« 新◆君の名は。 | トップページ | 新◆君の名は。舞台挨拶 »

2017/02/25

映◆アイ・イン・ザ・スカイ

アイ・イン・ザ・スカイ

観ました。


以下ネタばれあるので、映画未見の方は、
ご承知の上、開いてくださいね。

--------------------------------

--------------------------------

観終わったあと、暫く席から動けないほどの
ぐったり感を味わいました。

凄い映画です。
もう一度見ようとは思わない。
なぜなら、この1回で強烈にメッセージを刻み付けられるからだ。


「ミッション・コンプリート」


本作、

一人の少女を見殺しにするか、
80人の命を危険にさらすか、
という命題における
正義とモラルを問う作品となっていますが、

組織の在り方に痛烈に疑問を投げかけている
問題提起作品だと思いました。

作戦のGOサインを求めて、
現場の指揮官(と言っても指揮官も現地にいるワケではない)
から会議室へ、しかし会議室の中にさえ決定権を持つものは
いない。問題がたらいまわしにされ、最終的には、大統領へ
そして大統領は、数字的条件を出す。

45%の判断は誰がしたのかさせたのか?
誘導による決定、そして誰も責任を取らない。。。

金融商品よろしく
リスク分散の名のもとに責任の最小化が図られ
いったいだれが結論を下したのか分からなくする組織構造。

数字だけが独り歩きし、数字さえ達成していれば
ことなかれで過ごせる錯覚。


現在の世界を見まわしても
多くの不正が今表面化しています。
排ガス規制、耐震偽装、不正会計、土壌汚染、、、
氷山の一角であろう不正の山。

誰か責任を取ったのでしょうか?
責任を取ったとしても
罪の意識をもっているのでしょうか?

最小化されたリスクにより
罪の意識も最小化されモラルハザードへ陥っていく。


少女は何のために死んだのか?


あの結末のあと
狂信的なテロ勢力に批判的だった少女の両親、
米英側の工作員として現場で虫型ドローンのパイロット操縦士
は、そのまま、
狂信的なテロ勢力に批判的な立場をとり続けると思いますか?

終わらない連鎖。

戦争という極限の中での判断であればなおの事、
罪の意識を最小化する事こそが、
敵(人)を殺し、勝利するため最良の方法ではあろう。
利用される憎悪。

終わらないテロ行為。

そして終わらせるには?

虐殺への布石。

ミサイルを発射した新人のドローンパイロット
45%の報告をした情報部員
目の前で、少女の悲劇に直面する工作員

彼ら以上の罪の意識を会議室メンバーは持ち得たのでしょうか?
危険分散の手法が、罪の分散により
更なる非人道的な結論を誘導しない事を願うばかりです。

指揮官キャサリンが最後にいうの台詞

「ミッション・コンプリート」

作戦は間違いなく成功しています。。。

この作品、同じ地球に住む人として、
本当に、観た方が(経験した方が)いいと思う作品です。

Img494

--------------------------------

|

« 新◆君の名は。 | トップページ | 新◆君の名は。舞台挨拶 »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/64969374

この記事へのトラックバック一覧です: 映◆アイ・イン・ザ・スカイ:

« 新◆君の名は。 | トップページ | 新◆君の名は。舞台挨拶 »