« F◆10 F1 R18ブラジルGP | トップページ | 社◆レジ混み »

2010/11/09

新◆星を追うこども

どもGOKです。

来ました。きましたよ。ついに新作特設サイト公開。

タイトル発表とともに、そして、特報の公開!!

新海誠 最新作 『星を追うこども』 2011年5月公開sign03

やばい、特設サイト見ただけで涙腺崩壊。

なんでこんなに、滋味にあふれた作品作れるんだろ。この人は。

特報みると、少年少女の冒険譚である事は明白で、
ファンタジーっぽさも見受けられますが、
新海さんのからのメッセージにあるように
普遍的なテーマを真剣に綴った作品である事が窺えます。

ちょいと新海さんのコメント抜き出しますが、

この世の全ては背中合わせで存在しているということ、それらを知っていく知的な興奮と胸の痛み。

これって、新海作品にある一貫したテーマだとも思います。

そしてそれは、おそろしく重要な事。
人が生きていくうえで、一番大事なこと。
私はそう思います。

私にとって、RURUTIAも、Kalafinaも、SoundHorizonも、柴田淳も
このテーマをきちんと伝えられるアーティストだから
惚れ込んじまってるんだな。
ついでにあげれば、柴田昌弘も作品の多くも、Zガンダムもだ。
って、漏れのこつはどうでもいいてな。何書いてんだ^^;


楽しいこと、嬉しいこと、気持ちいいことだけを正しいと
繰り返し繰り返し放送する日本のメガマスメディアの
テレビによる洗脳は、
負けることを悪とし、その真実の痛みを闇に葬り、
弱者への泣き寝入りを強要する世界を作り上げてきた。
テレビが全てではないが、一要因として加速させたのは、間違いない。
(そのバックボーンとして、金融至上主義の経済社会があるのは、
 言うまでもない。)

裏があるから表もある。
そんな当たり前の事を 当たり前という認識でしか捉えられないのは、
悲しいことなのだよ。

それは当たり前なんかじゃなく、表にも裏にも
それぞれの努力や事情があったりするものなのだ。


って、作品出来てもいないうちから、興奮してますがsweat01

話戻して、「星を追うこども」について。。。

今回、ジュブナイルアニメーションと銘打って、
少年少女向けを前面に押し出してたり、
サイトで新海さんを説明するにあたり
「若者の絶大な支持を得てきた新海誠。」
と紹介されてますが、

新海誠といえば、大人アニメの監督と言うのが、
今までの私の認識です。

「雲のむこう、」にしても「秒速」にしても
滋味にあふれた、
その抒情詩的な映像と物語が織りなす色合いに、
心の中の琴線を揺さぶられた大人が多かったはず。

今回は、若年層ターゲット?ともとれますが、
新海ジュブナイルは、絶対、大人が見ても琴線に触れること
間違いなしだと思います。

て、ほんとに、作品完成してないウチから、盛り上がり杉な漏れ(笑)


でも、おそらくは、
中国の一人っ子政策で育った富裕層の子供には、
絶対理解できない作品に仕上がってくる事でしょう。

だから逆に、中国で高評価を得られるんではないかと…

って、だから、まだ作品完成してないウチから飛ばしスギなんだってば…σ(^^;漏れ


↓ククリック~↓ρ(^。^;
仙台人気Blog Ranking blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« F◆10 F1 R18ブラジルGP | トップページ | 社◆レジ混み »

21 新海誠」カテゴリの記事

コメント

タイトルだけで興奮しますよね(笑)。来年の5月かあ待ち遠しいです。

投稿: t-nanase | 2010/11/10 09:20

お、t-nanaseさんどもnote

まったくどんだけ俺好みなんだって感じですhappy02up

投稿: GOK | 2010/11/10 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/49982675

この記事へのトラックバック一覧です: 新◆星を追うこども:

« F◆10 F1 R18ブラジルGP | トップページ | 社◆レジ混み »