« 宇◆星見てる? | トップページ | 映◆チェ・39 »

2009/02/16

映◆チェ・28

どもGOKです。

チェ 28歳の革命見ました。

チェ・28歳の革命

凄い映画だった。
正にドキュメンタリーを見ているかのようでした。

監督ソダーバーグと、主演ベニチオ・デル・トロという組み合わせは、2000年度のアカデミー賞4部門をを受賞した大作
「トラフィック」の組み合わせ。

「トラフィック」は、麻薬密輸に関わる様々な人々の人生=
麻薬で利益を得る者、麻薬を取り締まる者、麻薬に侵される者=
が、同時進行で描かれるという手法で、
それが、とても日常的なアングルで、描き出され
凄く身近に緊迫感を伝える、面白い作品でした。


今回のチェ 28歳の革命は、前編、後編という2本に渡って描かれる大作の前編にあたる作品。
実在の人物、チェ・ゲバラに対するリスペクト映画である。


正直、私は、チェ・ゲバラという人間に興味を持った事はない。
キューバ革命でなんかした人・・・ぐらいの認識しかなかったし、
キューバ革命自体を、
武闘派共産主義革命が民意を無視して行ったもの?
というような、偏った思いしかなかった。

それが、この作品を見て一変した。・

革命家チェ・ゲバラの信念。

彼の信念は、人々・・・
民衆に対する愛そのものであったと漏れは受け取った。
共産主義、資本主義、社会主義、民主主義、
マルクス主義、レーニン主義、etc...
様々な主義思想なんかを超えたところに
彼の信念はあったように思う。

僅か、17名でキューバ革命を成功させた立役者。
改革を目指す世界の人々の憧れとなり、
反骨精神の象徴として、多くの人々に指示された
真の革命家、チェ・ゲバラ。

チェ 28歳の革命
この映画は、ファッション化され、
シンボルとしての意味合いしか持たない感もあった
チェ・ゲバラの真実に近づく映画だと思った。

『★CHEチェ 28歳の革命』公式サイト


CHEチェ 39歳 別れの手紙の感想は別記事にて


↓ククリック~↓ρ(^。^;
仙台人気Blog Ranking blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 宇◆星見てる? | トップページ | 映◆チェ・39 »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/44098394

この記事へのトラックバック一覧です: 映◆チェ・28:

« 宇◆星見てる? | トップページ | 映◆チェ・39 »