« 社◆アトム通貨 | トップページ | H◆ハイランド09-R5 »

2009/07/18

社◆「環境」頼みでは…

どもGOKです。

「環境」頼みで日本経済は救われない
:IT-PLUS

てことなんですが、

要は、環境ビジネスは、
既存のものを置き換える短期的な需要創出でしかなく、
中長期的な経済成長力を高めることは期待できない
のではないか?

ということです。

そうですよねぇ、その点については、
岸さんに、同意です。
なかなか、この記事、面白いな。

昨今の政府や企業エコ対策に違和感を覚えるのは、
そういうところにあるのだと思う。

環境問題を経済と結びつけて、
企業の環境問題への関心度を高めたという事は、
ゆるぎない事実ではあるけれど、

エコポイント制度による家電買い替え政策
それに乗る企業とか、

化石燃料使用の抑制、エコカーと言いながら、
高速¥1000ポッキリの経済政策とか。。。

未だに、目先の利益や私益が、最優先で、
環境問題の本質に迫ろうという流れが
出来ないところに。。。形だけのエコがはびこって、
流行廃りで、行動してる社会環境・・・
政治も人も愚かな感じ・・・
<こんなんぢゃ、『地球が静止』しちゃいますよ~^^;>


では、環境問題の本質に触れながら、
経済成長を促すにはどうすべきなのか?

切り離すのは簡単だが、そうすると元も子もなく、
また、以前の扱いに環境問題は戻ってしまいそうなので、、、
ちと考えてみると。。。


えっと、上記、岸さんの記事では、
経済成長に必要な3つの要素
というものが、あげられてます。

 「資本ストックの増大」
 「労働力供給の増大」
 「技術進歩などによる生産性の向上」

という経済の供給面での3つの要素が、
経済成長の要因だそうだ。


さて、もうひとつ。
以前に、こちらで、植松努さんの言葉を紹介させて頂いたが、

植松さんの会社の経営方針は、

 1)稼働率を下げる。
 2)なるべく売らない。
 3)なるべく作らない。

だそうだ。まったくもって相反してますね。
今までの経済成長理論とcoldsweats01
これで、大成功してんだから、
ほんとに、まったくもって、面白い。

ふむ。

環境問題と経済成長の両立。
こんなとこにもヒントがありましたね~note

何かといえば、
1を2にしたり、10にしたり、100にするという
量の成長だけが、経済の成長ではないという事だ。
0を1にする事。
それは、経済のみならず人をも成長させる。。。のだ。

そこに、環境と経済の融合が見えはしないだろうか?


具体性なきまま投了coldsweats01


↓ククリック~↓ρ(^。^;
仙台人気Blog Ranking blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 社◆アトム通貨 | トップページ | H◆ハイランド09-R5 »

63 社会」カテゴリの記事

65 宇宙・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/45582370

この記事へのトラックバック一覧です: 社◆「環境」頼みでは…:

« 社◆アトム通貨 | トップページ | H◆ハイランド09-R5 »