« ア◆planetarian 郡山Ver.2 | トップページ | 映◆ザ・サークル »

2017/11/18

映◆海賊と呼ばれた男

========================================
海賊と呼ばれた男(2016年)
マイ評価:★★☆☆☆
---------------------------------------------
監督:山崎貴
出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、
    堤真一、ピエール瀧、國村隼、小林薫、綾瀬はるか
---------------------------------------------
鑑賞:WOWOW 171118
---------------------------------------------

とりあえず原作本読んだ本作

映画版をWOWOWで観ました。

Kaizoku_02

--------------------------------

--------------------------------


一言で言って、はしょりすぎ感が凄い^^;

原作読んでるからとかじゃなく、

演出面でも。。。

例えば、

タンカーの日承丸が日本に帰ってくるシーンですが、
はるか彼方の水平線に姿が見えたかと思ったら、
次のシーンでは、岸壁に接岸しているという・・・
途中の入港シーンすっ飛ばし演出。

こういうのが、多々ありましたねぇ。

それでも映画140分越えすから、相当苦悩したんでしょう。
原作にエピソードたくさんありますから
いいとこどりに凝縮した感じです。

原作もたくさんあるエピソード
淡々とつづっていく半ドキュュメンタリー手法なので、
雰囲気似てるっていえば似てるかもですが。。。

ともあれ、本作、岡田准一を観る映画なのかな・・・
という印象です。

岡田准一の老け顔特殊メイクとか
30代、60代、90代の演技・・・
ファンにとっては見所たくさんあるかと。

岡田准一は、
現役アイドルグループからの役者ではあるが、
生粋の俳優畑の役者と比較しても演技は、
遜色なく巧い!
と、個人的には思ってます。

でもこの作品。
なんか、他の役者が輝かないんすよ。
鈴木亮平、吉岡秀隆、染谷翔太、綾瀬はるか、堤真一、
好きな役者相当数出てるんですがねぇ。。。

なんか、結局、原作も映画も作品としてはイマイチでした。

---
<余談>

原作:百田尚樹、監督:山崎貴、主演:岡田准一というと
2013年の『永遠の0』もそうで、比べてしまいます。

『永遠の0』も
(戦争経験者の話を聞いていくという形で)
ドキュメンタリータッチの作品でしたが、
ゼロ戦の空中戦は見応えあったし、
物語展開も徐々に核心に迫っていく感じで、
「海賊と呼ばれた男」よりもドラマチックでしたね。

『永遠の0』は個人的には★4つ付けてもいいかな。
風吹ジュンさん相変わらず
存在感ある可愛さだし^^;

ちなみに、『永遠の0』は、岡田准一が死んでしまう設定で、
染谷翔太が生き残る設定ですが、
そこだけみると
「海賊と呼ばれた男」では逆の設定となっており、
監督の遊びなのかな。。。と思ったりもします^^;

どうでもいいか^^;

--------------------------------

--------------------------------

|

« ア◆planetarian 郡山Ver.2 | トップページ | 映◆ザ・サークル »

52 映画・テレビ・動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29647/66258564

この記事へのトラックバック一覧です: 映◆海賊と呼ばれた男:

« ア◆planetarian 郡山Ver.2 | トップページ | 映◆ザ・サークル »