« 映◆凶気の | トップページ | 映◆生きる »

2007/06/26

ア◆時を

どもGOKです。・

アニメ版『時をかける少女』(2006年作品)

見ました。

第30回日本アカデミー賞で、新設されたアニメーション部門の
最優秀作品賞を獲得した作品です。
第61回の毎日映画コンクールのアニメーション部門の
最優秀作品賞も受賞しています。


元は、筒井康隆が1965年に発表したジュブナイル小説で、
1983年に原田知世主演し、実写映画化され大ブレイクした作品。
ま、有名な作品ですから、んな事は周知か^^;
ちなみにこれが、当時の文庫版カバー↓(GOK氏貯蔵品w.)
保存状態劣悪w.

原作小説や知世ちゃん版以外にも
実は「時かけ」作品・影響作品は、いろいろあります。
この辺で、チェキ↓いかが?

さて、本アニメ版作品ですが、
≪以下ネタばれあり≫

単なるリメイクではなく、大胆に設定を変えています。原作の主人公、芳山和子が、本作主人公 紺野真琴の叔母として登場します。つまり、時代設定が現代版に置き換わっているということです。
っても本作原作発表は、先にも書きましたが、1965年。今から40年以上も前。発表から18年目に映画化、それから23年経ってアニメ化。それだけ考えただけでもこの作品には、時代を超えた普遍的なテーマが綴られているという事でしょう。ま、詳細は、一度触れてみてください。ってか(^^;

本作では、タイムリープというSF要素を使って、近づいては離れ離れては近づく、思春期の心の葛藤を空の青さを背景に生き生きと描いています。原作が持ってるダークな部分をうまく消してる感じがしますね。原作では未来人たる深町が意図的に記憶を操作して、和子達に近づきますが、あの原作、見ようによっては、もう一人の男の子吾朗ちゃんが非常に可哀想すぎるんですよね^^;深町、ヒデーヤツ、エゴイストだって感じになっちゃう。本作で、未だに和子が独身だって事は、やっぱ深町裏切ったな・・・とか思ったりして(笑)

・・・また脱線しそうなので、話戻して、このアニメ版♪

とにかく、テンポ良かった。
よくあるごく普通の日常の中で展開される
タイムリープのおかしさとせつなさ。

特に、タイムリープした後の登場の仕方に爆笑。
あんな感じで実写版で原田知世がやってたら・・・
と思ったら、さらに笑えた^^;

前半、主人公 真琴の無邪気に突っ走る姿(もうこれでもかってばかりに、くだらない事?にタイムリープを使いまくる姿)に、ほんとに好感が持てた。

ちなみに、日常の何気ない風景をメインストーリーの間に入れるというカット割の仕方、新海作品に似ていると思った。影響受けてるのかな?ああいうのって、間違いなく思春期の心象風景に刻まれてるシーンだよね。いいなぁ。

本作、原作の設定と大きく違う点としては、未来人 千昭が、主人公達の記憶を消さなかった事かな。それもあって、ラストの主人公 真琴の台詞が活きてきます。「うん、すぐ行く、走って行く」は、名台詞だね~。あの前半無邪気に突っ走ってた子の台詞だと思うと、なおさら感慨深い。

これは、オリジナル作品と言ってもいい名作です。

Time waits for no one.


↓クリックρ(^^)b・・・時は誰も待ってくれない。
人気ブログランキング
トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 映◆凶気の | トップページ | 映◆生きる »

20 アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

実はアニメ化されたの知りませんでした。
TSUTAYAでちょうど半額レンタルやってるので
借りて見てみたいと思いました。

さて、ご無沙汰してるディスクの送付ですが、すでに
2枚(14話)出来ていますが、放送もあと2回という
ことで、完結してから発送しようかと思ってます。
いましばらくお待ちくださいませm(__)m

投稿: せいち。 | 2007/06/28 21:28

せいち。さんども~
お世話になっておりまする。
DVDの件お手数おかけしております。
よろしくお願いしま~す。

「時かけ」アニメ版
なかなかいいですぞ~。

投稿: GOK | 2007/06/28 21:36

あれさ、7/1(日)
原田知世の、持って行くよ
´・∀・)っDVD

投稿: シェー部長 | 2007/06/29 21:11

なに?映画?
なんだろ~?。?
んぢゃ、お返しになんかDVD持ってくよ♪
( ̄∀ ̄)ニヤリ

投稿: GOK | 2007/06/30 16:20

「時かけ」アニメ版、見ましたよ。
なかなか良かったです。
前半の笑えるところが多めの展開と、終盤の泣けそうな
展開が、何か作品全体の爽やかさにつながっている感じ
もあって、見終わったあとに爽快感みたいのがありました。

作品紹介、ありがとうございました。(^o^)

投稿: せいち。 | 2007/07/04 08:54

>せいち。さん
ども♪
アニメ版見たんですね(^^)b
テンポ良くて、メリハリあって、
感じ入るイイ作品でしたね~。
最優秀作品に選ばれるのも頷ける。

投稿: GOK | 2007/07/05 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/15537552

この記事へのトラックバック一覧です: ア◆時を:

« 映◆凶気の | トップページ | 映◆生きる »