カテゴリー「20 アニメ・コミック」の222件の記事

2017/03/12

ア◆planetarian ドーム映像版

planetarian -ちいさなほしのゆめ-

こちらは、
劇場版「planetarian -星の人-」

の配信版(屑屋が星の人へ至るきっかけが描かれる)作品
をベースにした ドーム作品版

つまりプラネタリウムの天球スクリーン版に
編集しなおされた作品です。

Planetarian04

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆planetarian ドーム映像版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/05

ア◆虐殺器官

虐殺器官」 観てきました。

01_2

公開予定は、2015年11月。。。
前売り買ってたのに、まさかの制作会社倒産・・・

2015年 連続公開のはずが、
PROJECT ITOH 足掛け3年で、
ついに、3部作完結です。

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆虐殺器官"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/29

ア◆この世界の片隅に

この世界の片隅に

見ました。

もちろんこれは、フィクション作品ですが、
見終わった後に思った事は、

これ、ホントの話ぢゃん

って感想でした。

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆この世界の片隅に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/10

ア◆planetarian-星の人-

プラネタリアン-星の人-
というアニメーション映画観ました。

星の雑誌に掲載されてたので、
劇場公開される作品だ
というのは知っていたのですが、
本作の出自、経過とかまったく知らず、
友人からの誘いで、星好きなら観とくか…、
程度で、劇場に観に行きましたが、、、

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆planetarian-星の人-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/24

ア◆聲の形

聲の形」見てきました。
原作知らなかったせいもあって、
京アニ作品ってだけで見た身としては、
ちょっと衝撃的でした。

ネタばれにならない程度に感想を述べると

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆聲の形"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/29

ア◆ガールズ&パンツァー

映画見てきました。

小気味いい。痛快作品。
鑑賞後、なんの違和感もなく
面白かったと言える作品でした。

作品テーマやら社会性とか、
その辺の面倒くさい事
一切抜きにして楽しめる
女子高青春スポ根活劇。

ガールズ&パンツァー

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆ガールズ&パンツァー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/14

ア◆<harmony/>

映画見ました。

<harmony/>ハーモニー

_harmony01_2

それは、不確定性原理が及ばず、
ラプラス予測がすべてにおいて成立してしまうような
社会構造なのだと思う。

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆<harmony/>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/03

ア◆屍者の帝国

屍者の帝国」 観ました。

_01_2

夭逝の作家
その活動期間はわずか2年という短い作家生活の中
P.K.ディック賞を日本人で初めて受賞。
その彼が、死を目前に書いていた絶筆の作品を
引き継ぐ形で完成させたのが、
同じP.K.ディック賞,日本人2人目の受賞となった円城塔。

P.K.ディック記念特別賞の日本人2人が
描きあげたのが、今回見た作品です。

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆屍者の帝国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/27

ア◆心が叫びたがってるんだ

心が叫びたがってるんだ

観ました。

見た直後の率直な感想。

正にジュブナイル~^^;

タイトル通りの作品!って感じでした。

--------------------------------

--------------------------------

続きを読む "ア◆心が叫びたがってるんだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/03

ア◆ベルセルクⅢ

どもGOKです。

『 ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ:降臨 』
Berserk3_01

観て来ました。

凄かったす。
これでもかってくらいの絶望。

このどうしようもない、
人として抗えない現実、
数多の友の犠牲を眼前に突きつけられた上で、
その上で、始まる壮絶なダークファンタジー。

それがベルセルクです。

ベルセルクの映画は、
黄金時代篇3部作で終わるようですが、
ここまでで、やっと、原作、第一話へとつながるんですよね。

いやぁ~、ほんと、世界的に見ても
他に類のない、ダークファンタジーだよなぁ。

高い評価を得ている原作ですが、
今回のアニメ化についても
かなり高度なCG技術を駆使した話題作でした。
そして、さらにこの3作目は
アニメ作品としては、これまた他に類をみないくらい
痛みが伝わる作品でしたねぇ。
思わず身をよじるような感じ。

実写では、韓国映画の「BROTHERHOOD」が、
私的にはナンバー1に痛み感じた作品でしたが、
漫画原作でもアニメでもナンバー1は、
ベルセルクだな。

ソウシリーズも相当に痛いけど、
あれは嵌められて与えられる痛さで、
傍観者視点での目を覆う痛さなのに対して、
「BROTHERHOOD」とか「ベルセルク」は、
生きる上での自ら挑む痛さがあって、
感情移入してる分、見てて本当に痛いんですよね~。

って、話それたけど、

ともあれ、好き嫌いはあるでしょうが、
ファンタジー作品でこれほどにまでに
生死に対して真摯に向き合ってる作品は、
そうそうないと思います。
そこがベルセルクを名作たらしめてる所以なんだろなぁ
と、思った次第。


『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ:覇王の卵』』感想

『ベルセルク 黄金時代篇II:ドルドレイ攻略』感想


blogランキング


トラックバックは承認制にしました。・
なお、記事に関係ないTB および
日本語以外のサイトからのTBは承認しません。
<Sorry. TB recognizes only a Japanese site.>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