カテゴリー「65 宇宙・環境」の185件の記事

2012/12/25

宇◆天空

どもGOKです。

コニカミノルタ プラネタリウム 「天空」
「天空」

行ってきました。
東京スカイツリータウン ソラマチ 7Fです。

オサレな空間でしたねぇ~。

「星空は時を越えて」のプログラムを観賞しました。

日本古来からある星座の名前は知らなかったなぁ~

正直、結構変な星座でした^^;

渋川春海選定の星座リスト

興味持った方は、↓こちらもどぞ
日本の星座事典


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/10

宇◆12月

どもGOKです。

ご無沙汰です・・・(汗)

さて、今年は天文現象当たり年と言われるくらい
様々な表情を見せてくれた夜空ですが、

それもこれも地球を中心に宇宙を見た時に
狭い視野角内に惑星が出入りしまくってるからなんですね。

水星、金星、火星、木星、土星、そして月と太陽。
今年は、色んなペアで、接近しまくりでした。

そんでももって、12月のイベント
天文現象カレンダー: 2012年12月

12/10~15にかけて、これまた接近オンパレードです。
しかも月は新月に近い。

太陽-月-地球という直線的な並びの中で、
時間帯によって、内惑星の水星や金星、
外惑星の火星が、接近してみえます。

今週は、火星-太陽-水星-金星-月-地球が、
宇宙的スケールで見たら、
ほぼ直線に近い位置に揃ってる感じです。

まぁ、地球に引力や磁場で、直接的に影響及ぼしてるのは、
月と太陽なので、他の天体の影響は微々たるもんだと思いますが、
同じ太陽系の惑星として太陽との相互作用によって存在している
天体が、並ぶというのは、多少なりとも普段とは違う力学が
働いてることになるのは、ちょっと気にしておいてもいいこと
かもしれません。

まぁ、目に見えての違いはそんなにあるもんじゃありませんが、
天体どうしがしょっちゅう押し引きあうとエウロパのように
火山活動がおきたりもしますし、
地球でも、潮の満ち引きは、月と太陽の位置によっておきています。

で、今年は、地球を中心にして、惑星や月や太陽の接近が多い年
だったという事です。

(マヤ文明ほんとに凄いなとおもちゃったりします。
 今年が天文イヤー年である事を言い当ててるワケですから・・・。
 今の政界、経済界のtopでこんな事気にしてる人は、
 殆どいないと思います。
 そう思うと、ほんとマヤを始め古代文明の天文と地球の営みの
 関係を真摯に受け取る姿勢は、今の時代からみると驚愕です。
 当時の人にとっては当たり前なんでしょうが。
 変わりの技術が発達したワケでもなく、天文現象や自然現象に
 対して抗う技術は、相変わらず持たないのに、何故に天に畏敬
 の念を抱かなくなったのか・・・嘆かわしいに尽きる)

というワケで、脅かすわけではありませんが、
天に畏敬の念を抱き、真摯に下記記事をご覧になってみて下さい。

地震情報:正しい情報を探すブログ

12月7日に続き、12月8日~12月14日にかけて、
東北でアウターライズ地震が発生する可能性が高い
という記事です。

ちなみに、不安を煽るブログではないです。
リンク先のブログもウチも。

星の動きと妙にリンクするなぁ~と思ったんで、
備えあればという事で、紹介でした。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/25

宇◆水樹奈々「アースシアター」発売決定

どもGOKです。

水樹奈々が優しく語りかける
家庭用プラネタリウム「アースシアター」発売決定
:@niftyニュース

いや~これ欲しい。
買うな。たぶん^^;

「ホームスターPro」! の
土屋亜有子 ナレーション作品に次ぐ
漏れ的ヒット作だな♪


↓ククリック~↓ρ(^。^;
blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/05

宇◆10月の星空

どもGOKです。

またまた、岩手の洋野町で、徹夜してました。

そう、ひろのまきば天文台 があるところです。

明け方っつーか、仕事合間の午前3時すぎに東の空見たら、
明るい星が2つ並んでました。

1個は惑星だなって分かりましたが、
何が並んでたんだろって、ググったら、

金星 と しし座のレグルス だった。

2012年10月上旬 金星とレグルスが大接近

↑位置的には、ここにある画像みたいな感じで見えました。
 明るさとしては、レグルスがもちっと暗い感じ。


いつもと違う天体ショー。
こういうの天空の、ちょっとした違い。
自分で見つけられると嬉しいもんです。

手前みそですが、人生が豊かになりますよね

日常の中の非日常を見つけて遊ぶというか。

ほぼ変わらない天空を日常とするならば、
惑星の動きは非日常そのもの。

とは言え、惑星自体は、その惑星のルールに従って
日常的に規則正しく運行しているにすぎないんですが。

その組み合わせが、いつもと違う天体ショーを見せてくれる。

まるで、人間社会そのものじゃないか。。。
日常と非日常なんて、ほんと紙一重の関係なんだと
気づかせてくれたり・・・

なんてね。

10月も意外と天文現象あります。
天文現象カレンダー: 2012年10月

ランデブー系が多いかな。

中でも特にオススメは、これ↓
2012年10月下旬 火星とアンタレスが接近

火星とアンタレス!!

