、、、


あぅ( ̄д ̄;
Nifty F1-06:
大活躍の新人クビサ、重量違反で失格処分に!


んとに、憎めない香具師でつ。・

んでもって、クビサの失格により、
ミヒャエルにポイントが転がり込み、
眉毛アロンソとのポイント差が10ポイントに縮まる。
タイトル争いがますます混沌に・・・

やっぱ、クビサ大活躍だw。


ともあれ、普段見られないバトル見れたり、
ドラマチックなレースでしたね。
今シーズンナンバー1に人間臭いレースでした。


Nifty F1GP:F1 第13戦ハンガリーGP 決勝結果


人気ブログランキング

|

« H◆スプ第2戦 | トップページ | 電◆道家電車 »

09 F1」カテゴリの記事

15 キューピー(クビサ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/11330863

この記事へのトラックバック一覧です: R◆ドラマチック ハンガリぃ:

« H◆スプ第2戦 | トップページ | 電◆道家電車 »