« 社◆続報 放射能汚染地図 | トップページ | 社◆童貞・処女のための »

2011/06/10

社◆「焼肉えびす」再開断念

どもGOKです。

ちらっと書いてた焼肉中毒問題ですが、
営業再開断念したそうです。

「焼肉えびす」営業再開断念、固定費増加が事故招いた
:速報:@niftyニュース

資本主義社会において、当然の結果であると思う。
違法ではないという事を笠に着て、
仕事に対する真摯な姿勢を忘れたものは、
淘汰されていくのは、必然である。

それが、正しい方向に社会が進む仕組みでもある。

で、あるにも関わらず、あの電力会社に至っては、
どういう事だ?

数々の民間企業の生殺与奪権を掌握し、
あんだけの大事故を引き起こしておきながら、
保証問題を先送りにして
のうのうと私企業面して存続してるあの会社は・・・

JALだって会社更生法申請したよね?
なんで許されるんだ?この会社?

保証金はどうするんだろう?
このまま税金投入されるのか?
いくらなんでもそんな事できないよね。
つぶれてないんだから。

上場してる民間企業なら
まず株主が責任取るべきでは?
会社は株主の物とか
金融至上主義の論理が、まかり通っているんだから、、、

でもつぶれてないんだから、たぶんそれもない。
で、廻りまわって、結局、電力利用者の我々が
電気料値上げで支払うことになるような仕組み。

じゃないのか?

なんでこうも既得権者の都合ばかりで
筋が曲げられるのだろうか?
この国の資本主義は?

こんな形の企業が、
民間企業と名乗ってること自体も
おかしいよなぁ~

と、漏れは思うんですがねぇ~。


ちなみに東電の筆頭株主が、海外ファンドになってたって
最近話題になってたけど
(大竹まことのゴールデンラジオでも言ってた)

このソース記事って2007年だよね?
あれ?って思って調べたら、
なんか筆頭は日本の信託銀行になってた。。。

なんだ?
何がホントなんだか。。。。

なんか震災以後、情報が、ぐっちゃぐっちゃな気がする。
風評被害を恐れた情報隠蔽、
不安を煽る扇情的な情報、
無責任な傍観思考の安全デマ
感情に任せた右から左への情報垂れ流し

取捨するのが、いっそう大変な状況になってきてます。

それもこれも、元を正せば、政府が経済保護の名の下に
風評被害ばかりを恐れ、正しい情報を公開してこなかった事が
最大の要因であると言わざるを得ない。

未曾有の自体における、情報公開の優先順位を
リスク管理のど素人集団
(=政局と既得権益の死守に明け暮れる日本の中枢)
が付け間違えたのだ。

どうやったら国民の為に働く政治家を
選出する事ができるのだろう・・・?
ほんとに、情けない。


『この世界の片隅に』


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 社◆続報 放射能汚染地図 | トップページ | 社◆童貞・処女のための »

63 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/51909574

この記事へのトラックバック一覧です: 社◆「焼肉えびす」再開断念:

« 社◆続報 放射能汚染地図 | トップページ | 社◆童貞・処女のための »