« 地◆火事だ! | トップページ | 社◆川田亜子 »

2008/05/25

テ◆ドラマW「パンドラ」

どもGOKです。

WOWOW初の連続ドラマ 「パンドラ」 終わりました。

以下、ネタバレ全開 覚悟^^;


まず、皮相的なことですが、
主演は、三上博史 ではありますが、実は、
ギバちゃん(柳葉敏郎)の作品
と言って、いいような作品でした。

これは、
ポジション的にギバちゃんを主役にすると
新薬開発にまつわる医療ドラマという表面的なテーマが
薄れてしまうからでしょう。
でも、言わずもがな、もう一方のテーマの主役はギバちゃんです。

民放で、こういう玉虫色は、作れないだろうな。
ってポイントですネ。

さて、では、もう一方のテーマとは!?
何でしょう?

キーワードは、「パンドラの箱」です。
ドラマタイトルにもなってますからね。

ドラマの展開として
パンドラの箱を開けて次々に厄災が、飛び出していきます。
 「欲望」
 「裏切り」
 「罪」
 「罠」
 「怒り」
 「死」

そして、最後に残ったのは・・・

残ったものはなんだと思います?

一般的なのは、「希望」ですよね。

でも、パンドラの箱とは、
世の中のあらゆる厄災が封じこめられた箱と言われています。

ですから、最後に残ったのは、「絶望」だよと
穿ったことを言う人もいます。

否、「希望」そのもものが、厄災なんだよ
パンドラの箱に入っていたんだから。
と、含蓄のある事を言う人もいます。

この作品は、裏テーマとして、
この命題に、ひとつの答えをだしてくれます。

ちなみに、パンドラの箱の神話は、
人に問いかけられた命題だと私は思ってます。
だってね。
皮相的に聞いただけじゃ矛盾してますもんね。この神話。

ゼウスがすべての悪と災いを封じこめて、人間界に行くパンドラに持たせた箱。パンドラが好奇心からこれを開いたため、あらゆる罪悪・災禍が抜け出て、人類は不幸にみまわれるようになり、希望だけが箱の底に残ったという。(三省堂提供「大辞林 第二版」より)

すべての悪と災いを封じこめ箱
そして残ったのが希望。。。

希望かよ?希望が悪?災い?
なら、絶望じゃねぇのかよ?
災いとしての希望?
そんなに深いのか?この神話?

先の話に戻っちゃいますた(^^;

とまぁ、思考好きな人にとっては、考えざるを得ないテーマ
なんですよね。

希望でもあり、絶望でもあるもの。

それは何か?

この作品を見た人はもちろん、
勘のいい人も、わかっちゃったかな?

それは、

 『愛』 
なんですね。

全8話 約8時間の作品ですが、
畳み掛けるような展開で、一気見も苦痛じゃありません。

そして、振り帰って見てみると、
この作品、全編、すべての登場人物が演じているのが、
愛だとわかります。

親子愛、夫婦愛、師弟愛、恋人、友人、あらゆる人間愛

イイ作品でした。

WOWOWは、ほんと、
こういう静かなるサスペンスミステリー得意だよなぁ。
淡々と盛り上げながら、淡白ぢゃないところがイイ。


たかがドラマ、たかが神話の話ぢゃんって思ってる香具師。
もしいたら、悔い改めよ。つまりこれは人の生き死にの話なんだぉ。



↓クリッククリックククリックー↓ρ(>.<
仙台人気Blog Ranking blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 地◆火事だ! | トップページ | 社◆川田亜子 »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/41375272

この記事へのトラックバック一覧です: テ◆ドラマW「パンドラ」:

« 地◆火事だ! | トップページ | 社◆川田亜子 »