« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月に作成された記事

2013/01/14

ア◆ねらわれた学園

どもGOKです。

ねらわれた学園
ねらわれた学園
見てきました。

ベースはとっても新海さんっぽい
絵だなと思ったんですが、
光の処理の仕方演出が、
新海さんよりもギラギラしてて、
ちとクドイ感じがしました。

原作は、一級品のジュブナイル作品
眉村卓の「ねらわれた学園」です。

何度目だろうな。

ウィキって見たら、私的には、
・NHK、少年ドラマシリーズの「未来からの挑戦」1977年
・映画版 「ねらわれた学園」(主演:薬師丸ひろ子)1981年
・紅い牙VI 『ハトの旋律』(柴田昌弘 大先生の少女漫画)1981年
・テレビドラマ版 「ねらわれた学園」(主演:原田知世)1982年

5回目の「ねらわれた学園」です。

それ以外にも
・1987年に おにゃん子の新田恵利 主演で単発ドラマ化
・村田和美 主演で1997年に映画と連続ドラマ
というのが、あるみたいです。


今回のアニメ版、予想以上に面白かったです。

AKBのまゆゆが声優として参加してて、
なんか普段クセのあるしゃべり方で、
あんな感じじゃ、ちと鼻につくなと思ってたんですが、
違和感なく演じてたと思います。
見てて、AKBとか、まゆゆとか という肩書きが、
まったく気にならなかったので、まぁ、声優として
の仕事として評価されていいと思います。
0048の経験が活きているんでしょうかね。

しかし、今回のパンフ。絵とかの情報は多いが、
キャストとかスタッフ情報が乏しかったな~。
キャストにいたっては、主要4キャラしか記載されてなくて
びっくりしました。¥1,000もするのに~o(>、<)o

前半活躍してた担任の先生とか
主人公の妹とか情報が一切記載されてないのは驚いた。

担任の先生には、後半もっと活躍してほしかったな。
主人公の妹も能力ありげなんですが、
なんかウヤムヤにしてしまっていて、

この2人の捨てキャラぶりが非常に惜しいな~
もったいないな~って感じです。


ともあれ、見応えある作品にはなってたと思います。

とはいえ、30年ぶりの「ねらわれた学園」・・・
さすがに純粋ジュブナイルは、ちとキツイかったかな~。

(そんだけ、ちゃんとジュブナイル作品に仕上がってた
 って事ですけどね)




blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/13

新◆新海さん特集第二夜

どもGOKです。

いよいよ今夜です。

新海誠監督特集第二夜

「雲のむこう、約束の場所」
雲のむこう、約束の場所

「彼女と彼女の猫」
「彼女と彼女の猫」

私的、お気に入りの2作品の公開です。
楽しみ~。

粟津監督の作品も
CG駆使したノスタルジックさがたまらない
哀愁漂う作品ですよ~。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/12

K◆FicitonJunction CLUB LIVE その2

どもGOKです。

やっと続きです(^^;

FicitonJunction CLUB LIVE
"Yuki Kajiura Special SET LIST"
2013/01/06(日) Zepp Tokyo

セットリストです。
大阪公演と東京公演両方行った友人に聞いたんですが、
セトリは変わんないみたいです。

(タイトル分からない曲もあったので、
 灯さんのブログを参考にさせて頂いています。)

01.point zero
02.let the stars fall down
03.red moon

MC1

04.Silly-Go-Round
05.約束
06.星屑
07.fairytale
08.nostalgia

MC2

 歌姫2013年の主張~みたいな2分間フリートーク
  ・WAKANA
    感じるをテーマに、、、、ミュージカルを作る・・・( ̄∀ ̄;エ?
  ・YURIKO KAIDA
    妖精を また見る!。。。・・・( ̄∀ ̄;エ?
    あと、今思えば何気にencの曲暴露(^^;
  ・YUUKA
    すごい人見知りで、FictionJunctionのメンバとも最近やっと
    仲良くなれて、特にKAORIちゃんとは仲良くなれるとは思って
    なかった・・・とか( ̄∀ ̄;エ?
  ・KEIKO
    ・・・・・・・なんだっけ?覚えてない。
    つか、あんまりボケなかったかな。^^;
  ・KAORI
    YUUKAさんと仲良くなること~。(笑)
    実は一番仲がよい二人と思ってたので、KAORI的には、
    YUUKA発言が相当ショックだったみたい。
    (YUUKA的には、仲良くなれないと思ってた人とも仲良く
     なれるという実例として紹介したっぽい。
     で、もっと積極的に人見知りを直したいみたいな?)
  ・HIKARU
    みんなの主張の感想(富山弁バージョン)
    (富山弁の尊敬語の方言は、標準語なので、殆どボケに
     なってなかった)