10月下旬 因縁の対決が見られます!!

豆知識~
アンタレスとは、ギリシャ語のアンチアレースが語源。
アレースとは、ギリシャ語の火星。
アンチは反対勢力とか対抗するものですから、
そのものズバリ、アンタレスは、火星に対抗する星なんですねぇ。

昔から、天空に輝く赤い星は、人々の目を楽しませ
空想力を鍛えてくれていたんですねぇ。

片や惑星、片や恒星の織り成す妄想バトル。
地球じゃなきゃ、見れないんですよ~


↓ククリック~↓ρ(^。^;
blogランキング

トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/25

映◆『天地明察』

どもGOKです。

映画『天地明察』
Tenmei01

観てきました。

面白いだろうとは、思っていましたが、

予想以上にすげー面白かったす。

万人にオススメできるイイ映画 (・∀・)b


天体観測の大切さ、重要さ、面白さ、
日蝕や月蝕の凄さ、
俺が言ってもサパーリ伝わった試しがないんですが、

それをエンターテイメント作品の中で見事に表現してて、

笑いあるし、思わずガッツポーズしたくなるシーンあるし、
凄い作品だなぁ~って思いました。

原作の冲方丁さんも好きですが、
(冲方さんって言えば漏れ的には、「シュヴァリエ」すね。)
滝田洋二郎監督って、やぱ凄いと思いますた。
(「おくりびと」でマイノリティな職業にスポット当てて、
 エンタメ作品にした力量は本物す。ッパねぇよ。)


実写映画では、本当に久々にお見事!!って感じで
俺的に☆5つの作品です。


前回観たのは、おおかみ子どもの雨と雪で、
これまた久々の☆5つだった作品で、
珍しく、劇場観賞映画、連続で☆5つでした~

で、そんな話を知り合いにしたら、、、

それって、どっちも「宮崎あおい」ぢゃんって言われた。

 ( ̄O ̄)お~~。

言われるまで、まったく気づかなかった。

そうだわさ。

宮崎あおい演技旨い上に、
イイ作品選ぶ嗅覚、、、ッパねぇす。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/13

環◆暑い。。。

どもGOKです。

昨日も今日も、午前中なのに、
海の方をみたら、積乱雲・・・

空は高くなりつつあるのに、
大気はまだまだ重いっすねぇ。

夕暮れ時の西の空は。。。

夕暮れ時の西の空

写真に撮ると・・・
思いのほか秋っぽい

でも実際は、やぱ大気が重くて、
太陽の光の赤みっていうより
もやってる大気って印象が強くて、、、夏っぽい。。。

そも、今時、東北の太平洋上で積乱雲って、
温暖化の影響だよねぇ。最近、耳にしないが・・・


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/06

宇◆ひろのまきば天文台

どもGOKです。

道の駅おおの (おおのキャンパス)近くで仕事でがあったんですが、
ここすごいですね。

周りが何も無い感じで、田舎の風景なんですが、
この道の駅は、活気に溢れてました。

パークゴルフ場とかもあって、お年よりも多いけど、
近隣の幼稚園?保育園?の散歩コースなんでしょうか?子供も多い。
でもって、中学生とか団体でバスで乗り付けてたり、
観光客?なんでしょうか?一般車も多い。

特にお昼時、人多かったですね。

で、そんな中にあるんですよ。
道の駅の奥にパークゴルフ場があって、その奥に牧場があって、
その牧場のど真ん中に、

ひろのまきば天文台があるんです。

ひろのまきば天文台

小さい天文台で、週末しか開館していないようですが、

ひろのまきば天文台

実は、ここ、日本一星空が見やすい場所に選ばれてるんですよ~
ひろのまきば天文台


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/27

宇◆三日月

どもGOKです。

8月は、ことごとく天文現象惨敗でした

なので、
8/21の三日月撮影に
チャレンジしてみました。

大竹まことのゴールデンラジオで、きたろうも
今、三日月がやたらきれいだ!って紹介してましたが、
三日月はやっぱ神秘的でカッコイイねぇ。

20120821三日月

ところで、きたろうさんが、昨日の三日月とか
おとといの三日月とか言ってましたが、
三日月は、朔(さく)から数えて三日目の月で、
二晩連続で、三日月ってのはありえませんです^^;

