« M◆RKF2クラス ゴール!! | トップページ | 他◆3月になりました »

2007/02/28

シ◆シュヴァリエ#23,#24

どもGOKです。・

シュヴァリエ第23話と第24話(最終話)見ました。

#23:「最愛なる―ゆえに」
#24:「言葉ありき」


シュヴァリエ終わりました。

革命前夜のフランスの悲劇。


その悲劇を生き残った人々
ルイ15世、ブロリーは、王家を守るため、
ロビン、カリオストロ、ロレンツィアは革命へ

ルイ15世が元々のマクシミリアン=ロベスピエールだった。そして、本物の、いや、本当は、、、、うーん違うナ・・・、本来であれば、そう、本来であれば、現マクシミリアンが王であったのだ。しかし、王家存続の為、すり替えが行われ、現在のルイ15世となる。その真実を守る為に数多くの人々が、命を失っていった。

何の為にか・・・王の真実を守るために。。。か?
表向きはそうであった。
しかし、王家の詩には、来るべき革命の夜も綴られていたのだ。
そう、すべては革命の為であったかのように思う。

そして、ロビンが、マクシミリアンを名乗り、王家の詩から革命の詩に変わったその書物を手に、フランスを導いていくのである。

そして、テルミドールの反動。

最後まで生き残った、デオン=リアは、フランスを見届ける。

そんなお話。(だと思う^^;)


デオンの物語としながら、
実は、マクシミリアンのお話だった気が汁。


奥は深い作品だった。絵も綺麗だったし。

・・・でもやっぱ難解だよな。
   フランスのしかも革命前夜の話なんて・・・

というのが、正直な感想か。
ともあれ、歴史に興味があるなあら、
色々比較しながら見るには楽しい作品でした。


シュバリエ見て、次に、
池田理代子さんの
ベルバラとかエロイカ読むといいかもですね^^;
(ベルバラ愛蔵版で持ってたりする。σ(^^;
 でもエロイカ未だ読んでないんだよなぁ)

とりあえず、映画:マリー・アントワネットでも見たいな。

ちなみに、フランス革命については、
こちら↓が詳しくて面白いです。・
フランス革命 大解剖
-フランス革命をあらゆる角度からチェックする!! -

是非♪

↓クリックρ(^^)b・・・してみるか。最終回記念でw。
仙台人気Blog Ranking blogランキング
トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« M◆RKF2クラス ゴール!! | トップページ | 他◆3月になりました »

28 シュヴァリエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/13886559

この記事へのトラックバック一覧です: シ◆シュヴァリエ#23,#24:

« M◆RKF2クラス ゴール!! | トップページ | 他◆3月になりました »