  (本来、ボケるコーナーではありません^^;)

09.I reach for the sun
10.Credens justitiam
11.winter
12.屋根の向こうに

MC3
 FRONT BAND MEMBERS紹介
  新春2013俺の叫び

   Bass : 高橋“Jr.”知治
    「字を綺麗に!」

   Drums : 佐藤強一
    「焦らず騒がずコツコツと!」
    (ここ5年は同じ信条。俺叫ばないし・・・
     梶ちゃんのお題は、いつも俺に合わん。
     との事~~(会場爆笑))

   Violin : 今野均
    「ハルダンゲルヴァイオリンをマスター」
    (ドローン弦を持つヴァイオリンとの事で、ゆくゆくは、FJライブでも
     聞けそうな気配。すげー楽しみです)

   Guitar : 是永巧一
    「もっと積極的に!」

   Manipulator : 大平佳男
    「運動を多く!」
    (昨日の「腹八分目」の目標は達成できない
     事が判明したとの事で変更したらしい。)

 そしてWakanaのふりで、梶浦さんの叫び!
 (そういえば、梶浦さんへのふりはいつも
  わーちゃんが担当してる気がするナ)

 梶浦由記
  「笑顔でいるように心がける!」

13.媛星
14.目覚め
15.stone cold
16.音楽
17.nowhere

MC4

18.open your heart

enc
19.silent moon

MC5

20.sing a song

以上です。

あっと言う間の2時間40分でした。

 06.星屑~07.fairytale~08.nostalgia

って、俺が星見るときように作ってたプレイリストと
同じなんで、びっくりした♪
まぁ3曲だけのビンゴですが、なんか嬉し~♪

それから後半の

 14.目覚め~15.stone cold~16.音楽~17.nowhere

の4曲は、乗りまくりSETで、
直前のMCで、梶浦さんが、自由に楽しんでください
立ちたい人も座って聞きたい人もいるけど、お互い
それぞれ今日は大目に見てください
みたいな事を言ってくれたので、

13.媛星に入って、あぁ、これはくるな・・・と、
もう、腕まくりして準備しちゃってました。

でもって、元スタンディング席だったから、
手を上げまくりの4曲でした~。
本当に楽しくて、
ひっさびさに、トランス状態近くまでいったヨ♪
(+Kyrieか adoreきてたら、完全にキマッタかも^^;)

その他、アレンジ違ってたり、
歌い手微妙に変えてたり、面白かったな~。

ラス前、19.silent moon
歌姫 6人でのアカペラ感涙もんでした。

ひさびさに俺的に満点のライブでした。
だからライブはヤメラレナイ。


そんでもって、次回ライブ予告!!

Fiction Junction CLUB インフォメーション

梶浦由記 デビュー20周年 "Kaji Fes. 2013"

もう、あちこちで話題になってますが、
すげー面子すよ。

今回のメンツはもちろん
梶浦さんの楽曲やライブでおなじみの
 伊東恵里(えり) さん
 赤木りえ さん
 戸丸華江 さん
 笠原由里 さん
そして、エミリービンディガーの来日も発表されてました。

なんだか、
菅野さんのタナソニ級のライブになりそうな予感。
凄い。ワクドキが止まらない。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/11

旅◆ヒストリーガレージ

どもGOKです。

ライブ開始まで、まだ時間あったんで(^^;
ひさびさに、ヒストリーガレージ行ってみました。

ヒストリーガレージ

GT-R
スカイラインGT-R

デロリアン
デロリアン

ヨタハチだと思ったら、
幻のパブリカスポーツ!
パブリカスポーツ


以前のヒストリーガレージ記事
4年前だったんすね~。

4年前にはなかったのが、これ↓
Fun カートライド

Fun カートライド
:見て乗って感じる クルマのテーマパーク MEGA WEB(メガウェブ)

乗ろうと思ったんですが、
今から予約しても乗るの16時過ぎ(ライブの開場時間)になる
との事で、乗れませんでした。

ちなみに、コースはこんな感じ。
Fun カートライド

体験ベースのタイムトライアルコースって感じですけど、
単純だからこそタイム出すにはライン取りと
アクセルとブレーキワーク シビアそう。

一度は攻めてアタックしたいもんすね。
ちなみに単独で走行するには、、
最低1回、先導走行しなくちゃならないそうです。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/10

