« 漫◆月刊いくえみ綾 | トップページ | 社◆オタク川柳大賞発表 »

2009/03/26

漫◆休載の裏側

どもGOKです。

Web漫画の記事続いてますが、
実は、これを一番、紹介したかった。

ってサイトを紹介しまふ(汗)

それは、


佐藤秀峰 on Web

そう、「海猿」とか、「ブラックジャックによろしく」の
佐藤秀峰さんの公式サイトです。

「ブラックジャックによろしく」のファンなんですが、
長いこと休載してたんすよね。

で、再開したと思ったら、元々の講談社の雑誌ではなく、
なんと、小学館の雑誌での復活coldsweats02sign03

「ブラックジャックによろしく」 「新ブラックジャックによろしく」

なんで、こんな事になったのか?
ってのが、克明にWeb漫画として公開されてるんです。

上記、公式サイトの[プロフィール]をご覧あれ。

昨今の大手出版社の編集者の無能ぶりが伺えます。
というか、出版会社事態が、メディアとしての自覚がないと
感じさえします。

まず第一義がお金稼ぐこと。
で、二も三もなく、お金しかない。

なんだか、
昨今の日本の社会を形成する大会社の
姿勢は、どこも一緒だなと、感じました。

資本主義である以上、利益追求するのは
当たり前なんですが、
何のための利益追求か、
まったくわかってない日本の経営体質。
いまだに、株主のために会社があると思ってる
役員や投資家が大多数なんだろうなぁ。

上記プロフィールWeb漫画に、書いてあった
こんな言葉が印象的でした。

「僕が読者に与えたいのは
 現実に立ち向かう勇気です」

「誰が売ってやったと思ってんだ!!?」

誰が言った言葉かは、読んで確認してちょ。
(って、想像に難くないでしょうが^^;)

特に思ったのは、

 漫画は夢を与える仕事なんだから、
 作品中で人が死ぬシーンはいらない。
 金払って、雑誌買わせて 落ち込ませてどーすんの?

この論理展開・・・なんだよ。
あ~つくづく馬鹿だな。
掲載誌は、青年誌だぞ。
何考えてるんだろ?

人が死ぬ現実にかかわる作品に対して
読者が落ち込むから、死はタブーって・・・

金勘定しかできない人間が、
人に夢や勇気を与える仕事の編集なんてすんぢゃねぇよ。
と思た。

生きることの意味は、
その先に唯一絶対の死がある事ではないか。


あぁ、こんなんだから、最近出版社と漫画家のトラブル多いんだな。
読者不在の編集、国民不在の政治と同じだw。



↓腑に落ちなくてもクリックを↓ρ(^。^;オイ
仙台人気Blog Ranking blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 漫◆月刊いくえみ綾 | トップページ | 社◆オタク川柳大賞発表 »

20 アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/44239308

この記事へのトラックバック一覧です: 漫◆休載の裏側:

« 漫◆月刊いくえみ綾 | トップページ | 社◆オタク川柳大賞発表 »