« 絵◆陳淑芬 | トップページ | 音◆菅野よう子 震災復興 »

2011/05/18

新◆渋谷アニメランド

どもGOKです。

4/23放送のリンク: 渋谷アニメランド聞きました。
(ホリー、エアチェック、ありがとうpaper

ゲストは、新海誠 監督
新作『 星を追う子ども 』公開に先駆けたゲスト出演でした。

新作4年ぶりなんだなぁ~

 もう4年経つのか、
 月日の過ぎ去ることのなんと早いことか、
 何も成し遂げてないなぁ~
 目的もなく生きることのツラさ味わう瞬間だな。

おっと余談だ^^;

さて、今回、いろんな話してくれてて、

私が、魂揺さぶられた 『 雲のむこう、約束の場所 』 については、
かな~りテンパってた状態で、
なんとか作品を仕上げることで
いっぱいいっぱいだったって事を告白してますた。

それまで一人で作ってて、
初めて業界の人々と関わっての製作なので、
色々と勝手知らない事が多く、
テンパッてたんだろうなと想像に難くありません。

でも仕上げるだけでせいいっぱいだったという作品では
ありますが、多くの人の琴線を揺るがす、代表作になっている
事には驚きです。新海さんにとっては、それは認めつつも、
ツラさの記憶の方が、優先しているみたいでしたが^^;

『雲のむこう、~』での経験を活かし、
『 秒速5センチメートル 』 は、とても楽しんで作ったみたい。


『雲のむこう、~』の前の作品、新海さんを世に知らしめる事となった
『 彼女と彼女の猫 』 については、
作品を作る原動力として、「見せたい人がいた」
という事がひとつの要因だったと吐露されてました。
「やっぱり~」って思いましたね。
漏れも見せたくなったもの^^;愛に満ちてた。


さて、『 星を追う子ども 』 ですが、
ロンドンに一人滞在してた時に
語学学校に通ってたそうですが、
当然、学校ですので、宿題を出されて、
宿題をしようと思うと、他の事に意識が行ってしまう
(気持ちよく判るな~)
と、そんな思考の狭間から浮かんできたのが、
『 星を追う子ども 』だったそうです。
ロンドンにいる時に、
初期プロットのシナリオは、ほとんど完成してたみたいです。
宿題をやる狭間で?(^^;

今回は、大手アニメスタジオとの初タッグ作品で、
日本アニメーションの王道的記号を踏襲しつつ、
よりエンターテイメントに近づけてみたそうです。

でも「喪失からの旅立ち」ですからね。
新海節炸裂でしょう。

テーマは常に一貫してて、そのテーマは、
ほんとうに人にとって大事な事だと共鳴できるから、
新海作品にハマってしまうんだなぁ~。

あぁ、早くみたい。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 絵◆陳淑芬 | トップページ | 音◆菅野よう子 震災復興 »

21 新海誠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/51949667

この記事へのトラックバック一覧です: 新◆渋谷アニメランド:

« 絵◆陳淑芬 | トップページ | 音◆菅野よう子 震災復興 »