« 浦◆「PLUTO」実写映画化 | トップページ | 音◆アニソンSP3完全版 »

2010/10/28

K◆TIMM 7th ライブ

どもGOKです。

行ってきました。
2010 timm 7th anison live

参加アーティストは以下のとおり(出演順)

 ニルギリス
 黒崎真音
 工藤真由
 彩音 ← MCに”あやの”って間違って紹介されてたヨ
 東京ブラススタイル
 喜多修平
 Daisy×Daisy
 中野腐女シスターズ
 米倉千尋
 中島愛
 Kalafina

各グループ3曲ずつ、合計3時間のライブでした。
待ち時間含め、4時間立ちっぱなしで、かな~り腰にきましたヨ。


しかも、Kalafinaは、最後の最後~~大トリでした。
楽曲は
 「oblivious」
 「輝く空の静寂には」(ベリーShortバージョン^^;)
 「光の旋律」
の3曲。

「空の境界」、「黒執事」、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」
って感じで、イベント趣旨にそった品揃えですた。

しかし、「静寂」めっちゃショートバージョンだったな。
バラードからロックバラードへ以降して、さらにこれから!
ってトコで終わったんで、久々に肩透かし食らった感じ
・・・( ゚д゚)アリャリャ? テ カンジー。


今回、Kalafinaとまめぐ以外は、名前は知ってても、
楽曲聴いた事ないアーティストさんが殆どだったので、
その辺も楽しみにはしてました。

で、その他、印象に残ったアーティストさん達について


ニルギリス
 今回のイベントのオープニングでもある1曲目は、
 すばらしくカッコよかった。
 なかなか、曲的にはハイセンス。

黒崎真音
 デビューして間もないみたいですが、
 歌上手いゾこいつ。特に、3曲目にやった
 『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』というアニメ(未見)の
 エンディングという曲は、すばらしかった。

彩音
 バックダンサーに、後ろにいるには惜しいくらいに光ってる子が
 一人いた。なんかずっとその人に見入ってしまった。
 スゲー、キレがある踊りで、かつブレない表情がイイ。
 見てる限り、一切歯を見せなかったな。顔立ちもキレイ。
 誰だろ?あ、彩音に触れてないσ(^^;

Daisy×Daisy
 1曲目聞いた時は普通かなって思ったんですが、
 MC面白くて、しかも最後の曲では、きっちり聞かせて
 くれました。実力あるすね。

中野腐女シスターズ
 生きゃんち(喜屋武ちあき)が見れてちょっぴり嬉しかった(笑)
 …テレビのアニメ特集でしょっちゅう見る顔なので^^;…
 きょも(京本有加)のダルダルさが目に付いた。
 そういうキャラなのか?
 うらぁ(浦えりか)は、プロフィール通り。
 踊りにキレがありました。鍛えてるって一目瞭然。
 あと思ったのは立ち位置が1曲の間でも目まぐるしく
 変わるグループなんだなぁ~と思いました。
 これも一種のファンサービス?
 意外と考えてるステージ構成だなと思いましたです。

中島愛
 やぱキラーソング「星間飛行」あるってのは、強いなぁと思った。
 これからもランカを大事にしていってほしいと思った。
 今回もランカ~って声援ありやしたが、
 もうそれはいたし方の無い事。
 飯島さん(ミンメイ)は、それがイヤで離れてったけど、
 まめぐは、受け入れるしかないでしょう。
 まぁ、まだ映画あるしね。


あと、今回、全世界に向けてUst配信あったようですが、
配信されたのは、
工藤真由(くどまゆ)から、米倉千尋(ちっひー)までだったようです。
ニルギリス、黒崎真音、中島愛、そしてKalafinaの4アーティストは、
都合により配信無しだったみたい。


とにもかくにも腰が痛い・・・立ちっぱなし3時間は辛いよ~


↓クリッククリックククリック↓m(_)m
仙台人気Blog Ranking blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 浦◆「PLUTO」実写映画化 | トップページ | 音◆アニソンSP3完全版 »

02 Kalafina」カテゴリの記事

54 音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/49865739

この記事へのトラックバック一覧です: K◆TIMM 7th ライブ:

« 浦◆「PLUTO」実写映画化 | トップページ | 音◆アニソンSP3完全版 »