« K◆オリコンディリー | トップページ | F◆12 R4 バーレーンGP »

2012/04/22

ア◆オズマ

どもGOKです。

WOWOW開局20周年記念番組
松本零士「オズマ」
全6話見ました。
WOWOW開局20周年記念番組 松本零士「オズマ」
が、う~む・・・

砂の中を潜水艦のように突き進むメカとかオズマとか
なんで、砂にしたんだろ?って、物凄く違和感が。。。
面白い発想ではあると思いますが、
砂の中で、まるで、「沈黙の艦隊」のような、
潜水艦バトルやられてもなぁ。。。
潜砂艦と言ってましたが。。。
マシンデザインとかは嫌いじゃないですけどね。
海賊じゃなくて砂賊とか言ってるし。。。

なんか、あまりにも突拍子もなくて。。。


あと、確信に触れちゃいますが、
タイトルにもなってるオズマを
謎の移動物体として、
意志をもった生き物ように扱っていますが、

実体は、どう見ても、、、というか、
まぁ、そのものなんですが、機械です。
意志を持った機械と言ったところ。
そういう設定は、ありがちって言えばありがちですが、

それがまた、ナウシカのオームのように振舞ってるのは、
違和感が物凄かったです。
どうみても、あのデザインからは、意志や感情を持つ
機械には見えなかったなぁ~。

ワタクシ的にはイマイチな作品でした。


↓ククリック~↓ρ(^。^;
blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« K◆オリコンディリー | トップページ | F◆12 R4 バーレーンGP »

20 アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

松本零士氏の作品は好きでしたが、宇宙戦艦ヤマト以降興味がなくなりました。戦場まんがシリーズが氏のピークの様な気がしてなりません。以降アイデアも含めて残念な物が多いと思います。

投稿: t-nanase | 2012/04/22 23:13

t-nanaseさんども♪
戦場まんがシリーズは、あの時代確かに一戦を画してた作品群でしたね。
あういう形でコンセプトを持ってシリーズ化してた作品って、当時、松本氏の作品しかなかったように思います。その後、少女漫画系では増えましたが、少年青年系では未だに売れたタイトル名での続編とかしかないですよね。○○シリーズというコンセプトで、タイトルは毎回そのつど毎に変わる手法は、名前で売らず中身で勝負!的な芯がしっかりしてる感じがしてました。
話それましたが^^;確かに、氏のピークは、戦場まんがシリーズと言えるかもしれません。
アニメ作品としては、ギリギリ999までは見るべきところは感じられますがね↓smilesweat01
http://1go1a.way-nifty.com/ktai/2010/08/post-6cdc.html

投稿: GOK | 2012/04/23 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/54529174

この記事へのトラックバック一覧です: ア◆オズマ:

« K◆オリコンディリー | トップページ | F◆12 R4 バーレーンGP »