« 音◆Fairyland-BIRTH | トップページ | 他◆謎メール、傾向と対策 »

2011/10/28

映◆大気圏の彼方に?

どもGOKです。

先日見に行った映画『はやぶさ/HAYABUSA』
なかなか良かったという記事を書いたばかりだが、

小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還を描いた竹内結子主演の映画「はやぶさ」が大コケしている。

という事で、かなり不評らしい。

大気圏の彼方に吹き飛んだ映画「はやぶさ」
:速報:@niftyニュース

なんでも、主人公の竹内結子がやった役が実在の人物じゃない
という事や、竹内結子が無理にコミカルな演技してるという点が
マイナスになってるようです。

俺はコミカルな演技も実在じゃないって事も
どっちもイイと評価したがな。。。(笑)

あと、

もう一つ、唖然としたのは、CGのはやぶさがアニメ声で“僕は今ここにいるよ”“なんだか力が出なくなっちゃった。みんなの声が聞きたいよ”なんてふうにしゃべり出したこと。せっかくの美談が漫画チックな駄作になってしまいました」

という事もマイナス要因という事ですが、

本作は、美談を強調したい作品ではなく
技術的な評価や理解を促すと同時に、
専門性を持って働くという事が、どういう事かという事を
若年齢層にわかり易く表現してる
と、思うんですがねぇ。


ちなみに、はやぶさの擬人化という点で言ったら、
「おかえりなさい、はやぶさ」 の方がダメだったな。
ナレーション兼はやぶさの声をメーテルこと
池田昌子さんがやってたんですが、
池田さんが悪いわけじゃなく、
擬人化して美談化しようって演出が、
どうにもなんか私的には、
この偉業に対して、的を外してる感が強かったす。

なので、美談に固執してない
『はやぶさ/HAYABUSA』は、
まぁまぁ良かったなと思っています。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« 音◆Fairyland-BIRTH | トップページ | 他◆謎メール、傾向と対策 »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

65 宇宙・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/53104697

この記事へのトラックバック一覧です: 映◆大気圏の彼方に?:

« 音◆Fairyland-BIRTH | トップページ | 他◆謎メール、傾向と対策 »