ガ◆MEGAWEB

どもGOKです。

ライブ開始まで、時間あったので、
隣のTOYOTAの「メガウェブ」に行って
86とか見てました。
86

86メインの番組 「峠」
第4回ぐらいから見続けてますが、
TOYOTAにしては珍しく上品で、いいすねぇ。

ナレーターに吉川晃司を迎え、
とっても品のある番組になってます。


で、ウロウロしてたら、こんなものが、
1・6新プロジェクト始動

なんだこれ?と思ったら。
こんなことでした。

<機動戦士ガンダム>
シャア専用オーリス年内発売へ
ジオニックトヨタ社を“設立”


専用だったら、シャアしか乗れないぢゃん・・・ (^^;


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/09

K◆FicitonJunction CLUB LIVE その1

ども行ってきました。

FicitonJunction CLUB LIVE
"Yuki Kajiura Special SET LIST"
2013/01/06(日) Zepp Tokyo
開場16:15 開演17:00

です。

<出演者>
梶浦由記と
歌姫6人
 YUUKA・KAORI・WAKANA・KEIKO・YURIKO KAIDA・HIKARU
そして
FRONT BAND MEMBERS
 Guitar : 是永巧一
 Drums : 佐藤強一
 Bass : 高橋“Jr.”知治
 Violin : 今野均
 Manipulator : 大平佳男

ちなみに知らない人のために、
まずは、ちょこっと独善的解説。

YUUKAとは、南里侑香さん
 元 南青山少女歌劇団(梶浦さんが劇伴担当)の
 現 声優 兼シンガー。
 何といっても私的には、
  新海監督の「雲のむこう、約束の場所」のヒロイン声優。

KAORIとは、織田かおりさん
 アニメやゲームのテーマソングも歌うソロシンガーでもある。
 昨年からロックバンド アナザーユニオンのVoとしても活動。
 何といっても私的には、
  SoundHorizonメジャーⅡ期の歌姫。

YURIKO KAIDAとは、貝田由里子さん
 FicitonJunctionのハモり女王。
 ソロでは、KAiiDAとして2枚ミニアルバムを出してる。
 (もちろん持ってるσ(^^))
 でもって、
 アイドルマスターの楽曲の作詞も担当したりしてます。
 しかし、何といっても私的には、
  FicitonJunction No.1の美声を持つ超(天然)天使 (笑)

そして、KAORI・WAKANA・HIKARUとは、
 大滝若菜さん・窪田啓子さん・政井光さん
 つまり、そう、ご存知 Kalafinaである。
 何といっても私的には、超絶技巧な(事に挑戦し続ける)
 Kalafinaなのである。

でもって、Yuki Kajiuraと
 KAORI・WAKANA・KEIKO・YURIKO KAIDAの5人は、
 FictionJunctionとしても活動しております。


FRONT BAND MEMBERSも実力者ぞろいです。
 元レベッカのサポートメンバー(っつってもほぼメイン)
 だったり、甲斐よしひろさんや、尾崎亜美さんの
 のバックだったり、テレビの音楽番組でよく見る
 ミュージシャンだったりしてます。

今回のライブは、
プロデューサー兼作詞作曲家である梶浦さんの
楽曲のファンの集いであり、演奏されるのは、すべて
梶浦さんの楽曲なんですが、その楽曲作成の段階に
おいて、FBM(FRONT BAND MEMBERS)多大な影響を
与えている人達なのです。

単にライブのバックバンドではなく、レコーディングの時は、
もちろん、普段から影響しあうミュージシャン達なので、
FictionJunctionでは、彼らを敬意をこめて、
FRONT BAND MEMBERSと呼んでいるのです。

実際、ライブでは、FBMのみのインスト楽曲が、
披露されることもあります。

ってなワケで、ご紹介でした。
ライブ本編のセトリや感想は、また後ほどね~。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/08

K◆Kalafina History 5th

どもGOKです。

Kalafina 5年間の奇跡として、ライブCDだけじゃなく
アーティストブック「Kalafina History 5th」も発売されます。

『Staffからのお知らせ』:Kalafina Official Blog - スタ☆ブロ -

【送料無料】 Kalafina History 5th 【特典:ポストカード付き】 / Kalafina カラフィナ 【単行...


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/07

新◆特集第二夜

どもGOKです。

ジャパコンTVにて、第二夜として、
また新海さん特集やるそうです。

第一夜はこちら

コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV|BSフジ

第二夜は、別な人の作品かと思ってましたが、
新海さんの作品で、
第一部として、『雲のむこう、約束の場所』
第二部として、『彼女と彼女の猫』を放送するそうな。

まいったね。わたしの好きな作品ラッシュじゃないですか♪

しかも、第二部で同時に特集されるのが、
粟津順監督の「ネガドン」と「ブランゼット」!!!

