« K◆Fate/Zero | トップページ | 宇◆金環日食 »

2012/05/18

社◆ローカルルールと責任

どもGOKです。

さて、今回のツアー、
格安ツアーバスで行ってたんですが、

関越自動車道でおきたバス事故

本当に悲しく痛ましい出来事です。

なぜ起きてしまったのかも問題ですが、
その後のバス会社の対応も相当問題だと
思います。憤りさえ覚える。

運行会社「陸援隊」代表関係者の言い分として
「法令を順守しない事と今回の事故発生要因は
 まったく別もので、法令順守したからと言って、
 事故が防げたとは考えられません。」

というような事を発言してましたが、こんな人が
人の命を預かる旅客輸送業を行っている社会
(=それを許している社会)って、いったい
何なのでしょうか?

人はミスする生き物であり、
それを低減するために」、様々な条例やルールを
持って、安全向上させていくものだというのに。。。

運行会社として、事故の原因は、
ドライバーの資質という事を主張してます。

法令を殆ど守らない上に、
(人がミスするのは当たり前なんですが、
 ドライバーの資質という言葉にすりかえて)
事故の責任はドライバーにあり、
という独自の主張を展開しています。

簡単に言うと責任転嫁です。

昨今、コンプライアンス(法令順守)という言葉が
浸透してきたと思っていましたが、
中小企業にとっては、そうではないのでしょう。
大企業も所詮は表層部分だけで実体は、
実益が最重要ですからね。(当たり前?・・・^^;)

まぁ、優先されるべきは、どこもかしこも
「経済的に」効率的という判断基準なんですよね。

何にも増して、企業の存在意義は、お金を稼ぐことであり、
それが資本主義であり、よって、利益率が高いことが、
効率的という認識で、この世の中は動いているんですね。

それが、社会基盤となっているから、
我々のような根底レベルから、
判断基準を間違う世の中になってしまっている。

だから、いくら表向き、安全重視、コンプライアンス重視と
謳ったところで、実体はローカルルールによって軽視され
ざるを得ないのが、この社会なんです。

それを、如実にしかも典型的に表しているのが、
先の運行会社の主張だという事。

条例を守ったところで、事故は無くならない。
であれば余計な手間暇かけて、条例守るのは
効率的ではない。

そんなローカルルール。

ローカルルールとは、
その場その場にある独自のルールであり
解釈であり、思想です。

明文化したものはなくても
その場、空間、その世界においては、
いわば常識的なように浸透しているルール。

もちろんそのローカルルールとして、
明文化されている条例の類もあるでしょうが、
それが、取締役クラスとか影響力を持つ人の
思想、意向であれば、明文化されなくても
その影響範囲において、効力を持つ思想となる。

つまりは、
その環境におけるローカルルールとなり得る。
という事です。

社長の側近という人が、
条例守ることと今回の事故は関係ないという
主張を、半笑いで語ってた姿は、
日本の資本主義社会の縮図に見えました。

そのローカルルールにどっぷり浸かった人は、
ローカルルールで守られるんですよね。
守られると思ってる。そこから抜け出せない。

だから、あんな事をどうどうと言えてしまうのだ。



福島第一原発事故でもありましたよね。

「メルトダウンの定義は~(なんちゃらかんちゃら)~
 だから、メルトダウンではない。」

と狭義をひっぱりだして、それが、東電の常識です
からと言わんばかりに、メルトダウンを否定していた
原発担当者の会見は、正にローカルルールであり、
それに守られた人間のすっとんきょうな会見だなと、
聞いてて呆れるしかありませんでした。


ローカルルールに支配されている人は、
そのルールから逸脱したものについては、
良いともダメだとも判断しない(できない)。

逆にローカルルールを盾に自己弁護に走ります。
そこから外れた案件は、「知らない」と言ってしまって
いいわけです。(もしくは判断する必要がない。)
よく目にするのが「知らない自慢」です。

現実の世の中は連綿とあらゆる事象が繋がっている
のですが、それを無視するんですよね。
そして、無視出来るようにするのが、ローカルルールの
魔法と言ってもいいかもしれません。
責任放棄を正当化するための魔法。

世論から叩かれて初めて気付く
なんてシチュエーションよく見ますよね。

ローカルルールを既得権益として経済発展を遂げてきた
日本社会の縮図がそこにある。。。


簡単に言ってしまえば、自己の利益が最優先で、
責任の重大さを感じない がさつさ。

とでも言えばいいのでしょうか?

でもって大変困ることに、
がさつな人と知的な人・・・
比較すると、
圧倒的に、知的さよりもがさつさを前面に押し出してる
人の方が、お金持ちという傾向。、。。

統計取ったワケじゃありませんが、
自分の身の回りを見てそう感じませんか?

知的な人間より、がさつな人間の方が
えらい役職であったり、発言権を持ってたりしてませんか?

正しさ確実さよりも
勢いで漠然と声高にしゃべってる人の方が
世の中で重宝されるんですよね。。。

新興国なら、それで納得できるところもありますがね。

先進国たる日本がこんなんでいいんでしょうかねぇ。

ってワケで、次回は、こんな社会における「安全性」に
を絡めて書いてみたいと思います。


↓ククリック~↓ρ(^。^;
blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

|

« K◆Fate/Zero | トップページ | 宇◆金環日食 »

63 社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/54728841

この記事へのトラックバック一覧です: 社◆ローカルルールと責任:

« K◆Fate/Zero | トップページ | 宇◆金環日食 »