« 映◆ジュピター20×× | トップページ | 映◆ポラリス »

2017/08/05

映◆9次元からきた男

=====================================================
9次元からきた男(2017年)
マイ評価:★★★★☆
---------------------------------------------
監督:清水崇
出演:T.o.E役:ジェームス・サザーランド
   T.o.E声:小山力也
   科学者アサヒ役:ヨシダ朝
---------------------------------------------
視聴:仙台市天文台 170805
---------------------------------------------
プラネタリウムの天球(ドーム)映画作品です。

『我々はどこからきて どこへむかうのか?』

こんな疑問を抱いたことはありませんか?
子ども頃、多くの人は、
一度は抱いた事があるのではないでしょうか?

科学者は、
その究明を追い求め続ける人たちなのかもしれません。

The_man_from_the_9d

--------------------------------

--------------------------------

知ってますか?
現在、宇宙が誕生して138億年経過しているのですが、
宇宙の誕生から0.0001秒後~0.00000000001秒後の間に
どんな事があったのか定量的に説明する事ができるそうです。
標準模型という理論を使うそうなんですが、

実は、
その標準模型理論を持ってしてさえ、
(★)0.0001秒より前の時間は説明できない
そうです。

そしてまた、
標準模型理論は、
今、目に見える物質の殆どすべて(もちろん我々も含まれます)を
説明する事ができますが、
実はその説明できる物質の量は、宇宙を構成する成分の
4%にしかならないそうです。
(ちょっと前まで5%と言ってたんですが、
 最近の発表だと1%減っちゃってます^^;)

判明している4%の物質は総じてバリオン物質といいます。

不明な物質96%のうち

23%がダークマター
73%がダークエネルギー

という
どちらも実態がつかめない謎の存在です。

ダークマターは、
「光や電波では見えないが重力を及ぼしている物質」
ダークエネルギーは、
「宇宙を加速膨張させているエネルギー」
となっています。

天体(宇宙)の動きから、
バリオン物質だけでは説明つかないけど、
観測事実として、
(★)銀河を一括りにしてるなんらかの力が働いている事。
(★)宇宙全体を加速膨張させているなんらかのエネルギー
 が存在する事。
これらはゆるぎない事実だそうです。

(★)箇所重要です。
つまり、どういう事かというと、
これをクリアしないと、最初の命題、

『我々はどこからきて どこへむかうのか?』

に辿り着かないという事になります。

クリアするためには、重力を扱う相対性理論(マクロ宇宙)と
素粒子を扱う量子力学(ミクロ宇宙)という
相性の悪い2つの理論を統一した「万物の理論」が待望され、
それに向かって、理論物理学者の科学者たちは、
日夜努力を続けているという事です。

その統一された「万物の理論」に、現在もっとも近いのが、
「超弦理論」通称「ひも理論」と言われています。

現在、我々は、3次元の世界を認識して
住んでいるわけなんですが、
「ひも理論」はそれより6次元多い9次元となっています。

その余剰次元の6次元分の空間を「カラビ-ヤウ空間」
と言いますが、非常に小さく折りたたまれているため、
我々は認識する事ができないと言われています。

(ちなみに時間軸を入れて10次元とする言い方もありますが、
 同じ理論です。また、11次元とする理論もありますが、
 その場合「ひも理論」ではなくなります。)


というわけで、本作ですが(前置きなげっ!www)

「万物の理論」は、英語で「Theory of Everthing」と言います。
本作では、それを略して「T.o.E(トーエ)」という
キャラクターとして擬人化し、9次元からきた男として
登場させて、科学者達との追跡劇に仕立てています。

ちなみに、「T.o.E」の声は『24』のジャック・バウアーの
吹き替えを担当した小山力也さん。

監督は、ジャパニーズホラーの旗手『呪怨』の清水崇監督。

また、「カラビ-ヤウ空間」を数式を基づいて可視化して
マスコットキャラクターのように登場させたり、
宇宙138億年を歴史をさかのぼる映像を見せたり、
インパクト強い作品となっています。

ドーム映像作品は、未だに過渡期にある表現方法で、
監督によっていろいろなアプローチが見れるのも魅力です。

清水崇監督もかなり試行錯誤されたようですが、
ホラーではないにしてもオカルトチックな演出が効果的でした。

ドーム映像作品というと ほぼプラネタリウム上映が基本となり、
プラネタリウムが公的天文施設に付随された公共施設という事も
たぶんにあり、
子供向けを狙った学習効果を目指した作品が主流なのですが、
実は、本作のようにエンターテイメント性を強く打ち出した
子供向けではなく万人向けの
「科学への導入作品」も少なくないのです。

本作は、2016年の作品ですが、
ドーム作品はロードショー的展開はしないので、
最寄りのプラネタリウムでの上映をチェックして、
スケジュール組まれたら是非、ご鑑賞下さい。

プラネタリウムに電話してリクエストするのも
ありかと思います。


--------------------------------

|

« 映◆ジュピター20×× | トップページ | 映◆ポラリス »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

65 宇宙・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/65791153

この記事へのトラックバック一覧です: 映◆9次元からきた男:

« 映◆ジュピター20×× | トップページ | 映◆ポラリス »