私がもってるDVD作品が立て続けに放送されてる(笑)

つか、コミックス・ウェーブ・フィルム特集すね。

というわたしが、コミックス・ウェーブ・フィルム好きって事か^^;

にしても私の本棚特集な感は嬉しい限りす。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/06

K◆歴史秘話ヒストリア

どもGOKです。

NHKで毎週水曜に放送してる「歴史秘話ヒストリア」ですが、

1月の放送から

Kalafinaの新曲「夢の大地」が新エンディングテーマとして流れるそうです。さらに、併せて、オープニングテーマも「storia」が起用されるとの事。

『Staffからのお知らせ』:Kalafina Official Blog - スタ☆ブロ -

1/9(水)22時からの
「“ハンサムウーマン”がゆく」からかな。

楽しみ~~。

ところで、
「夢の大地」は、いつ発売なんだろ?


Kalafina5年間の奇跡 ライブCD 限定盤がこのお値段!




blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/05

K◆カラカレ1301月

どもGOKです。

今年もアップします。

カラカレシリーズ^^;

2013年1月です。
カラカレ1月

一段と磨きがかかりましたね。
写真写りが・・・(笑)ってオイ。

冗談はさておき、
Kalafinaは、楽曲もその姿も本当に、妖艶で美しす。

そのイメージを破壊するKalafina倶楽部
絶賛配信ちうです(^、’)/。。。。(爆)

そのギャップも面白いんですが、
あの奇跡の歌声も、いわゆる普通の女性達が
やってる事なんだってのが私的にはツボです^^;


先月 2012年12月のカラカレは、こちら

さて、明日は、ファン倶楽部イベントだ♪


Kalafina 5年間の奇跡(こちらは通常盤)




blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/04

K◆12月のKalafina倶楽部

どもGOKです。

2012年12月の『Kalafina倶楽部』です。

12月の進行役(日直)と曲目は以下のとおり、

放送日進行役1曲目2曲目3曲目
124回目
(12/04)
Hikarufairytalein your eyesひかりふる
125回目
(12/11)
HikaruひかりふるI have a dreammagnolia
126回目
(12/18)
Hikaru輝く空の
静寂には
ひかりふるまた風が
強くなった
127回目
(12/25)
Wakanato the
beginning
moonfestaひかりふる

先月3連勝でパンチアウトした、ひーちゃん
今月も絶好調で引き続き3連勝!

なんと倶楽部史上、前人未踏の6連勝です!!!

というわけで12月のじゃんけんは、
Keiko0勝、Wakana1勝、Hikaru3勝。
おや?結果としては11月と一緒だ^^;

では、恒例の進行役担当回数 まとめで~す。

日直担当回数(*1)確率最高連勝記録
Wakana46回36.2%4連勝3回
(第41~44、75~78、105~108回)
Keiko25回19.7%2連勝3回
(第33~34、71~72、114~115回)
Hikaru56回44.1%6連勝1回
(第121~126回)

*1:震災時のじゃんけん無し回も回数に含む。

(連勝記録としては、震災時のじゃんけん無し回を除くと、
 Wakanaの5連勝の記録があります(第36回+第41~44回)
 が、当ブログでは、参考記録としています。)

連勝記録は、ひーちゃんが、ぶっちぎり(4連勝もわーちゃんとタイの3回記録してます)ですが、2012年を締めくくる回は、わーちゃんが担当し、もうファンなら知ってることとは思いますが、2013年最初の回は、ね。ま、それは来月書くとして、とにもかくにも回数以前に、このグループはなんにせよバランスいいよねぇ。


インターネットラジオ:bayfm78はこちら。


11月の『Kalafina倶楽部』こちら

Kalafina5年間の軌跡 絶賛予約受付中!




blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/03

音◆アニソンキング投票所

どもGOKです。

アニキンで、アニランキング投票所 | アニソンキング

というのやってたんすね。

こっちで、日本の音楽賞についてウダウダ言ってましたが、

こういうのもひとつの回答ですよね。
ネットでの一般投票。

しかし、

※候補曲は2011年秋の発表曲から2012年秋までとし、発表された時点で追加します。

って、アニソン限定とはいえ、全曲対象ってスゲーよな。
で、いきなり決戦投票ってのもチャレンジングな企画すよね。

こういうのって、認知度上がって投票率上がれば、公平性が出るんでしょうが、私も知らなかったくらいすから、私の周りで知ってる人はほとんどいなかったんじゃないかな。

となると、いわゆる政治の選挙と同じで、組織票有利ですよね。

【閑話】
 一般的に政党選ぶ国民選挙は、知名度は高いですが、
 投票率の低さゆえに、組織票で決まってしまいます。
 とくに先日の衆議院選挙は、
 似たような政策掲げる小政党乱立したため、
 とんでもない結果になってしまいました。
 国民の7割が原発反対を訴えていましたが、
 自民党の安倍も石破もおなじように、国民の審判が下ったと
 うそぶいて、再議論みたいなことを言っています。
 選挙の仕組み知ってるくせに何言ってんだかな。
 ともあれ、
 何度も公開議論がされ、パブリックコメントも収集したのに
 脱も卒も無に帰させる方向に誘導してるのが気にいらねぇ。
 おそらくは、今後、
 有識者という名の推進論者を集約し、議論した結果として、
 人命より経済優先することが短期的に見た幸せだということで、
 半ば強引に次々に再稼動していくことでしょう。
 そうなれば、反対派が強硬策の上に実力行使したら
 どうなっちゃうんでしょうかねぇ・・・そうなったら、きっと、
 逮捕者続出で、一部の特権階級にだけ自由が許される
 絶対君主制に移行でしょうね。
 そも自民党と財界の理想は、そこにある。)

【閑話休題】

またグダグダ書いてしまいましたが、
ともあれ、その結果はこんな感じ。

アニキンnews! | アニソンキング

次回は、参加して、宣伝協力したいすね。


余談ですが、
 アニランキングってなってますね。
 アニソンキング

 正式にはアニソンキングですよね?
 KINGRUNプレゼンツには変わりないすけどね。
 キングランタイトル時代のなごりかな?


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/02

音◆紅白

どもGOKです。

NHK紅白見ててなんとなく思った感想。。。

浜あゆの物理的劣化がネットで話題になってたけど、
声の劣化も相当だった。
高音出てねぇぢゃん。ビックリだよ。

それに比べると、やぱ、水樹奈々の安定感
っぱねぇすね。
いつもより本調子じゃない感じがしましたが、
それでもあのパフォーマンス。
安心して聞けました。

映像技術的には、NYCの時のバック映像。
後方のダンサー列を多層的に
バック映像に映してるんですが、微妙に
タイムラグを持たせてて美しかったすねぇ。
まるでファタモルガーナを見てるようだった。

パフォーマンス的には、ゴールデンボンバー。
公演前は、下ネタで話題をかさっらってましたが、
本公演で、まさかあんなことするとは!!!
会場ほぼ全員白塗り仮面。
あれは、見事な演出でしたねぇ。
長い紅白の歴史の中でも、あれは、No.1ともいえる
シンプルかつ意表をついたパフォーマンスだと思います。

選曲的には、ももいろクローバーZ。
モノノフの方は、確実に泣いたんぢゃないでしょうか?
最新の「サラバ、愛しき悲しみたちよ」と
Zになる前の「行くぜっ!怪盗少女」をセレクトしてて、
「怪盗少女」の歌詞の中で、6人の名前そのまま歌って
ましたよね。で、脱退した早見あかりのパートを
5人全員で歌ってたとこは、正に感涙もんです。
って、アイドルヲタかよ。σ(^^;
でも、そういうとこなんだろな。
ももクロの凄さって。
芯があるっつかーか、男気に熱いっていうか。
見られてなくても手を抜かない感が、
っぱねぇとこが、成功した原動力だと思うな。
って、アイドル評論家かよ。σ(^^;

自分の中で一番ビックリだったのはMISIA。
彼女の世界貢献活動は、日本を代表するほど
だったんですねぇ。めちゃ好感度上がったす。
あと、普段の声って、あんな透き通ってる声なんすね。
それにもビックリした。

紅白の感想としてはこんなものかな。

あと、
きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅの時に出てた
ごりーぱみゅぱみゅ?=SMAPの稲垣吾郎って事でしたが、
稲垣吾郎って言われてもまったく誰だかわからんかった・・・

あれ、シリコン使った特殊メイクだよね?
バラエティな仮装で、原型とどめないほどの特殊メイクって、
必要ないと思うんだが。。。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/01

新◆新年!

どもGOKです。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨日の紅白見ました?

いや~白組トップバッターのTOMMYさんの
「ジョジョ~その血の運命~」
良かったですね~。

って、それは、アニキンの方か(^^;
名前変わっても相変わらずグダグダな感じが楽しかったす。

本家、紅白の方は、
明日感想書きま~す。気が向いたら^^;

ともあれ、今年は、年明け早々、
新海誠さんのアニメーション3作連続放送

新◆新海さん3作品連続放送!

を見れて、いいことありそうな予感です ^^;

新作も楽しみだ~。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »