« 映◆陽気な | トップページ | ア◆時を »

2007/06/25

映◆凶気の

どもGOKです。

凶気の桜(2003年作品)

見ました。

一時話題になってましたよね、白装束集団。
( ̄∀ ̄;?

「」゚ペ)ス~カ~ラ~ー~ ( ~□~)=「」<波ーーッ!!

って、パナぢゃないってw。

パナは、さておき、
この作品、いつかは見たいなぁ~と、思ってました。

窪塚と言えば、「溺れる魚」ぐらいしか出演映画見てないんですが(そーいえば、「溺れる魚」にも佐藤二朗さんと大倉孝二さんでてるんだよな…あ、関係ない話だw.)、あの頃に比べ、随分とメッセージ色の強い俳優になったもんだ(悪く言えば思い込みが激しい役者)という感じがしてまして、その窪塚のメッセージ、感性が如実に表れているのが本作かなと思い一度見てみたいなぁ~と思ってたワケです。

まぁ、簡単に言えば、どんな感性があって、あの飛び降りへの行動に至ったのか?っていう、野次馬根性ですかね?

というわけで、本作感想~

この作品の概要キャッチとしては、
「渋谷で暗躍する暴力団や外国人、
右翼団体の暗部などを描いた社会派作品」って事で、


昨今の若者右傾化の足がかりとなった作品
と評される向きもあるようですが、

うまい具合に当時の若者の感情を
切り取っていたように思います。

確かに、渋谷を舞台にしたスタイリッシュな暴力映画
という側面(危険性)をはらんだ映画だと思いますが、
それだけではないでしょう。

主人公クラスの3人
山口役:窪塚、市川役:RIKIYA、小菅役:須藤元気
彼らは、平成維新を叫び、ネオ・トージョーなるチーム?を作りますが、三者三様の感情が、三様の生き様にはならず、ましてや、ひとつの形になるでもなく、結局は「俺たちよぉ、桜にされてんじゃねぇよな?」の言葉に集約されるように、大人社会のエゴに飲み込まれていく姿が描かれます。

漏れには、そういう作品に見えました。

当時の窪塚のメッセージとしては、
この歌→凶気の桜
に言い表されてると思うのですが、
作品のメッセージとしては、
そこに集約しているワケではないと感じました。

演じている共演者たちは、時代の焦燥感を演じ表現していったけど、若かりし窪塚は、そのまま時代を否定する言葉に飲み込まれて言った気がします。

わかるけど若かったんだよな。きっと。

でも、それが、そのまま、
本作をパワーある作品に仕上げていったとも言えるでしょう。


ちなみに、この作品で、一番いい演技してるのは、
江口洋介!!
ミステリアスな消し屋の役どころを
この上無いぐらい、ミステリアスにスタイリッシュに演じ切って
若者の前に立ちはだかりますw.


ま、なんだかんだ言ってこの作品。
面白いか面白くないかってトコでは、
漏れ的には、かなり面白い部類に入る作品でした。


いじょ


「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、
日々、生きています」by窪塚

↓クリックρ(^^)b・・・
人気ブログランキング
トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 映◆陽気な | トップページ | ア◆時を »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/15494070

この記事へのトラックバック一覧です: 映◆凶気の:

« 映◆陽気な | トップページ | ア◆時を »