っても一般には、三日月形はすべて三日月って言葉で
言い表されてしまうんでしょうね。

ま、それはそれで、仕方ないすけど、少なくとも
正しい知識は知っておいて損はないかと。。。

ちなみに、朔(さく)とは、
月が太陽方向にいて見えない状態
つまりは、月の裏側が満月状態のことで
それを新月という言い方もします。
英語で言うとNEW MOONす。

でも実は、新月とは、朔から数えて一日目の月のことで、
旧暦の月始めの1日のことを言うのが元々の意味だったようです。

新たに月が生まれ出る日(新月)=月が立つ日=つきたち

そこから、月の最初の日=1日を、ついたちと読むようになった
ってのは、天文好きにとっては、ワリと有名な話。
月好きにとっては?かな?

ちなみに太陰暦の1日目、2日目の月はほとんど見えないので、
朔から、初めて月が見えた状態が、実は三日月だったりします。

でもって、それを朔から数えて初めて見える月ということで、
新月という言い方をする場合もあります。

この場合、太陰暦の三日月が新月になるんですね~。


ややこしくなってきた(^^;


でも、そうなると三日月のイメージとしては細すぎますよね。

っつーワケで、ワタクシ的には、
月が裏満月状態(見えない状態)・・・いわゆる朔を
新月って意見を支持して、単純にそこから太陽暦で3日目を
三日月としてザックリ意識してます。結構適当~~。

ってなわけで、
8/21 新月(朔)から数えて、太陽暦で、3日目の三日月~
拡大版です。 (うっすら地球照が見えます♪)
20120821三日月
やっぱ、月かっこいい~♪


ちなみに、朔から数えて太陰暦で十五日目の月が、
十五夜と呼ばれる満月です。

ですから、ざっくり言ったとしても三日月とは、
新月~満月までの間で、
月の右側が光ってる状態の形が三日月形となります。
左側が光ってる状態は三日月ではないんですね。
左側の三日月形は、二十七日月形とかになるわけです。

それを踏まえて・・・

三日月形が円弧を下にしてお皿のよう東や西の空に浮かんで
いることがありますが、それを「受け月」と言います。

で、伊集院静の『受け月』という作品が、直木賞を受賞した際、
その作品の中で、
明け方の東の空に三日月の受け月が浮かんでる
というような表記があったようで、

三日月が受け月になるのは、西の空しかありえない。

と、当時話題になり、
作者が「勘違いしてました」とかコメントしたのを覚えてます。

その後、修正されたのかどうか?
読んでないので不明ですが、
ワタクシ的に、月の満ち欠けを深く知るきっかけになった
印象的な話題でした。


まぁ、とは言え、その辺も正確には~、って話で、
実際には、右側でも左側でも関係なく、
三日月形は三日月ってのが、
現代社会では、主流になってて、

ということは、冒頭のきたろうさんの 
昨日の三日月、今日の三日月って話も
現代社会では、あながち間違いじゃない
ということになりますです ^^;

でも、ほんとうは、
右側が光っているのが、三日月なんですよ
って事ぐらいは覚えておきましょうねぇ~。

右側のみぎの「み」で、「み」かづき
と覚えておくといいと思います。


では、ここで問題です。
『みぎの「み」で、「み」かづき』
この法則は、南半球でも通用するでしょうか~ ( ̄∀ ̄)b?


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/08/15

宇◆火星と土星とスピカ

どもGOKです。

これもダメですた。

2012年8月上旬 火星と土星、スピカが並ぶ

赤と黄色と白の競演。

自然がおりなす奇跡のステージ。

う~む8月惨敗だなぁ~~。


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/14

宇◆23年ぶり金星食

どもGOKです。

残念ながら、観測できませんでした。。。。

23年ぶり金星食を観測 - 速報:@niftyニュース.

 14日未明、「明けの明星」と呼ばれる金星の前を、月が横切って隠してしまう珍しい天文現象の「金星食」が起き、関東や九州南部などで観測された。日本の夜空で、金星と月の共演を見られるのは1989年以来23年ぶりだったが、前線と低気圧の影響で広い範囲で曇りや雨となり、見ることができた地域は限られたようだ。宮崎県のほか、北海道や千葉、沖縄などでは観測に成功した。<2012年8月14日(火)9時25分配信>

宮城では、
金星が月に隠されてる時間帯だけ
月が見え隠れしてたんですが、

肝心の
食の始まり と 終わりの時間近辺は、
厚い雲に覆われて、
まったく見えませんでしたdown

残念bearingsweat01


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