« 音◆菅野よう子 震災復興 | トップページ | 音◆ANIMAX MUSIX 2011 »

2011/05/20

社◆NWでつくる放射能MAP

どもGOKです。

【ETV特集】
「ネットワークでつくる放射能汚染地図
~福島原発事故から2か月~」

見ました。

ネットワークと言っても、
いわゆるインターネットやIT機器で繋がるネットワークを駆使した
情報展開というお話ではなく、
極めてアナログ的に人と人とのつながりのネットワークが
主体となっていました。

「放射能汚染地図」は、新旧放射能の関する学者さん達、人のつながりで作成されていったもので、番組はそのドキュメンタリーを機軸に、その汚染区域に住む人々の様子を煽ったり装飾することなく、そのままに切り取り綴った感があります。それは正に社会というネットワークから切り離された人々の様子です。

汚染状況確認のために、学者達や撮影スタッフが汚染区域に立ち入り、その区域に住む人々の実情を救い上げてくれていました。

シベリア抑留から生還し、4万羽のニワトリを飼育する養鶏場を作りあげるに到った老人は、経営を続ける事ができなくなりました。
それは、福一原発事故により、放射能を恐れ物流が滞ったためニワトリのエサが届かなくなったからです。場所は、政府から何の保証も受けられない福一からの30K圏外です。
数日後、ニワトリのほとんどは死んでしまいました。

30K圏外であるにも関わらず放射能の汚染が高い飯館地区が話題になっていましたが、学者により、その3倍の線量が観測された赤宇木地区。
その集会所を避難先としていた人々の憤りやるせなさ。
文科省では計測していたが、行政的に正式な通達が無いばかりに放置されてきた場所でした。

またかの飯館地区では生活の糧となる農業ができなくなってしまった人々の憤り。。。どこに怒りをぶつけたらいいのか・・・青年の涙が、この理不尽な出来事を如実に物語っていました。


風評被害を恐れ、
「ただちに人体に影響を及ぼすレベルではない」
という事を繰り返し報じてきた日本政府の初期対応は、
そこに住む人、暮らす人、生きる人の事なんか何一つ考えてなかった
と言わざるを得ません。

チェルノブイリの教訓があったにも関わらず、
同心円上の非難区域を発表し続け、情報操作に躍起になるのは、
念頭にあるのが経済の事であり、それが最優先事項だからなのでしょう。

事が原発だけに、それは、今を持ってその既得権益の呪縛から
抜け出せないような対策に甘んじ、現地の人々の安全や生活は
二の次になってしまっている。。。と、そう感じました。


番組では、最後に、非難区域に残してきた犬や猫のペットへ、
一時帰宅してエサをあげる避難者の姿を写しています。
誰もいなくなった町で鎖につながれたままペットを置き去りにするのは、どうしても耐え難いことでしょう。心情的に理解できます。
それは家族なのですから。。。
僅か数時間の滞在の後、車で去り際、ゆるく結んだ鎖を振りほどいて
ペットの犬が全速力で追いかけてきます。
主人がのった車を追って追って追って、、、、


こんなやるせない現実が、この世にあったのだろうか。。。
せつなさで乗り切れるような問題じゃない。

原発事故 「想定外だから仕方ない」 で済まされる問題じゃないよ。

人を含め生あるものはいつか死を迎えます。
また、形あるものもいつかは壊れ崩れいきます。
天災はいつか必ず訪れます。

そういったものを乗り越えてなお、
人は、生きて文化を文明を築いてきました。
そういうせつなさを内在させ乗り越える事で、
人は強く生きて乗り越える事がてきて来たのです。

でも、原発事故はそうじゃない。
そういう次元の話じゃない。

我々が選んだ政治家達が国策として推進してきた結果なのです。
我々はいつそんな選択肢を選んだのでしょうか?
なぜマスコミは安全神話に異を唱えなかったのでしょうか?

事故がおきた以上、被災地域は、汚染地区はどのように
救済していくべきなのでしょうか?

これは、徹底的に全力をあげて、解明・救済していくべき問題だ。

にもかかわらず、
政治は、政局に奔走し、復興利権の奪い合いを繰り返す。
どこを見てるのだろうか。
政局とマスメディアしか見てない気がしてならない。
与党民主党も最大野党である自民党も反原発は掲げず、
反原発は頭から眼中にないような感じだ。

ほんとに理不尽な対応ばかりが目に付く今日この頃。


このドキュメンタリーほんと、
原発事故被災地の状況がわかって、
いろいろ考えさせられて、凄い番組でした。

放射能汚染地図

【ETV特集】
「ネットワークでつくる放射能汚染地図
~福島原発事故から2か月~」



blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 音◆菅野よう子 震災復興 | トップページ | 音◆ANIMAX MUSIX 2011 »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

63 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/51820916

この記事へのトラックバック一覧です: 社◆NWでつくる放射能MAP:

« 音◆菅野よう子 震災復興 | トップページ | 音◆ANIMAX MUSIX 2011 »